B級孤独のグルメ

ミシュラン一つ星のオシャレ絶品!中華 恵比寿の「Masa’s Kitchen」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

恵比寿で今年もミシュラン一つ星だったという「Masa’s Kitchen」。食べログでも3.9近い高得点である。

とても中華とは思えないようなスタイリッシュな内装にも驚かされたが、出てきた食事の1つ1つがハイレベルでびっくり。写真の土鍋の麻婆ご飯など今年で一番感動した料理かもしれない。

内装、料理、そしてオープンキッチンで料理の細かい所まで見える作りは、若い時分によく通った渋谷・神泉のモダン中華「文琳」を思い出させてくれたが、先程Webでシェフの鯰江真仁(なまずえ まさひと)さんが文琳にいたということを知りビックリ。

ちなみに今ネットで調べると「文琳」はもうないらしい。

 

平日の13時半頃。人気の店でもこの時間なら入れるという読みである。実は一週間ほど前は道に迷って入れなかったのであるが。
IMG_4833
これだな。目立たないが、どうやら店舗は地下のようだ。
IMG_4834

IMG_4856
へー。これですか。スタイリッシュすぎて扉を開けるのに少し緊張。

でも、高級店らしく少し年配の給仕長という感じの方がにこやかに対応してくれた。

しばらくしてカウンターの席に案内してもらう。席はほぼ埋まっている。
IMG_4835
どれも美味しそうで迷うが、
IMG_4836
土鍋の麻婆ご飯を注文することにした。

目の前はオープンキッチン。4人のシェフが忙しそうにしているのが見える。大柄な方がMasaさんらしい。

そして周囲が、つまり客がやたらと賑やかだ。
IMG_4837
これはもちろん水だが、主婦と思しき集団がかなり大声で盛り上がっている。テーブルにはビールやワインやら。しかもよくしゃべる集団は別にもいた。話題は海外旅行やら、都内のフランス料理やら。

この店は恵比寿の働かなくて良いお金持ちの主婦が客層なのか? その手の店には縁のしげPは少しビビるが、
IMG_4841
前菜が運ばれてきた。そしてこれが絶品の始まりで主婦の大声などどうでも良くなった。
IMG_4842
まず蒸し鶏ときゅうりの繊細な味柄に驚く。ネギのアクセントが実に良い感じだ。
IMG_4843
しかし、問題は苦手なゴーヤだ。しかしこのゴーヤ、コリコリして後から苦さがジワーとくる。ゴーヤの苦さだけは好きになれなかったのであるが、この苦さが実に良い感じ。どういう魔法をかけているのか?

そして、
IMG_4838
花椒と
IMG_4839
生姜ダレに続いて来たのは
IMG_4844
小籠包!これも絶品だった。
IMG_4847
とても柔らかい皮をほわっと口の中に入ると口が喜びだす。肉汁プシューはないが、じわーと出てくる。

美味い。間違いなく自分の人生で食べた小籠包のベスト3に入る。
IMG_4852
そして、土鍋の麻婆ご飯。
IMG_4854
優しい上品な感じだが、後から辛さがじわっとくる。花椒を加えたが、もなくても本格的な辛さ。しかし、細かい豆腐にうまく辛さを緩和してくれることに加えて、
IMG_4850
このタイミングでスープが出される。辛さを緩和するのにこれ以上ないタイミング。気配りがすごいな。

いやー。素晴らしい。2,000円以下のランチでこのクオリティはすごい。

しかし、食べ終わってふと我に返ると主婦たちは相変わらず大声で盛り上がっている。

会計時に給仕長? さんより「少しうるさかったですか?」 と聞かれたのだが、「料理がとても絶品だったので気になりませんでした」と返答した。本当にそう思った。

近いうちに夜のコースも是非体験したい。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2016 All Rights Reserved.