bulls-donburi (2)
特選和牛のローストビーフ丼@大井町 焼肉BULLS (ブルズ)

   にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

大きな美味い蒸し牡蠣が1キロ1,800円!大井町の「かき殻荘」
 

1. 大井町 焼肉BULLS (ブルズ)とは?

  2017年12月。大井町の銀座商店街のある一角が工事中でした。最近の商店街にありがちなことですが、改装前は何の店舗だったかはっきり思い出せません。

 1階だけでなくビル全体の大掛かりな工事です。

 そして、徐々に全貌が明らかになっていくのですが、新店舗は焼き肉タワー!でした。なんと1階から5階まで全て同一店舗の焼肉店!和牛一頭買いならぬビル一棟買い!(借り?)
bulls-yakiniku (15)
 そして神戸牛を売りにした「大井町BULLS」が12月17日にオープンしました。麻布十番の人気店の支店を売りにしています。この辺の事情は品川経済新聞に詳しく載っていました。


 大井町駅東口エリアに12月17日、焼き肉店「大井町 焼肉BULLS(ブルズ)」(品川区東大井5、TEL 03-6712-3529)がオープンした。運営は焼き肉店を中心に飲食事業を展開するシティダイニング(港区)。
 同ブランドは麻布十番、中野坂上、月島に次ぐ4店舗目で、広域品川圏へは初出店。5階建てのビルのうち1、2階がカウンター席、3階が厨房(ちゅうぼう)、4階がテーブル席、5階がカラオケ付きの個室となる。店舗面積は82.4坪、席数は80席。

 5階がカラオケ付きの個室という話は店員に聞いて知っていたのですが、3階が厨房とは知りませんでした。

 ところでなんでまた大井町にここまで大掛かりな焼肉店を出店したのでしょうか?

  そこまで焼き肉イーターではないので、自分の行く店はほぼ銭場精肉店一択ですが、「よし臓」「 ヴィクトリー 」「大盛苑」「土古里」「次郎丸」など人気の焼肉店が多く、激戦区の大井町。

 食の不毛地帯?大井町が誇れる数少ない得意分野でしょう。

 というわけで、興味はあったものの開店当初は様子を見守ることに。眼の前を通って中を覗いても客もまばらで、さすがに大井町では苦戦するのかな?と思っていました。

 しかしランチが始まり、最初はそこそこの値段だったと思うのですが、最近は800円くらいのメニューも登場。
bulls-yakiniku (16)
 これなら庶民も行ける! というわけでこの一ヶ月くらいで初来店から短期間で3回ほどランチを食べてきたので今回はその報告です。
bulls-car
 ところで最近は宣伝にも力を入れていてこんな宣伝カーもなんどか見かけました。

 そう、渋谷などのよく見かける「◯◯が新しい曲を発売しました」みたいな時に使われるあの宣伝カーです。どんだけお金がかかるんだろう?

 ただこの力の入れ方は何としても焼き肉タワーを人気店にするんだという強い決意が伺えます。

 また現在2018年6月はディーナーを3,000円食べると飲み放題という猛烈にお得なキャンペーンをやっています。

2. 大井町 焼肉BULLS (ブルズ)のランチメニュー

  こちらがランチが始まった当初からあった看板だと思います。
bulls-yakiniku (1)
 上の方にステーキやローストビーフが見えます。
bulls-yakiniku (5)
 店内にあるメニューです。
bulls-donburi (10)
 ステーキも気になりますが、今回(日は違いますが)食べたのは以下の3つです。
bulls-donburi (11)
特選和牛!のローストビーフ丼100g 1,200円
bulls-yakiniku (4)
サービスカルビランチ 800円!
bulls-burger (5)
 そして黒毛和牛100%ハンバーグ 1,000円!

 1000円?「普通じゃないか」ではありません。なんと400円も値下げしたのです。
bulls-donburi (13)
 (こちらはかつての値段、頑張ってくれましたねぇ)

 1,400円とはちょい食べられてないと思っていましたが、今回めでたく食べることができました。

 ところでこの店はワインの品揃えも豊富です。
bulls-yakiniku (13)
 これは昼も飲めるようです。
bulls-burger (13)
 また、ランチだけのドリンクもあります。
bulls-burger (19)
 前回行った時には隣の席にいかにも上品な老夫婦がワインを飲みながらステーキと食べていました。

 大井町は焼き肉の激戦区とはいえ、煙がもうもうで肉好きな野郎にはぴったりでも老夫婦が気軽に行ける店は少ないと思います。

 ブルズはこういう高齢層にもアピールしそうだなと感じました。

3. 大井町 焼肉BULLS (ブルズ)の特選和牛のローストビーフ丼

  初来店時は少し奮発して1,200円のローストビーフ丼を頼みました。
bulls-donburi (2)
 これがすごく美味しかった。最近食べた「ローストビーフ大野」よりも全然美味い!

 なによりザ・和牛という感じで柔らかジューシー。クリーミーなマッシュポテトの相性もよく絶品でした。
bulls-donburi (6)
この卵のとろけ具合はたまりません。味の組み合わせが最高です。
bulls-donburi (1)

4. 大井町 焼肉BULLS (ブルズ)のサービスカルビランチ

  そして驚愕の800円のサービスカルビランチ。売り切れが心配でしたが、この日は13時すぎにもかかわらずまだありました。
bulls-yakiniku (9)
 見た感じ良い質感です。
bulls-yakiniku (12)
 絶品和牛という感じではもちろんありませんが、十分に美味しく800円だとめちゃくちゃお得感があります。

(余談ですが「ブルズ」の近くに「青葉」という焼肉屋があります。安いランチもあるけど、値段相応感が半端ない)
bulls-yakiniku (11)
 ご飯もお代わり無料で、ありがたく頂きました。
bulls-yakiniku (7)

5. 大井町 焼肉BULLS (ブルズ)の黒毛和牛100%ハンバーグ

  そしてマイナス400円で庶民の手にも届くようになった黒毛和牛100%ハンバーグ。
bulls-burger (14)

bulls-burger (16)
 見た感じは美味しそうですが、個人的は少し残念でした。

 あまりジューシー感がないのです。肉汁ジュワ~な感じがありません。ハンバーグの作り方は詳しくないのですが、玉ねぎが少ないのかな。ややぱさつく食感で和牛を堪能できませんでした。
bulls-burger (8)
 ブルズのランチはご飯とスープがお代わり可能です。サラダも毎回変えているのですね。


 さて、まとめると現在のところ「大井町焼き肉ブルズ」のランチはとてもリーゾナブルでお勧めです。個人的にはローストビーフ丼推し。

 まあこの値段が人を引き付けるための一過性のものか、永続的なものかで評価が変わってきますが、店内の雰囲気もよく、店員のサービスもよく訓練されていて心地よいので、良い店に成長してくれることを期待します。

大井町 焼肉 ブルズ焼肉 / 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7