B級孤独のグルメ

黄金色のスープが美しい高田馬場の「鶏そば 三歩一」で濃厚鶏そば

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

馬場でラーメンは約10年ぶり現在はラーメン激戦区と呼ばれているらしい。

高田馬場は学生時代はそれなりに縁のある町だった。

ただ当時はラーメンの不毛地帯とまではいかないもののあまり充実はしていなかった。

よく行ったのはえぞ菊で、ここのヤングラーメンを食べるのが楽しみだった。

当時のえぞ菊は700~800円が中心の価格帯でかなり高めだったがヤングラーメンはラーメン大盛りで全ての具材が大盛りで1,000円。

今より2倍食欲があったが、十二分にお腹がいっぱいになった。現在なら食べきれない量だ。

ラーメンの味も当時の基準ではかなり美味しい方だった。

ただ、ここは頑ななまでに味を変えないスタイルのため、ラーメンの新しい波に飲み込まれたのか、馬場のえぞ菊はもう営業していないようである。

その後高田馬場のラーメンといえば、麺屋武蔵 鷹さっぽろ純連にたまに行くという感じだった。純連は特に美味しかった印象があるが現在は閉店しているらしい。

ということでこの日久しぶりに高田馬場に立ち寄りラーメンを食べたい気分だったがあてはまるでなかった。

いや、4月の深夜にやっていた激戦区!頂上めしGP ラーメン激戦区・高田馬場人気No.1店で1位になったらぁ麺やまぐちには行ってみたいのだが、駅からかなり歩くらしい。

ということでスマホ片手に近場で店を探す。

鶏そば三歩一駅から3分くらい食べログ3.59。RDB(ラーメンデータベース)93.3。どちらも高得点でいわゆる外しようのない店に思えた。

さて注文した濃厚鶏そば黄金色のスープが美しい。鶏の旨味が全快でトロリとした食感も良く実力店を実感する。

しかし極細麺がスープと全然からまない。先日の赤のれんの麺とスープの絡み方とは対照的だ。

塩分の少ない鶏チャーシューもスープと絡まない

それぞれ別に食べると美味いのだが。

あえて塩分を極端に落とすのはそうやって女性層を取り込もうとしているのか?

旨みを犠牲にしてまでそうするのはやりすぎな感じ。正直個人的にはかなり物足りなさが残った

IMG_2941

IMG_2945

IMG_2947

IMG_2950

IMG_2951

IMG_2952

IMG_2943

IMG_2953 

鶏そば 三歩一ラーメン / 高田馬場駅西早稲田駅学習院下駅)夜総合点★★★☆☆ 3.0

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.