B級孤独のグルメ

鶏の旨味が心地よい冷やし 浅草橋「饗 くろ喜」冷やし鶏そば

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

限定メニューはあまり好きでない。当たり前だがレギュラーメニューの方が作り手からすれば圧倒的に作り慣れている。経験値がある。限定メニューを頼んで、レギュラーにしておけば良かったなぁと思うことは多い。

しかし、しげPの生活圏で最強と思われる「饗 くろ喜」にはこのことはまるで当てはまらないようだ。限定メニューも素晴らしい。しかもこの上なく。この日の冷やし鶏そばもとても他の店では味わえないようなものだった。

 

平日の夜の8時半頃、「くろ喜」に向かう。昨年とは週一の仕事の時間が変わってしまい、通常、浅草橋を通り過ぎる時間は夜の10時半くらいになってしまった。よって日頃通うのは厳しくなってしまった。

この日はイレギュラーな時間だったため、仕事中も終わってから久しぶりに「くろ喜」に行けるのを楽しみにしていた。
IMG_2150
運良く、行列がない。ラッキー。ただ中に入ると券売機の前に2人ほどいた。

自販機の限定メニューが気になる。今日は「夏麺 冷やし鶏そば」とのこと。

日頃、冷やし中華のような酢がガッツリ入った食べ物は苦手なのだが、「くろ喜」ならどんなものを出すか気になったので迷わず注文することに。限定とあったが、運良く残っていたようだ。

カウンターに座る。相変わらず高級寿司店ような白い木がとても美しい。

そして、大将をはじめ3人が手際よく仕事をしているのを眺めながら待つ。そして、
IMG_2151
見た目にも涼し気な透明な器。どうですか、このビジュアル。

スープを飲む。おおっ、まろやか。苦手な酢は全然強くなくなんかとろっとしていて、鶏の旨味がついてくる。他では味わったことのない心地よい食感で本当にオリジナリティが素晴らしい。時折柚子を感じる。
IMG_2155
そしてこの店は麺が抜群にうまい。この平打麺は、喉越しの良さが素晴らしい。茹で具合も完璧。
IMG_2156
チャーシューは豚・鶏のダブルチャーシュー。鶏は今風の低温調理したもののようだが、豚の方は昔ながらの味付でコントラストが面白い。

細く切ったメンマはこれ以上なくシャキシャキ。
IMG_2154
ミョウガは苦手なのだが、このスープと交わると良いアクセントになっているように感じるから不思議だ。
IMG_2157
スープも美味しく頂きました。もともと少なめだから全部飲み干してもあまり罪悪感を感じない。

いつものように感動と共に「くろ喜」を後にした。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2016 All Rights Reserved.