B級孤独のグルメ

この創作ラーメン美味しいなぁ 京急蒲田「麺場 Voyage」のラーメンvoyage

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

IMG_1018
ラーメンvoyage キノコ香る活帆立の出汁・香味油の塩ラーメン@麺場 Voyage

モーレツに美味かった!

麺場 Voyageほたてとキノコの出汁がウリ、という訳できのこイーター的には行かねばぐらいの感じで、さほど期待していなかったスープにビビる

美味くてレンゲが止まらない。全粒粉入りの麺も理想的。具材も焼き鳥など一味違うものありで、レベルが高かった。

蒲田のラーメン屋にはあまり詳しくない。RDBや食べログなどの客観的な人気では「宮元」が抜けているようだ。自分も実際に二度行ってレベルの高さを実感した。

個人的には最近できた鯛ラーメンの「狐狸丸(こりまる)」の動向が気になるし、香港風の海老ワンタン麺が食べられる「麺匠 呉屋」新潟ラーメンの「ラーメン潤」なども安定して美味しいと思う。

ただその他の店についてはあまり蒲田に行くことのない身からはどの店が良いか良くわからない

今回はネットを見ながら迷う中で気になったのは麺場 Voyageキノコ香る活帆立の出汁・香味油の塩ラーメン。自分的に食いついたのはホタテよりもキノコの方。

自分はキノコ愛が強いため最近も家で調理する時は何を作るにもマッシュルームやしめじを使うほど。

キノコ愛が強いため京橋の「ソラノイロ トンコツ&キノコ」 のキノコのベジ白湯ソバばかり食べていることは熱心な読者様ならご存知だろう。というわけでキノコを目指して京急蒲田に降り立った。

京急蒲田駅は大きく変わっていた。一部はかなりモダンになっていた。しかし昔ながらの風景の方に麺場 Voyageはあるようだ。

途中神社を横切ると店舗が見えてきた。
IMG_1012
なんかチャラい感じの店舗だ。
IMG_1011
鮮魚貝ときのこのラーメン屋さんとある。二階席もあるのか。どうやら夜は居酒屋になるらしい。
IMG_1013
自販機の前も何か雑然としている。
IMG_1014
席に座るとクロックスを履いたサーファー風の店員が対応してくれる。目につく所この方しかいない。彼が調理するのか。ややちゃらい感じで少し不安になる。先客もいないし、店内に流れるのはヒップホップ。

しかし人は見かけで判断してはいけない。この方が凄腕のラーメン職人であることをすぐに思い知ることになる。
IMG_1015
麺場 Voyage2013-14 Try 新人賞 塩部門一位。汁なしのそばもあるのね。
IMG_1017
酒も充実てるなぁ。そして、
IMG_1018
ふむ、なんか自然を感じるフェイス。色使いが優しい。
IMG_1023
さてとスープは?

うめぇ~。なんじゃこりゃ?貝の旨味がこれでもかと広がる。しばらくレンゲが止まらなかった。しかしそこまでスープが多いわけではないので麺に移る。
IMG_1024
麺もうめぇ~。全粒粉入りと思しき細いストレート麺で味わいがある。
IMG_1022
岩のり
IMG_1025
チャーシュー
IMG_1027
そして焼き鳥?これは良いアイデア。
IMG_1028
今風の低温調理の鶏もあったが、個人的には焼き鶏の方が良いな。

写真には映っていないがメンマの代わりにたけのこを使っていたりアイデアが素晴らしい。具材は全て満足できるレベルだった。
IMG_1030
ところで肝心のきのこは?

この黒いものが乾燥きのこ?だろうか? 確かに食べるときのこだが、スープ全体にきのこ感はあまりしない

しかしこの塩ラーメンというより潮ラーメンは絶品だった。当然スープは全て飲み干した。
IMG_1031
店を出る時にホタテの貝殻を発見。これが美味しい出汁になっているのですね。

麺場 Voyageラーメン / 京急蒲田駅蒲田駅梅屋敷駅) 夜総合点★★★★ 4.0

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.