B級孤独のグルメ

淡路町「松記鶏飯」の鶏飯だけでなく肉骨茶もレベルが高かった!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!

先々週くらいに行った「松記鶏飯」は衝撃的な美味しさだった。わざわざシンガポールに行って「チキンライス(海南鶏飯)」、タイに行って「カオマンガイ」を食べるよりも美味いレベルだ。

その衝撃が冷めやらぬ内に、「松記鶏飯」 を再訪。今度は肉骨茶に挑戦したが、こちらもとてもレベルが高く、素直に敬服した。

IMG_2339
神田・お茶の水地区の喧騒から離れた一角に、日本らしくシックでいてグリーンが東南アジア感を出している店舗がある。
IMG_2340
今日は二人がけのテーブルに通される。時刻は13時頃。

ランチはいつものチキンライスに加えて、今日は肉骨茶だった。栄養価に優れているので夏バテ防止に良さそうだ。迷わずに注文する。

この日も女性客が多い。店内はそこまでお金をかけている感じはないが、とても清潔。こういう環境も女性を惹きつけるのだろう。そして、
IMG_2341
シンプルな肉骨茶+ライス
IMG_2343
このバクテーが美味かった。

スープは薬膳タップリの薬のような肉骨茶ではなく、とろみのあるスープの旨味が感じられるタイプ。ニンニクは小刻みながら、胡椒が強い。
IMG_2345
そして、豚のあばら肉がとても柔らかく上品。バクテーの肉はスープのための「補助的な」ものだと思っていたが、この店ではメインになりうる。本当にうまい。
IMG_2342
鳥飯は前回と同じものだが、このまま何もなくてもでも何杯でも食べられそう。鶏の出汁の染みこみ具合が神がかっている。しかもおかわり自由なので、この日は2杯頂いた。
IMG_2348
シンプルなスープ。スパイスは何を使ってるかは分からないないが、シナモンの存在は確認できた。

そして胡椒のせいか、食後に汗がドッと出る。これは暑さでかく汗とは違った爽快感があるものだ。

それにしても「松記鶏飯」 すごいな。これを書いている間にもすぐにでも行きたくなってしまった。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2016 All Rights Reserved.