B級孤独のグルメ

クリーミーな豚白湯ラーメンが美味しい!浅草橋の「ろく月」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

浅草橋のラーメン店と言えば、何度も紹介している「饗 くろ喜」という素晴らしい店があるが、他にも名店がようだ。今回行った「ろく月」は感動モノの素晴らしさだった。

 

浅草よりも秋葉原に近い浅草橋。よく利用するようになったが、地理にはうとい。今回の「ろく月も」駅から5分以内だが、少し迷いながら発見。
IMG_8508
「ろく月」は車通りの多い道から離れたところにひっそりとあった。「豚白湯」というのれんが目につく。

中に入ると小型の自動販売機があった。左上の法則に従い「特製 豚白湯ラーメン」を注文。「豚白湯」と言えば、九州のとんこつラーメンらど正にそうだが、わざわざ銘打っているということはそれとは違うものなのだろう。
IMG_8509
時刻は平日の19時ころ。先客が帰ったところで客はゼロだった。

こういうこだわりを読むのも楽しいものだ。それにしても、すごいな。かえしは昆布だけでなく、蛤、干し椎茸、スルメまで使っているのか。
IMG_8511
テーブルの上には大好きなゴマがある。それも金ゴマですか。

お客さんが少しづつ入ってきてあっという間に半分くらい埋まる。そして、
IMG_8513
ビジュアルが美しい!
IMG_8516
アスパラガスなげー。
IMG_8515
ねぎも美味しそうだ。

まずはスープをすすってみる。

おおっ。本当にクリーミーだ。恐らくほとんどの人がそう感じるはずだ。しかし奥が深いのは先ほどの「かえし」のせいだろう。本当に美味いな。

麺はストレートの細麺。スープによく絡む。
IMG_8517
見た目が只者ではなさそうなチャーシューはほんとうに只者ではなかった。肉厚で歯ごたえもあるのに柔らかいという。どうやって作っているんだろうね。
IMG_8518
卵から
IMG_8519
ヤングコーン、先ほどのアスパラガスやネギに至るまでどれも一手間かけた感じで、丁寧な作り。美味い。
IMG_8520
麺の拡大図。
IMG_8521
最後はゴマをたっぷりかけて、
IMG_8522
スープも全て頂きました。

深いスープに手間のかかった具材。これで化学調味料は使っていないらしい。本当に素晴らしいラーメンだった。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2016 All Rights Reserved.