B級孤独のグルメ

上海の超有名店「南翔饅頭店」の小籠包は超期待はずれ!!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!

小籠包で有名な上海の「南翔饅頭店」。Wikipediaにも単独の項目があるほどで日本でも六本木ヒルズや渋谷をはじめ何店か出店している。

豫園は上海の中心部に近く、観光で行く人はまず立ち寄る歴史的な庭園。いつもすごく混んでいる豫園の中でも人々が常に行列をなしている店が「南翔饅頭店」。ここが本店のようだ。

しかしだ。自分が食べた小籠包ははっきり美味しくなかった。期待して行ったからそれほどでもなかったというのとは違う。明らかに美味しくなかったのには驚いたのと同時にえらく損をした気になった。

IMG_5205
豫園には上海1日目の夜にも立ち寄った。
IMG_5206
夜の8時頃の「南翔饅頭店」 はそこまで混んでいない感じだった。1階はテイクアウトが中心で食べるのは2階と3階。2階は朝早くからやってるな。

この日は食べ終わった後だったので3日目に時間があったら朝に行こうと思っていた。
IMG_5609
そして3日目の朝9時半頃に豫園にやってきた。この時間なら「南翔饅頭店」に並ばずに入れるだろうという読みであった。それでも2階席は混んでいたが、まだチラホラ空席があった。
IMG_5611
なんとか席を確保して一安心。
IMG_5610
作っているのがよく見える席だった。手作りだしこの時点ではハズレ小籠包を食べることになるとは夢に思っていなかった。
IMG_5614
高級なものもあったが、一番実力がわかるであろう、特製豚肉入り小籠包を注文した。日本語メニューがあるのは良いが店員は思いっきり愛想がない。
IMG_5616
しばらくして、食事より先に会計がきた。ちなみ小籠包6つで35元(530円)というのは上海ではかなり高価だ。

しかしなかなか来ない。あまりに来ないので
IMG_5615
「南翔饅頭店の物語」を読むがあまり面白い話もない。ここには口に入ったら「スープ」が溢れるとあり、小籠包なら当たり前だと思っていたのだが。
IMG_5618
20分ほどたってようやく、
IMG_5621
来た!朝から何も食べてないので腹ペコである。
IMG_5622
しかしだ、つぶしてみても汁、いや「スープ」がでない。
IMG_5623
えらく簡単に分離されてしまったが、液体はないでしょ?

しかも皮が固い。餡も固い。おいおい。蒸す時間を間違えたのではないだろうね。旨味も感じない。

凡庸というよりはっきり美味しくないのですが。6つほどどれも同じレベルだった。多分5分位で食べ終わりさっさと店を出る。
IMG_5625
店の前にはすごい行列ができていた。ご愁傷様。
IMG_5626
一階のテイクアウトなど正に長蛇の列。これだけ並んであの内容じゃ嫌だな。

「南翔饅頭店」はたいしたことないとの日本人による書き込みもWebであったので過大な期待はしていなかったが、それにしてもひどかった!

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2016 All Rights Reserved.