B級孤独のグルメ

なんとラーメンにステーキのトッピング!新小岩の「ラーメン燈郎」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

一燈グループの人気の秘密を考える

日曜の夕方に新小岩の駅周辺を巡る。

と言っても自分がこの町で知っているのは食べログでラーメン日本一の得点を誇る名店麺屋一燈系列店のみ。

この日は本家「一燈」は大混雑、「つけ麺一燈」は中混雑、「ラーメン燈郎」は小混雑という感じだったので、燈郎に入ることにした。

ところで一燈の系列はどうしてこんなに人気があるのか少し考えてみた。美味しいのはもちろんだが、お得感を感じるのが一燈グループの特長ではないだろうか?

例えば本家麺屋一燈の特製つけ麺の3色チャーシュー。1,000円程度でここまでしてくれるのがすごい。おまけに調理法は手が込んでいるので味も絶品ときている。

一燈の贅沢なつけ麺

 

ただ最近の人気のあるラーメン店は一燈に限らず、お得感を感じさせてくれる店が多い

提供する側からするがコストがかさむと思うが、提供される側からするとまた行きたくなる。何度も行きたくなる。

かくして、美味しいお得なラーメンを提供する店は行列が絶えないという分かりやすい図式が成り立つ。一燈グループは正にその典型と思う。

燈郎のステーキラーメン

さて、ラーメン燈郎。1回目はステーキがのったラーメンをTwitterで見て気になり訪問。

ステーキは100gで300円とやはりお得感があった。

黒胡椒の効いた柔らかく美味しいステーキだった。

野菜増しにできること、食べて腹いっぱいになることはラーメン二郎だが。

スープは魚介強めのドロドロでオリジナリティがあった。味わいたくなるスープである。

そして流石の一燈グループで麺が美味。

ここまで本家と違うインスパイア系は初めて。全体的な完成度が高い!

通いたくなる店だと思った。

そして約二週間後に2回目の訪問。

燈郎のカレーラーメン


カレーらーめん チーズトッピング@ラーメン燈郎 新小岩

驚いたのはチーズトッピング。+100円なのでたいした量ではないだろうと思っていたが、

このボリューム! ここでもお得感を感じる。

カレーはカレーのスパイスがばっちり効いておりスープがかなり本格的。安定の太麺も美味しいし、たチーズトッピングとの相性もバッチリ。

満腹になった。満足。この店の欠点は太りそうなことくらい思い浮かばない。

 

ラーメン燈郎ラーメン / 新小岩駅)夜総合点★★★☆☆ 3.7

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.