B級孤独のグルメ

完成度の高いなぁ! 小川町「成都正宗担々麺 つじ田」正宗担々麺

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

つじ田の坦々麺専門店に初来店。全てが計算し尽くされた感じで美味しかった。

スープは唐辛子の辛い部分とクリーミーな部分を別々に楽しむこともでき辛さを上手く調整できる。また肉味噌、ピーナッツ、ネギなどの脇役も優秀で総じて完成度が高いと思った。

小川町から5分くらい歩いたところに「成都正宗担々麺 つじ田」はあった。神保町から歩いてもそんなに変わらない距離だと思う。
IMG_7835
以前はこれもつじ田系列の「ぱんだ」という店があった所だ。

時刻は平日の13時ころで先客6名ほどだった。
IMG_7837
成都と正宗。違いはよく分からない。何れ両方食べることになると思うが、今日は正宗式にしよう。
IMG_7838
辛さと痺れは今日はLevel3で様子見。まあだいたいこれくらいが自分の限界ではあるのだが。
IMG_7841
中に入っても少し待ちがあった。立派な唐辛子が飾ってある。これも最近よく見かけるようになった光景だ。そういえば一昨日行ったカレーの「スパイスボックス」 にもあったな。
IMG_7842
食券を購入。正宗担々麺を少麻婆丼セットにする。かなりお腹が空いていたのと麻婆丼も食べてみたかったのだ。
IMG_7844
ようやく座れた。カウンターは数えたところ12席ほど。紙エプロンも用意されていた。調理場は男性2人でリズミカルに仕事をしている。
IMG_7846
そして少し待って、
IMG_7848
着丼。
IMG_7847
スープの色に濃淡があるのが目につく。

さて早速成都式担々麺のスープを頂く。

おおっ、クリーミーな見た目そのものので濃厚。美味い。そして赤い部分を飲むとこちらは唐辛子が効いている。上手く辛さを調整できる感じが面白い。
IMG_7854
そしてピーナッツ、ねぎ、肉味噌などが良い塩梅。具材が計算しつくされた感じでバランス良し。そして麺、細めのストレート麺だが、よくスープに絡んでいる。これは美味いわ。
IMG_7850
そして少し遅れて麻婆丼もやってきた。こちらは小ぶりな感じだ。

麻婆豆腐は味噌を感じる。あまり辛くなくまろやかな感じで食べやすい。ただ本当に量は少なめであっという間に食べきる。
IMG_7857
担々麺は完成度が高く美味しかった。今度は近いうちに成都式にも汁なし担々麺にも挑戦してみたいと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.