B級孤独のグルメ

欧風カレー発祥の地! 大手町の「欧風カレー ボンディ」でチキンカレー

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

「ボンティ」は第一回神田カレーグランプリ優勝店。ただカレーグランプリ云々というより欧風カレー発祥の老舗と言うべきか。

少し前に「スパイスボックス」に行ったのきっかけに激戦区神田のカレー店を開拓したい気になっている中で見つけた店だ。

さてカレー屋とは思えないほど上品な佇まいの「ボンティ」で頂いたチキンカレーは表面がカリカリで中がしっとりのチキンがゴロゴロ。

バターやフルーツを強く感じるルーはこの上なくマイルドだが、後から来るスパイス感が半端ない。これで1,480円は決して安くはないがリーゾナブルに感じた。

平日の夜「ボンティ」を探す。大手町とのことだが神田からも近い場所。「ボンティ」は神保町の本店に加え小川町にも支店があるので区別するためにあえて大手町と言っているのかもしれない。
IMG_8357
少し迷って無事に発見。店は地下にあるようだ。
IMG_8359
一言一言に自信を感じる。
IMG_8358
味に疑問符が持たれることも多い?「神田カレーグランプリ」だが、この店は本物という情報は得ていた。

店内に入る。かなり広いが空いていた。先客は奥に1人だけ。
IMG_8361
チキンカレーを注文。知っていたとはいえ1,480円にはビビる。客が少ないのはこの値段もあるのかな。
IMG_8362
ただ本格的な福神漬け、らっきょう、そしてレーズンまである。これは良いな。
IMG_8376
スパイスとカレーの雑誌が飾ってあるのが見える。

そして早速
IMG_8363
じゃがいもを蒸したものが登場。これをバターとからめて食べるようだ。

昔よく行った「エチオピア」もこのスタイルだったな。どちらが本家かは分からなかったのだが、棚にあった雑誌を見てみると、
IMG_8365
ボンティは欧風カレーの発祥の地で、東京の多くの洋風カレー屋はボンティで修行したという記事を読めば、どちらが本家かは明白。エチオピアのカレーはあまり洋風という感じがしないがやはりボンティで修行したのだろうか?

ともあれ欧風カレーなるもの、今まであまり考えたことはなかった。イギリスでは気軽にカレーが食べられるがほぼ全部インド料理屋だったし。「洋食」と同じくらい欧米で食べられそうな感じがない。

その疑問もこの記事を読んで氷解。要は日本のカレーにフランス料理の技術を取り入れたもので、欧風カレーとは紛うなきMade in Japanのようだ。

最近の台湾そばも台湾発祥ではなく不思議なネーミングだが、海外でなんちゃって日本料理や寿司を見ると世界中どこでもそんなものかもしれない。そして、
IMG_8369
カレーポットからチキンがあふれている。カレーポットも何か風情があって良いな。
IMG_8370
ご飯は多め。梅干しなど少し漬物的なものがついている。
IMG_8371
さて、ルーはバターやフルーツを感じる。もっと複雑な味だが簡単にまとめるとそんな感じ。マイルドでフランス料理のビーフシチューのような感じだ。

余談だが最近はフランス料理屋で昔は定番だったビーフシチューをあまり見かけなくなった気がするのだが。

それはともかく、後から来るスパイス感が半端ない。そこは明らかにビーフシチューとは違う。
IMG_8374
そしてこのチキンが美味い。表面がカリカリで中がしっとりしている。これだけ別に調理したことは明らかだが、あまり似たようなものを食べた記憶がない。ボンティ流なのだろうか?
IMG_8375
福神漬けもらっきょうもレーズンもたっぷり頂いた。
IMG_8377
これで1,480円は決して安くはないがリーゾナブルに感じた。サービスも本当によく気づいてくれて感じが良い。会計時はシェフまで挨拶に来てくれた。また行こうと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.