B級孤独のグルメ

鶏冷菜も焼き鳥もビールもラーメンも最高な「神田とりそば なな蓮」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

焼き鳥屋には行きたいけどタバコの煙は嫌だ

ほんの一時期焼き鳥屋によく行ったが、最近はすっかり行かなくなった。

一番の理由は焼き鳥屋は喫煙可能な店が多いこと

禁煙と思っていた店でも喫煙可能だったりするとも多い。あの被爆した瞬間に感じる嫌な気持ち。受動喫煙の方が吸っている人より健康被害が大きいという不条理さ。

もう一つの理由は常連を優遇する店が多いこと。自分のように1人で同じ店にあまり行かない人には敷居が高いと感じられることも多い。

それでも最近はラーメンは鶏出汁のものが一番好きだし、この年にして今まで軽く見ていた鶏こそが肉の中で一美味いと思うようになった。こういう理由でたまに焼き鳥を食べたいという感情が高まる。

それで今回選んだ店は神田とりそば なな蓮

昼はラーメン屋だが、夜はラーメンだけでなく焼き鳥を始めとした鳥料理が食べられる素晴らしい店である。

焼き鳥が絶品の「禁煙」ラーメン屋 神田 とりそば なな蓮

初めて行った時は夜は営業形態が違うことことを知らなかった。

締めの鶏そば塩だけでなく、

最初につまみで頼んだ鶏わさもレベル高すぎ。

そして、数か月前に昼のラーメンも食べてみた。

いや、うめぇ。スープが只者ではない。

そして確認した訳ではないがこの店は多分喫煙不可だと思う。最近のラーメン屋はほとんど喫煙不可なのでそのためだろうか?

安心して焼き鳥が食べられて、ラーメンも絶品。店員さんの感じも良い。しかも神田駅からは1分ほど。しかしそれでも欠点はある。

 カウンター8席しかないのだ。店の前まで来て何度素通りしたことか。

神田 とりそば なな蓮の酒とつまみ

この日も満席であったが、店の中から店員さんが出てきて「ラーメンだけのお客さんだから5分くらいで席が空きます」と言われる。

5分くらいなら喜んで待ちますよ。

ここの店は日本酒を始めとした酒類もかなり用意しているようだが、

ビールも豊富。生ビールがTOKYO BLUES というエールビール。まずはこれを注文。

すっきりした味わいながら、後味はしっかりとエールビルのもの。キレのある美味しいビール。

通しの漬物も普通に美味しい。

そして、鶏冷菜の三点盛りが絶品。

さまざまな部位を使っていて、味付けもいちいち凝っている。

そして、しばらく待って焼き鳥が登場。

 こころ(ハツ)

もも

美味い焼き鳥屋と遜色がない。

前回に続いてコエド(COEDO)ビールの白。個人的にはヒューガルデンの白よりも美味しいと思う。

しいたけを食べて、締めはもちろん「あれ」である。

なな蓮の締めはもちろんラーメンで


締めは前回昼に食べた美味しすぎた鶏そば醤油


飲めるような?やわらか~い縮れ麺。

通常メニューでもチャーシューは入り。何も言うことはありません。満足。

仕事でかなりのストレスを抱えていたが、これだけ美味しいものを食べたのですっかり元気になった。

自分のストレス解消は何と言っても美味しい料理を食べる事と改めて思った。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.