B級孤独のグルメ

子羊のスープにラムチャーシュー!後楽園「自家製麺 MENSHO TOKYO」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

庄野智春さんの「MENSHO」グループの店舗は現在10店舗

ラーメンクリエーターを自称する「麺や庄」の創業者の庄司智春さん。同じ店は作らないと語っているMENSHOグループの系列店は、2019年現在東京に8店舗海外に2店舗の合計10店舗。
(抜けがあったら教えてください)

【 MENSHOグループの店舗 】

麺や庄の 市ヶ谷
二丁目つけ麺 GACHI 新宿三丁目
麺や 庄の gotsubo 新宿御苑
自家製麺 MENSHO TOKYO 後楽園
油そば専門店 GACHI 曙橋
MENSHO 護国寺
箸とレンゲ 阿佐ヶ谷
MENSHO SAN FRANCISCO 新宿

MENSHO TOKYO サンフランシスコ
MENSHO TOKYO バンコク

全店舗制覇したいと思っているのですが、まだ東京だけでも「麺や庄の」「麺や 庄の gotsubo」「MENSHO SAN FRANCISCO」の3店舗しか行っていません。

先は長い。

さて、今回狙いを定めたのは「自家製麺 MENSHO TOKYO」。名前だけ聞くと普通の店のようですが、個性派が多いMENSHOの中でもかなり個性的。

なんとスープに子羊のゲンコツを使っているのです。

ラムは食べられないほどではありませんが、今までの人生なるべく避けてきた食材。ラムのクセはあまり得意ではありません。

しかし、ラーメン業界の革命児庄野さんが、ラムの良さをどのように引き出しているのかすごく興味がありました。好奇心には勝てずにある日の夜、「MENSHO TOKYO」に向かいます。

「自家製麺 MENSHO TOKYO」の外観、メニュー、店内の雰囲気

場所は「後楽園」となっていました。水道橋から東京ドーム周りをぐるっと歩いていったため少し時間がかかって店舗に到着。

店舗は後楽園駅の少し先にありました。

店舗が何か不思議な感じ。この感じだと「こだわり自家製麺」が店舗名のよう。

近づくと暖簾には「麺庄」とあります。間違いなくここのはず。子羊とスパイスの融合という文字が見えます。

「自家製麺 MENSHO TOKYO」という名前も羊を感じませんが何か戦略でもあるのでしょうか?

自販機を見る限りメニューは多そう。

【「自家製麺 MENSHO TOKYO」の主なメニュー 】

子羊(ラム)つけめん (ノーマル) 780円
子羊(ラム)つけめん(味玉) 880円
子羊(ラム)つけめん(肉増し) 980円
子羊(ラム)つけめん(全部のせ) 1,080円

煮干(ニボ)つけめん (ノーマル) 780円
煮干(ニボ)つけめん(味玉) 880円
煮干(ニボ)つけめん(肉増し) 980円
煮干(ニボ)つけめん(全部のせ) 1,080円

ラム豚骨らーめん(ノーマル)塩 750円
ラム豚骨らーめん(味玉)塩 850円
ラム豚骨らーめん(肉増し)塩 950円
ラム豚骨らーめん(全部のせ)塩 1,050円

ラム煮干中華そば(ノーマル)醤油 750円
ラム煮干中華そば(味玉)醤油 850円
ラム煮干中華そば(肉増し)醤油 950円
ラム煮干中華そば(全部のせ)醤油 1,050円

油そば 680円
特製油そば 880円
肉増し油そば 880円
まぜひつじ 900円
ふわふわ羊担々麺(期間限定) 890円

なんとなく「MENSHO TOKYO」はラム豚骨ラーメンという先入観があったのですが、メニューの一番左はラムつけ麺。さらには煮干しつけ麺。つけ麺の方がメインなのかな?

ただそれでも一番普通のメニュー?を食べたいと思い「ラム豚骨らーめん(全部のせ)塩」1,050円をポチります。

ところで煮干しつけ麺も煮干し×ラムのようです。つまり店のすべてのメニューは羊のスープということ。

なのに店の名前といいラム感を出していない。やはり不思議。ラムは全面に押し出さない方が良いのかな?

当店ではラムのゲンコツを使用してあります。

※ラムの苦手な方は油そばをどうぞ

こんな貼り紙もひっそりとありました。ただ小さい文字ではありますが、油そばにはラムが入っていないようです。

店内はほぼ満席でしたが奥の方に1席空いていました。女性の一人客も何人かいます。あまり考えたことがなかったのですが、女性はラムが好きなんでしょうか。

卓上調味料はかなり豊富。メニューも豊富だし好きな人はたまりなく好きになりそうな仕掛けがあります。

店内には立派なシャンデリア。

うん?何か違うな。

煮干しのシャンデリアでした。おもろいアイデアだな。

こんな感じで飽きずにキョロキョロしているとラム豚骨らーめん(全部のせ)塩が運ばれてきました。

「自家製麺 MENSHO TOKYO」で頂いたラム豚骨らーめん(全部のせ)塩

ラム豚骨らーめん(全部のせ)塩@自家製麺 MENSHO TOKYO

 

レアなチャーシューはラムのようです。ラムはすだちの下にもある模様。

さてスープをすすります。

クリーミーで円やかな豚骨が美味しい!です。しかし後味はしっかりとラム。ラムの方が量は少なめのようですが、主張はしっかりです。

そして自慢の?自家製麺。細めで少しぱっつん。コシのあるやつです。麺自体も美味しいし、よくスープに絡みます。

そしてこの低温調理されたレア感のあるラム。これはしっかりとラムを食べている感があります。美味しいけど、ラム好きの人ならたまらないだろうなぁとも思います。

刻んだチャーシューも良い食感。すだちのすっぱさが少し残っています。しかし凝っているよなぁ。

豚のチャーシューは普通の感じですが、何かラムでないと安心する感じもあります。汗。

味玉も美味しく穂先メンマもたっぷり。

ラム肉は日本で買うと少し高いと思うのですが、1,050円でこの内容はすごい。さすがのMENSHOグループです。

ところでMENSHOは豚骨ラーメンはやっているのかな?この豚骨スープなら一風堂より全然美味しいよなぁなどと思います。。

ラムは一応大丈夫でしたが、これだけ上手に調理されていても少し違和感が残りました。クセは慣れの問題かなぁ。

「自家製麺 MENSHO TOKYO」の行き方と営業時間

〒112-0003 東京都文京区春日1丁目15−9

東京メトロ丸ノ内線、南北線「後楽園駅」6番出口から徒歩1分
都営地下鉄大江戸線、三田線「春日駅」6番出口から徒歩1分

【「自家製麺 MENSHO TOKYO」の営業時間 】

11:00~15:00(L.O.15:00)
17:00~23:00(L.O.22:50)

定休日 火曜日

「自家製麺 MENSHO TOKYO」の感想と食べログ採点

【「自家製麺 MENSHO TOKYO」の感想 】

・ラムのゲンコツを豚骨と混ぜるというアイデアが出色。

・ラムのレアチャーシューのクオリティが素晴らしい。

・とても美味しくクオリティが高いが、やはりラムのクセは少し気になってしまった。。

・このスープにこれだけの具材で全部入り1,050円はコスパ良し。

・少し間を置いてから他のメニューも食べに行こうと思う。(ラムが好きになりたい気持ちは持っている)

 

自家製麺 MENSHO TOKYOつけ麺 / 後楽園駅春日駅水道橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.