B級孤独のグルメ

台湾料理の名店 御徒町の「新竹」で魯肉飯

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

新竹は御徒町にある台湾料理の有名店。本場を知らない自分でも台湾の本場料理を感じさせてくれる店であった。

台湾には一度ツアーで台湾一周旅行をしたことがあるが、台湾現地の料理についてはほとんど分からない。皆さんと同じように小籠包くらいしか分からない

ただ台北の屋台街を歩いた際見たこともないような料理だけでなく、嗅いだことのない匂いもたくさんあった。台湾料理の奥の深さは漠然と感じることができた。

一般的に日本の台湾料理屋は日本人向けにアレンジしているので、台湾料理屋と普通の中華料理屋との違いがわかりづらい。しかし「新竹」の料理は自分の見慣れた料理ではなかった

まず前菜の甘い風味の台湾ソーセージ(腸詰め)が独特。そして砂肝の醤油煮なども食感が独特。最初は本能的に美味しいとは思わないのだが、直に美味しく感じるようになるから不思議だ。

そして八つ橋?シナモン?の香りと共にやってきた魯肉飯は味もクセがすごい。ただこれも最初は本能的に美味しいとは思わなかったが、直に美味しく感じるようになった。

ちなみに次の写真は飯田橋の名店膳楽房で食べた魯肉飯
IMG_1210
魯肉飯@膳楽房

日本人が作るとかくも上品な感じになるのだ。食べやすかった。

もちろん日本人向けにアレンジされた中華も大好きだが、本場台湾料理への好奇心が止まらない台湾へは近いうちにグルメツアーをしたいが、しばらくはで御徒町の「新竹」で現地感を味わいたい

IMG_0999

IMG_1001

IMG_1002
台湾ビールはアジアのビール中ではかなりお気に入り。
IMG_1003
ピータン台湾ソーセージ砂肝の醤油煮。この中でも馴染みのある味はピータンのみ。
IMG_1004

IMG_1005

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.