B級孤独のグルメ

往年の味に戻った?池袋「屯ちん本店」の東京とんこつラーメンがウマウマだった

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

若い頃よく通った池袋の屯ちん最近味が落ちたと嘆いた記事を書いたのは2年前。
IMG_4097
「屯ちん」 池袋本店 東京とんこつラーメン

 今でこそ東京中うまいラーメン屋ばかりだが、学生の頃はその数は少なかった。特に池袋は有名な大勝軒はあったものの、ラーメンの不毛地帯ではないか?と思っていた

そんな中できた屯ちん東京とんこつを謳う背脂たっぷりのラーメンは豚の旨みにあふれ後味は意外にさっぱり。

しかも麺とよく絡む自家製の縮れ麺は大盛りにしても無料

最近でこそ特につけ麺店では大盛り無料は普通に見かけるものの、普通のラーメンで大盛り無料を始めた有名店としては屯ちんがはしりだったと思う。

そんな店なので池袋東口の本店は、通りから少し奥にある目立たぬ立地にも関わらず一日中行列があったものだ。

池袋に他に用事がないのに屯ちんを食べるためだけに池袋に行ったことさえあった。

しかし、最初に異変を感じたのは屯ちんの川崎のモアーズ店

あの美味しい屯ちんのレベルではなかった。

非常に微妙な差なのだが、明らからに以前池袋本店で食べたもとは違う

川崎ではその後2度ほど食べたが印象が変わらなかった。

そして2年前に意を決してあの味が残っているかを確かめるために屯ちん本店に行く。

そこで味が大きく落ちていたのに衝撃を受けたとうのが前回の記事

それでも久しぶりに屯ちんに行きたくなった。この日は少し涼しかったこともあり池袋東口から歩いていく。

ただ正直なところあまり期待していなかった

そして店の前には焼豚の混ぜごはんが無料ののぼりが。

人が来なくなるとこういうことするんだよな。
更に期待値が低くなる。

店は半分ほどの入り。期待のなさを反映して食券も一番安い東京とんこつラーメン680円を注文。無料の焼豚混ぜごはんは当然頂くことに。

しかし久しぶりの屯ちんは予想に反して美味い、美味い、ウマウマ。

サラッとしていながら濃厚感もあるという矛盾感のあるスープが絶妙のバランス。これが軽い食感の縮れ麺と合う。昔の美味い屯ちんそのものでないの。

無料の混ぜご飯も美味い。最後は雑炊風にしてみた。

久しぶりの屯ちんは昔の感動レベルだった。たまたまなのか、それとも客足が遠のき原点に帰ったのか?それを確認するためにも再訪しようと思う。

IMG_4083

IMG_4097

IMG_4096

IMG_4095

IMG_4086

IMG_4087

IMG_4088

IMG_4089

IMG_4093

IMG_4094

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.