B級孤独のグルメ

シンプルな外見ながらスープも麺もうんまい!代々木「麺恋処 いそじ」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

代々木の実力店「麺恋処 いそじ」に初来店。

ラーメンは外見がシンプルすぎるが麺が美味い!スープは魚介豚骨だが濃厚すぎず後味はさっぱり。麺の引き立て役に徹している感じで、麺との絡みがバツグン。そしてモチモチの太麺がとにかく美味。麺恋処という名称にも納得。

代々木駅から代ゼミの校舎を横切りながら「麺恋処 いそじ」を目指す。浪人時代に通った懐かしい校舎だが当時の面影はない。浪人生であふれかえった校舎も今やY-SAPIXなるものの校舎になっている。

Y-SAPIXは、代々木ゼミナールと中学受験のSAPIXが合体して出来た塾らしい。

ふと浪人時代を思い出す。浪人時代は金欠も金欠で、昼食は校舎内にあった梅本のそばを200円で食べるのが定番だった。駅前の吉野家で400円の牛丼を食べるのはぜいたくで、月に数回だった。

そんなことを考えながら坂を下っていると、
IMG_0496
えっ、これ?目につくような看板はなく主張が弱いが、ラーメン屋らしき厨房も見える。
IMG_0497
中に入ると注文に迷う。最初なので中華そばにしようと思っているのだが、「いそじろう」なるメニューも気になる。

店員さんに尋ねると「いそじろう」はガッツリ系のこと。なるほどラーメン二郎と掛け合わせた名前なのか。ということで予定通り中華そばを注文する。「得」にするとチャーシューが増え卵がつくとのことでこちらにしてもらう。

それにしても店員さんの対応が良い。ラーメン屋の店員は体育会系が圧倒的に多いが、ここの店員は文化系?の物腰の柔らかさだ。そして席に座ると厨房からも挨拶されるが、こちらも優しい系の挨拶。少しびっくりした。
IMG_0499
そして、見た目はきらびやかさとは無縁な?昔ながらのラーメンが登場。
IMG_0502
魚介豚骨系のスープと聞いていたが後味がさっぱり。こちらの方が濃厚過ぎるものより好きだ。
IMG_0503
そしてこの太麺が素晴らしい。モチモチというのは使い古された表現かもしれないが、本当にもっちりしている。素材までは分からないけど何か秘伝の原料を麺に配合しているのではなかろうか?

先日代々木のスパテッティ屋、トスカーナで食べた自家製麺よりもこちらの方が全然感動する。
IMG_0500
チューシューと
IMG_0501
卵は丁寧な作りというくらいで特別な感じはなかったが、
IMG_0506
美味しい麺を堪能させてもらった。スープも柚子の味変が効いていた。

駅に帰る途中、このスープは麺の良さを最大限に引き出すためにこういうスープにしたのかな?とふと感じる。そして「麺恋処 いそじ」の意味が分かった。なるほど、まさに麺が恋しくなるラーメンだ。

最近の新しいラーメンは具材や調理法などで驚きを与えてくれることが多いけど、こんな普通?に見えるラーメンで驚きを与えてくれるとは。ラーメンの奥深さを再認識した。

関連ランキング:ラーメン | 南新宿駅代々木駅北参道駅

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.