B級孤独のグルメ

ブログ・リニューアル&移行に伴う不具合について

千原ジュニアも絶賛!恵比寿の庶民派「こづち」のチャーハン

しげP
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

特にファンという訳ではないが千原ジュニアはいつも面白いことを言うと感心する。テレビにしては1つの話を長めに話すのだが、オチが確実に面白いことが分かっているので気にならない。

その千原ジュニアがいつだったか恵比寿にとても不思議な定食屋があるという話をしていた。詳しくは覚えていないのだが、恵比寿という場所に相応しくない庶民的な食堂で、「何でこんなところにあるねん」という感じ。

しかし、チャーハンはすごく美味しいらしく、自分の中では一番というようなことを言っていた。もしからしたら結構前の話かもしれないが、最近それらしき食堂を偶然見つけたのである。

恵比寿の駅から電車に並行に一本奥に入った大きめの通り。おしゃれな店が立ち並ぶ中、そうでない店に行列ができている。

直感的に「あの店だ!」と思い、「こづち」とう名前を調べるとやはり千原ジュニアが言っていたのはここのようだ。そのことが判明してから一週間後に店に向かった。

果たして、そのチャーハンは塩分が強いものの、美味しい、ボリュームある、安いの三拍子がそろっていた。
IMG_6125
平日の13時半。この時間というのに行列ができている。しかし男性がこちらに気づくとどうぞお先にと言う。どうやら1つ席は空いているが自分たちは並んで座りたいようだ。ありがたく好意に甘える。

中に入るとかなり元気に店員さんが迎えてくれた。店はカウンターのみ。その一席が空いていた。ぱっと見た感じは野郎ばかりである。

千原ジュニアはチャーハンの話をしていたが、実際の「こづち」は炒飯の店というより定食屋で一通りのものがそろっているようだが、自分は当然チャーハンを頼む。

周りを見るとチャーハンを食べていた人が3人くらいいたので人気メニューではあろう。

店員さんたちの年齢はマチマチな感じでいかにも家族経営といった感じだ。実際にどうだかは分からないないが。

何人か調理している人がいたが、チャーハンは奥で若い男性が鍋を振っていた。
IMG_6128
まずスープがくる。味が濃い。胡椒入っているのか少し刺激がある。そして、
IMG_6129
チャーハンの並を頼んだのだが、
IMG_6130
軽く普通の大盛り以上はある。

赤いのは干しエビのようだ。香りが良い。さて、いただきまーす。

おっ、美味い。アツアツで火の通し方は完璧。塩分が濃いが、しっとり系のチャーハンで具材は小さめに切ってあるが量が多い。卵にチャーシューに長ネギに干しエビと味も飽きない。

秘伝の調味料を使っているとかそういう感じではないが万人に受けそうな味。箸が進むのでこのボリュームに関わらず難なく食べきった。

名前も知らなかったのにずっと気になっていた店に行けて謎解きができたような気分。満足。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2016 All Rights Reserved.