B級孤独のグルメ

衝撃!神田の「とりそばなな蓮」は焼き鳥もラーメンも絶品!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

神田のなな蓮 ラーメン屋と思って入店したら居酒屋だった

神田のとりそばなな蓮。

ラーメン屋に来たと思ったら夜は焼き鳥を中心とした居酒屋だった。

最近はこういう二毛作もあるとはいえ、まるで予想していなかったので意表を突かれる。

しかし結果的にCOEDOビールの白、炙り鳥わさ、そして締めの鶏塩ラーメンのどれも高水準で大満足。
 
しかもありがたいことに 会計も非常にリーゾナブルだった。
 

良店の情報はTwitterから

自慢ではないが、おそらく20年くらいグルメ本は買っていない。

情報源はほぼTwitterのみ。Twitterの生の情報はかなり信頼できる。そして何よりも情報が早い。

なな蓮も信頼できる人のTweetから知った店である。

神田西口を出ていつもとは反対側、日本橋方面に少し歩いて左に曲がったところに「なな漣」はあった。この場所は前も確かラーメン屋だったはずである。

あれっ?日本酒が置いてある。最近流行りの二毛作店だったのか?

この看板を見て安心する。飲む予定はまったくなかったが軽く飲んで行こうか。

神田 とりそばのビールとつまみ

時刻は平日の夜7時ころ。店内はカウンター8席のみでかなり狭かったが、運良く1席空いていた。

目の前の炭火で焼き鳥を焼いているのが見える。焼き鳥も考えたが、

炙り鶏わさ注文。

そしてビールをCOEDOビールの白を注文。

COEDOビールは小江戸にちなんだ名前。

埼玉県川越市のコエドブルワリーが手がける地ビールだ。川越は確か別名が小江戸。

狭いとはいえ店の中の内装や置物は洒落ている。外装もなかなか良かったが、この辺で手を抜かないことが大事なんだろうな。そのおかげか、女性の一人客もいた。

COEDOの白ビールはキンキンに冷えていた。美味い!さっぱりした感じだけでなく適度な濃さもあり、これなら確実にベルギーのヒューガーデンより美味い。

ヒューガーデンが昔ほど美味しくないせいもあるけど。

漬物はサービス。そして、

鳥わさ。盛り付けが美しい。

少し酸味を感じるが、醤油ベースに少し火の通った柔らかい鶏が最高に合う。

チビトマトはすごく甘いし、玉ねぎと鶏も良い感じ。居酒屋でこれが出てきたら、この店の食べ物は何でも美味いと予想しそうなレベルだ。

神田 とりそばなな蓮の鶏そば塩

さて、今日は長居するつもりはないので、そろそろラーメンを頼むことに。鶏そばの塩を注文。

こだわり書きを見ながら待つ。ここで初めてこの店が日本橋の支店であることを知る。そして、

この店のものはどれも盛り付けが美しいな。ネギなどの配置が芸術的。

まずはスープから。おおっ、鶏の円味を十分に感じる。それでいて深いのは魚介の和出汁のおかげか。自分の舌ではそこまで判別できないのだけど。万人受けしそうな味だ。

そして、この縮れ麺も素晴らしい。適度にコシがあってチュルチュルと口の中に入っていく感じが良い。

最近思うのだが、美味いと感じる麺はブランド小麦を使っていることが多い。

その他の具材もぬかりなく、


チャーシューはなんと、豚、鶏、鴨の3種類。

あー、美味かった。

この充実した内容でなんと会計は2,000円でお釣りがきた。

全くの明朗会計。間違いなく今後頻繁に通う店になるだろう。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2016 All Rights Reserved.