B級孤独のグルメ

新宿西口路地裏のタイ料理「バンコクスパイス」でマッサマンカレー

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

新宿で仕事をするようになって長いが、飲食店は未だにほとんど開拓できていない。理由としては職場が新宿南口から代々木に少し向かったところにあるので歌舞伎町まで歩くと10分以上かかってしまうのが大きい。

しかも仕事が終わるのは22時前。少しでも条件が違ったらもっと開拓していたと思う。しかし、最近新宿の西口、つまりヨドバシカメラとヤマダ電機に挟まれたエリアは飲食店が充実していることに気づいた。

今年になってブログで紹介した 「しんぱち食堂」 、「ローストビーフ ビースト」 、「ボンベイ」 、「三田製麺所」 、などはみなこの辺にある。

そして先日も通りから一本入ったところに偶然タイ料理の「バンコクスパイス」を発見。後から調べると食べログの新宿タイ料理二位だった。

料理は教科書通りという感じでまずまず。それよりも微笑みの国ならではの店員の笑顔とサービスの良さが印象に残った。

「しんぱち食堂」や「ローストビーフ ビースト」の手前を左に曲がったところに、
IMG_6575
バンコクスパイスがあった。
IMG_6576
ランチメニューはセットが気になる。少し高いが夜は遅くまで食べれないのでこれにするかな。マッサマンカレーも久しぶりに食べたいし。

中に入るとゆったりした感じで「サワディー・カー」(タイ語でこんにちは)と声をかけられる。これを聞くと何か癒される感じでほっとする。

最近はランチだと何かせっかちな感じでこのフレーズを聞くことが多い気がする。

14時過ぎに入店したが、3割くらいの客の入りだった。女性の1人客が目立つ。

それにしてもまったりした空間だ。とてもここが新宿とは思えないくらい。シェフの方も穏やかな顔で調理をしている。そして、
IMG_6579
ワンプレートですか。

1,200円でワンプレートだと少し残念な気もするが、忙しい客が多い新宿仕様なのだろう。
IMG_6580
マッサマンカレーはとてもマイルドだった。

スパイスという名前から先日自由が丘の「クルア・ナムプリック」 で食べたようなスパイス満載のカレーがくるかもと思ったが、とても標準的なものだった。少し甘いくらい。大きめに切ったじゃがいもがたくさん入っていた。
IMG_6581
タイラーメン(クワイティアオ)も普通に米粉で作られる麺で、味付もクセがなくマイルド。
IMG_6582
サラダも、
IMG_6584
タピオカに至るまでクセがなくさらっと食べれた。

食事が大満足という訳ではなかった。しかし、不思議なくらい居心地の良い空間で、忙しい仕事の合間に気を抜くためにくるには良い店と感じた。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2016 All Rights Reserved.