B級孤独のグルメ

中目黒 「いぐち」 オシャレな個室で絶品の焼き鳥をを堪能

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

4月に行った串揚げの「いぐち 上ル」があまりに素晴らしかったため、今度は「いぐち」の本店へ。ここもサービス良しのおしゃれな空間で、ピンチョス・スタイルの焼き鳥などの食事を満喫した。

 

とある平日の夜、前回と同じく健さんと「いぐち」に向かう。健さんはからは「上ル」に行った後で「焼き鳥はいつですか?」か何度か言われた。前回がとても好印象だったようだ。

自分も同様だったので、本店で焼き鳥を食べる日を楽しみにしていた。

席はインターネットの自動予約で9時から席を取ってあるのだが、我々の仕事ではその時間に間に合わない。遅れる旨をメールで知らせておいたつもりだったが、上手く伝わっていなかったようで移動中に電話をもらい少し慌てる。

結局10時前にようやく到着。中目黒はそこそこ土地感のある所だが、さすがに「いぐち」。
IMG_1097
前回と同様に「えっ?」といった感じの分かりにくい場所にあった。とあるマンションの二階。
IMG_1096
まだ辛うじて名前が識別できるだけマシか。確か「いぐち上ル」は看板さえなかった。
IMG_1098
中に入ると、「上ル」と似たような作りが目に入る。内装のコンセプトは同じなのだろうか。

ただし今回は右奥の個室に案内された。
IMG_1102
全23品のコース。フォアグラコロッケ、贅沢鶏スープなどは「上ル」と同じだが、
IMG_1103
ここからは焼き鳥。
IMG_1104
そしてここからはピンチョス(串)スタイル。
IMG_1105
野菜の串もあるようだ。
IMG_1106
先ずはプレモルだが、
IMG_1107
めちゃくちゃ美味い!
IMG_1108
この泡の感じが芸術的。
IMG_1110
そして、フォアグラコロッケ。

前回食べたはずなのに初めて食べたような感じがする。このクリームコロッケ。大きいやつも食べてみたいな。これの定食とかあると最高。
IMG_1111
そしてレバーパテに贅沢鶏スープ。

鳥スープは前回同様に感動モノの美味さ。濃厚かつあっさりという不思議な食感。
IMG_1114
野菜の和サラダ。
IMG_1115
スープはとうもろこしの冷製スープ。とうもろこしの身が大きくて美味しい。
IMG_1117
カチョカバロチーズ焼き。カチョカバロとはチーズの一種らしい。焼きチーズということですね。何すかね。この食感。トロトロすぎず良い塩梅。最高すぎ。

「こんなの焼き鳥屋で出ないですよね」と健さん。確かに。
IMG_1119
ビールがすすむ。
IMG_1120
口直しの大根おろし。
IMG_1121
ガリ。
IMG_1124
ねぎま
IMG_1125
ささみ焼き。 うまいワサビは御殿場から。
IMG_1128
手羽先

安定の逸品で美味い。そして、
IMG_1130
つくね

これが通常のものと違い一番インパクトあったかも。健さんも「ジューシーで美味しいですねぇ」と感動している。
IMG_1132
せせり
IMG_1134
このタイミングで追加オーダーの打診があった。カルボナーラの売りらしいので、素直に従う。そして
IMG_1136
ピンチョス一気に来た!
IMG_1137
テンションが上がり、
IMG_1139
グラスで赤ワインを注文。白にするつもりだったが、ピノ・ノワールがあったのでそちらにする。

赤なのに冷えているのが珍しいがピノさんらしく高貴な味わい。テレス・ド・ギレムというワインのようだ。
IMG_1145
そして、カルボナーラの皿も小ぶり。
IMG_1142
ベーコンが美味しかった。満足。
IMG_1147
お茶も美味しく、
IMG_1148
会計はこんな感じ。

そして大将から直接名刺をもらう。一見の客も大事する接客が素晴らしい。それだけでなくこの店はサービスが一流。ただ、こんな感じだと一見の客ではなくなるのだけどね。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2016 All Rights Reserved.