B級孤独のグルメ

大崎「六厘舎」イチオシメニューはこれ!シュリンプつけ麺

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

往年の名店「六厘舎」に数ヶ月ぶりの訪問。

代名詞とも言える魚介豚骨のスープは濃厚ではなくあっさり。そしてやや固めの極太麺が極上。海老の香味油は香りもたまらないし、スープを海老のエキスで染めてくれる。

トキメキはないが、安定した横綱相撲。六厘舎の他店舗のことは知らないし、従来の店舗には行ったことがないので比較はできないが、現在の大崎店のつけ麺は高レベルだと思う。

 

ところでクレームというほどないのだが一言。この日は席に着くなりトイレに行きたくて店の奥に進むと、「トイレは外ですよ」とバイトのおばちゃん?に言われる。

「外ですか?」「はい外です」とのことで外に出るが全然見つからない。しかも外は雨が降っている。諦めて戻りもう一度そのおばんちゃんに「トイレの位置が分からないのですが」というと「マイバスケットの所です」と言われる。

おいおい少し離れているじゃん。おばちゃんに「それじゃ言ってくれないと分からないよ」と言いトイレを探すが「マイバスケットの所」にはない。そしてマイバスケットを超えてここ

で途方にくれる。そしてようやく右深く奥にトイレを発見。すげー探したぜ。おばちゃん、こんなに分かりにくいトイレはちゃんと説明してね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.