B級孤独のグルメ

冷やしもうんめぇ。神田「香川一福」の冷やしぶっかけ

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

かつて人類は麺類というコピーのCMがあった。意味不明と言えば意味不明だが麺が好きな人にはなんとなく感じるが伝わるフレーズではある。

自分は嫌いな麺はほとんどない。ラーメンも、スパゲッティも、そばも、うどんも、そうめんも、アジアの米粉で作った麺であろうが、変わり種だろうがだいたい好きだ。

その中でインスタントで手軽に味わえるのはやはりうどんだろう。冷凍食品なら解凍するだけ。簡単だし、物によってはかなりのレベルだ。

そんな訳で冷凍うどんでも満足できる自分が、時折無性に行きたく店がある。神田の香川一福である。

昨年までは週に一度淡路町近辺で仕事があったのでしょっちゅう通っていた。

今年はその仕事がなくなったので残念ながらわざわざ行かないと行けない店になってしまった。

 

そんな訳で先日久しぶりに香川一福へ向かう。

いつもピーク時間を避けていたのでそこまで混んでいなかったが、この日はちょうど昼の12時頃。当たり前のように行列があった。

ただ、この店はかなり席数が多いのでそんなに待たずに入れた。

冷やしぶっかけの中 550円 + 野菜の天ぷら 300円を注文。

 

久しぶりにうどんをするると、太すぎないのにしっかりとコシがあり、一本が少し長い独特のうどんは健在。うんめぇ。

少し食べただけでもわざわざ来てよかったと思う。

そしてこの店がゴマが置いてあるのでゴマが大好きな自分はひたすらかけまくる。

そして野菜の天ぷらがまた美味しい。とくにごぼう天の何かふっくらした感じもあるが、苦味も少し残っている感じが秀逸。

うまい言葉が見つからないが、ごぼうの良い所がにじみ出ているようなごぼう天のだ。

やはり香川一福は、普通に美味しい加ト吉のうどんや、はなまるうどんなどのチェーン店を凌駕する数少ない名店の1つだと改めて感じた。

香川一福のうどんメニュー。

香川一福の付け合せメニュー。

2017年のミシュランでは香川一福はビブグルマンに選ばれた。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.