B級孤独のグルメ

池袋を代表するラーメンの名店!「志奈そば 田なか」で鯵ニボそば

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

「志奈そば 田なか」は池袋・大塚を代表するラーメン店。今回が初訪問。

看板メニューの鯵ニボそばは極めて独創的だった。スープがとろっとろなのに驚く。鯵のスープがとろとろなんて。

このとろみの正体は昆布らしいが未知の味わい。スープの味が複雑極まりない。素材は聞かないととても分からない。説明書きに詳しく書かれてあったが。

スープ全体は指揮者がタクトを振って個性的な具材を同じ方向を向かせているためバランスにブレがない。すごい技だ。よく出来ている。いや、驚いた。

しかし技術の凄さに感動したのは確かだが、もっとシンプルなスープの方が自分好みかも。


池袋というのより大塚の方が近いのか。池袋駅東口からサンシャインの裏から更に5分くらい歩いたところに志奈そば 田なか店はあった。

一部の人を除いて家が近所という人は稀であろう。人気店は人通りのないところに人通りを作ると言われているが、この立地条件の悪さというか迷路感は東京でも指折りだろう。

業界最高権威TRYか。何をもって最高権威なのかようわからん、というか自分で言うことか?まあ良いか。

それでも1位や2位の店はだいたいすごい。

左上の法則に従い得のせ田なか鯵ニボそば醤油を注文。

鯵ニボそばのスープは千葉の海をイメージして作りましたとある。海藻の廻りを鯵 鰯が泳ぎ回っているイメージ。なるほどであるが、それをラーメンにするという発想がすごい。

場所は不便だが顧客に対する気配りは良い。たまにしか来れない人にとってランキングの存在は嬉しい。

ただどれも鯵ニボ関連だな。

ほぼ毎日のように限定があるようだ。特に気になったのが南房総RED(勝浦タンタン麺)と 蛤潮そば。

こういう店が常連を作るね。そして

得のせ 田なか 鯵ニボそば醤油@志奈そば 田なか


見るからに複雑なスープだが、飲んでみても複雑。重層的なスープという言葉があるが、これはかなりの重層だ。

しかもとろっとろだ。なんじゃこれ?思わず先程の説明書きを見直してとろとろの正体が昆布らしいことを知る。

更にピリ辛。それでも後味はしかりと鯵の煮干。わけわからん。

少なくとも自分は初めて経験する味だった。

これだけクセの強い輩が揃うと全体的な方向性を失いがちだが、バランスが素晴らしく全体の統一感はある。なんか豪腕の指揮者が全体をうまくまとめあげている感じ。

スープの印象が強すぎて麺や他の具材の詳細をあまり覚えていない。

レベルが高かったことだけは記憶にあるが。

スープだけでこれだけ感じさせてくれるラーメンは滅多にない。

最近は池袋を経由する仕事が出来たので、志奈そば 田なかには通ってみようと思う。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.