B級孤独のグルメ

出汁の効いたお粥は香港粥そのもの!錦糸町「カユ デ ロワ」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

お粥は美味しいものという認識はお持ちだろうか? かくいう自分も香港でお粥を食べる前は、お粥は「体の調子が悪い時に仕方なく食べるもの」だった。

しかし香港「正斗麺粥専家」の絶品すぎるお粥が自分を変えた。出汁が美味すぎる。以来、東京に帰ってきてからもお粥はちょくちょく食べている。ただ、香港と比べたらなー、というレベルであった。

しかし、今回東京でも意外な場所の、しかもとてもお粥屋とは思えないようなレストランに絶品のお粥が存在していた。

「CAYU des ROIS」。ぱっと文字だけ見れば間違いなくフレンチだと思うだろう。

そんな店が「東京・お粥」というキーワードで食べログで調べていたら出てきた。なんとCAYU=粥のようだ。以来、とても気になっていた。今日は亀戸で仕事。その前に立ち寄ることにした。
IMG_2466
錦糸町駅北口を降りて両国の方へ進んで歩く。錦糸町はスカイツリーの最寄り駅の1つなので間近で眺めることができる。そして、この公園の少し先に、
IMG_2440
この辺なんだけどなぁと目を凝らす。えっ、まさか赤い看板? 間違いない。一番上にはどんぶりのイラストが。
IMG_2444
店の前にきても違和感たっぷり。ヌーベルシノワ(nouvelle Chinois)ってやつかな? ちなみにヌーベルシノワを英語にするとnew Chinese。

中に入ると二人がけの席に通される。天井も高くて高級感がある。
IMG_2447
ただ、730円から食べれるのはこの雰囲気にしてはリーゾナブルだ。

しかし一番安い「サカナ」を食べて店の力量を図るのか、
IMG_2448
高級食材を選ぶのか迷う。

ただ、簡単に何度も行けるような場所でもないので、高級なのにしようと思っていたら、
IMG_2445
ヤクゼンが目に入る。キノコ10種類!。キノコ好きにはたまらん。そして一時期がんに効くと言われてブームになったアガリスクも入っている。今の所、体調は悪くないが、これから夏期講習でハードになる。今日はこれにしよう。

店員さんに目で信号を送るが全然気づいてくれない。大声を出すような感じなくためらっていると、ようやく気づいてくれた。客を見ると上品なマダム風の人が目立つ。あわてて注文する人などあまりいないのかな?
IMG_2449

IMG_2450
ありゃ。ここでも渡部さんですか。この店に関する知識はあまりなかったが、渡部健さんが来る所なら間違いなかろう。
IMG_2451
「香港粥の旨さを伝えるべく、現地へ何度も足を運んだマネージャーの伊藤太喜さん」とある。

ほう、やはり香港粥ですか。期待が膨らむ。
IMG_2460
外をぼうっと眺めていたら、
IMG_2453
来ました!ちなみに飲茶のセットは別料金で+200円。
IMG_2458
まずは、お粥から。

最初は味が薄く感じたがキノコにしっかり味がついている。出汁が良い感じ。旨味がじわーと広がる。キノコとのコンビネーションが凄い。

そして、キノコも10種類も入っているので少しずつ味と食感が違う。素晴らしいね。美味いお粥は味が深い。

松の実と、しゃりしゃりした小松菜も良い感じ。
IMG_2456
チキンは揚げたて。しゅうまいは作り置き。少し残念な気もしたが、これだけ外が暑いことを考えれば悪くないか。
IMG_2457
杏仁豆腐。理想的だった。あっさりしすぎず、適度に濃厚。
IMG_2463
良い値段だったけど、大満足De再訪確実。
IMG_2464
最後にやっぱりお粥屋には見えないよなーと思いながら店を後にした。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2016 All Rights Reserved.