B級孤独のグルメ

ミート矢澤の新店はとんかつ!五反田「あげ福」極上ロースが絶品!!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。
五反田で行列の絶えないミート矢澤が新店を出したらしい。今度はとんかつで店名は「あげ福」。ミート矢澤系列なら外れはなかろうと思い早速行ってきた。

予想通りというか予想よりもはるかに美味しく、店内の雰囲気もオシャレ。ミート矢澤が再び伝説を作りそうな予感がする。


超有名店の「ミート矢澤」。今回の目的地はそこではなく、その隣にある。

意外に目立たない。近くで見ると、

「あげ福」とある。間違いない。今回の目的地だ。牛肉のヤザワミートが手掛ける、初の?とんかつ屋である。

メニューを見る。

なかなか強気な価格設定だが、極上のとんかつとくれば、これくらいするもの。極上ロース180g(2,400円)を注文。

カウンター席に座ったのだが、ふと見るととんかつ屋とは思えないおしゃれな空間だ。お酒も揃っているところが、いかにも今風。

まずは、とんかつの前にプレミアモルツで喉をうるおす。

すぐに出てくるおつまみということで、「インカのめざめ」を使ったポテトサラダを頼んでみた。

「インカのめざめ」は最近注目されている北海道のじゃがいもで、普通のじゃがいもよりも黄色い。このサラダがとても美味しく、とんかつへの期待が膨らむ。


いかにも見た目が立派な極上ロースの定食が登場した。

味噌汁は豚汁で、

ソース以外にも、醤油のソース(ジャンジャーソースというもの)や塩(トリュフ入り)もついてきた。本当に色々な調味料があるものですね。

ドレッシングとその横に胡麻が見えたので、

胡麻スペシャル完成。ゴマは肉にかけるよる野菜にかけるのが、好みである。

そして、肝心の肉は?

生焼けのような感じに見えるが、もちろんそうではなく、とても柔らかくかつジューシーな味わい。衣はサクサク。瞬時に気に入る。最初はトリュフ入りの塩を使用。

そして、このご飯がことのほか旨い。正直、自分は米の質はよほど良くないと分からないのだが、そのよほど良いお米+炊き具合だった。

感動は途切れることなく、最後まで続いた。

ソースもジャンジャーソースも試した。それぞれ良いけど、やはり塩が一番ですかね。

再訪間違いなし。かつカレーも食べてみたいな。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2016 All Rights Reserved.