B級孤独のグルメ

海南鶏飯もフォーもメチャレベルが高い!亀戸の「僕の鶏飯」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

久しぶりの亀戸。去年までは家庭教師でなんと7年間も通った土地であるが、教え子は今年4月からめでたく大学生になりお役御免となった。

今回の亀戸訪問の目的は絶品の海難鶏飯を食べること。Twitterでフォローさせて頂いているアミさんの情報である。

この方、大変なグルメでご自身も料理が得意という方。その方がナンバー・ワン海南鶏飯というのが今回の僕の鶏飯ある。

自分のナンバー・ワンは淡路町の松記鶏飯

IMG_1974
海南鶏飯@松記鶏飯 淡路町

鶏がぷりぷりで美味さが神がっているというのは少し大げさか。しかしそれくらい美味しい。

アミさんはこちらに行かれていて、その上で僕の鶏飯をナンバー・ワンと言っているのである。これは行かねばなるまい。

そして、実際に僕の鶏飯の海南鶏飯は松記鶏飯を超えるとは感じなかったものの、松記鶏飯と勝るとも劣らないくらい美味しかった

亀戸駅の北口を降りて、千葉方面に歩く。しばらく歩くと蒙古タンメン中本が見えてくるが、そこを左に曲がってしばらくと歩くと僕の鶏飯が見えて来た。

IMG_6844
アピール全快の外装。
IMG_6845
パクチー入れますか? はニンニク入れますか?のラーメン二郎をもじったものか。

最近はアジア系の飲食店もやたらと洗練されているが、ここはなんとなく開店したてのラーメン屋を彷彿とさせる。大山丸鶏使用 無添加というもの、ラーメン屋に喩えると無化調系か。
IMG_6846
こちらは海南鶏飯の専門店にも関わらずフォーがあるのが面白い。食べログではこちらを絶賛する人も多かったので、ミニフォー付きの特上を選択。これで1,000円はやや高いが外れることは想定していないので安心して頼んだ。
IMG_6847
サッカーのユニフォームが飾ってあるが、かなり独特。どうやらタイ・プレミアリーグで活躍している日本人の選手のものらしい。元日本代表の岩政くらいしかわからなかったけど。(岩政はもう日本に帰ってきているはず)

現地に行って買ったのだろうか?しかし周りを見渡すと客は女性ばかり。何のユニフォームかは分からないだろうな。
IMG_6848
上の写真は、左からマリーナベイサンズ、マーライオンでシンガポール。右はマレーシアの首都クアラルンプールのペトロナス・ツインタワー。

下は王宮の近く?のバンコク。中はどこやらタイのビーチかな? デカプリオの「ザ・ビーチ」の舞台になったピピ島?勝手な想像ですが。右はタイ中至るところで見かけるお坊さんさんですね。
IMG_6849
海南鶏飯は、中国の海南島からの移民によって東南アジア中に伝えられたもの。

中華系の人口が3割を超えると言われるマレーシアでは一般的な料理。もともとマレーシアの一部だったシンガポールでも同様。そして中華系の人口が約1割と言われるタイでも一般的に食べられている。

ちなみにタイ料理ではカオ・マン・ガイという名前ですね。

タイでカオ・マン・ガイを食べたこともあるけど、タイではガパオやパッタイといった他の料理も大好きなので、シンガポールやマレーシアで食べたことの方が多い。

IMG_8094
カオマンガイ@ピンクのカオマンガイ バンコク

かなり待つ。完全なワンオペのようで若い店主が熱心に作っているのが目に入る。海難鶏飯は単純な料理ゆえ、すぐに出てくるような店もあるが、丁寧に作るとどんな料理でも時間がかかるものである。そして、
IMG_6850
おおっ、うまそー。食べなくてもご飯に
チキンが染み込んでいるのが分かる。これが好きなんだよね。
IMG_6851
そしてしっとりしていてジューシーな鶏肉が美味い。なんとなくタイよりシンガポールを意識したようにもの思える。
IMG_6852
このままでも美味しいので、調味料は要らない感じだったが、この葱生姜はすごく美味しいのでたっぷりかけた。
IMG_6854
そしてやや遅れてきてでてきた濃厚な鶏スープのフォーが評判通りとても美味。これベトナムの現地風なのかな?ここまで濃厚なフォーを食べたのは始めて。ラーメンのスープにしても美味しそう。
IMG_6855
満足して店を出ようとするとちょうど他の客は帰った後。

思い切って店主に話かけてみる。「シンガポールとタイのチキンライスはどちらの方が好きですか?」

するとシンガポールという答。どちらもかなり現地で食べていらっしゃるようだが、鶏はシンガポールというの方がしっとりしていて美味しいとのこと。自分の同様の感想だったので話がはずんだ。

シンガポールで一番のお勧めの店を聞くとウィーナムキーとのこと。これには驚いた。前回シンガポールに行ったときに行ったからだ。

「ウィーナムキー (威南記)」 ノベナ・シンガポール チキンライス

しかも、自分が行ったノベナ店が数店舗あるウィーナムキーの本店でこちらが一番とのこと。自分はノベナに泊まったから行っただけなのに、ラッキーだっんですね。

東京では松記鶏飯は高く評価している様子。更に自分が高く評価している中目黒のシンガポール料理の名店ファイブスターカフェも同様に評価していた。

店主は恵比寿の海難鶏飯食堂2をはじめ、有名店を渡り歩いた上で独立したらしい。

美味しい海難鶏飯を頂いた上に、有益な情報交換まででき、わざわざ亀戸まで行った甲斐があった

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.