B級孤独のグルメ

人生で一番通ったとんかつ屋 蒲田の「鈴文」でとんかつ定食

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

今でこそ蒲田に行くことは少なくなったが、自分のサラリーマン時代の晩年は蒲田に事業所があり、また行きつけの将棋道場が蒲田にあったことから蒲田中心に社交が回っていたこともあった。

当時、一番通った店が、今回の「鈴文」。蒲田が縁遠くなってからも「鈴文」には行っていたのだが、有力な筋から味が落ちたとの情報を聞き、少し足が遠のいていた。

しかし、前回ランチを食べた所、昔の「鈴文」の味だった。そして、今回夜も昔の「鈴文」の味で安心した。

実は今日の第一候補は「鈴文」ではなかった。
IMG_2688
第一候補は行きつけの美容師さんお勧めの「つけ麺宮元」。

何だ、この時間変更。。夜やってないじゃん。そして蓮沼の方へ歩き、これも行ってみたかった
IMG_2691
「にそう」。昼間しかやっていないのか。汗。

蒲田と蓮沼を往復し、便りは勝手知ったる店しかなかった。
IMG_2692
土曜の夜18:30頃。よく見ると少し離れて待っている人がいた。
IMG_2693
5分くらい待って入店。いつものようにとんかつ定食を注文。
IMG_2694
この時間は家族連れが目立つ。そしてお手伝いさんが増えてる。3人くらいいたようだ。かなり仕切る人もいた。以前の鈴文では考えられない。この場所に移る前は親父さんが1人の時代もあった。

満員の客の分を作っているせいか、いつもよりも待たされた気もしたが、本を読んでいたのであまり気にならなかった。そして、
IMG_2695
昔から変わらぬ生姜の入った豚汁はぬるめ。夏だからか。自分は季節に関係なくアツアツが好きだが。
IMG_2696
そして、見慣れたとんかつがやってきた。
IMG_2697
外見は生焼け感あり。肉厚で、ジューシー。肉を食べている感がすごくする美味しいとんかつは健在だった。
IMG_2698
サクサクだがソースでグチャっとなる。この感じが好きだ。頼めば出てくるかもしれないが、この店では卓上に塩はない。

そして、このとんかつ「檍」のとんかつに似てるよな。これもSPF無菌豚というやつなのだろうか?

以前と変わらぬ味で安心。ただし少し疑問が残る。「味が落ちた」と自分に教えてくれた人はかなりの食通なのだ。

蒲田勤務でたまに「鈴文」に行くという友人のQちゃんにこの辺の事情を尋ねてみると、「基本的には美味いが、ムラがある」とのこと。なるほど、今はそういう感じなのかな。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2016 All Rights Reserved.