B級孤独のグルメ

ニュー新橋ビルの名店「とんかつ 明石」でロースカツ丼

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

堅気のサラリーマンだった頃、新橋に3年勤務したこともあってサラリーマンの聖地と言われる駅前のニュー新橋ビルはそれなり馴染みもあるのだが、圧倒的に未知なところが多い。

特に飲食店以外は。

そのB級感が漂う店が並ぶ中、ニュー新橋ビルの四階というアクセスが悪い階にありながらいつも行列の絶えないとんかつの人気店がある。

とんかつ明石あかいしである。

見るからにとんかつ職人という感じのベテラン職人が揚げるかつは、かつの質はもちろんのこと技でも違いを見せている

今回食べたロースカツ丼 はまさに職人芸。バランスが素晴らしい。卵の調理が何気ない感じなのに絶妙で豚カツの相棒として最高。

かつ丼1,450円はやや高いようだが、具材も量もたっぷりな豚汁が美味。

しかもキャベツが食べ放題で今回もお代わりした。全体的にみるとコスパも決して悪くないと思う。

ロースかつ丼とひれかつ丼は同一料金。

キャベツは本当にシャキシャキで、お代わりできるのが嬉しい。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.