B級孤独のグルメ

青森シャモロックが美味すぎる!大井町「和渦」の特製醤油

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

最近は和渦に行くことが本当に多い。

一番の理由は本ブログで何度も書いたように今年の和渦が本当に覚醒したというくらい美味しくなったことだと思う。

2017年も遠征して名だたる有名店に通った。もちろん美味しいラーメンを食べられるけど、はっきりと和渦より美味しいな感じることがほとんどなくなった。

なので、相変わらず仕事で東京や近隣県を毎日のように出回っているけど、最近は遠征先でラーメン店を探すよりも地元に帰ってに和渦に行くことが増えた。

そして二番目の理由が、鶏ラーメンの美味しさが何か自分の心をゆさぶるソウルフードみたいになったこと。

最近、豚骨ラーメンの美味しさが何か単調なものに感じるのだ。

さて、2017年の大晦日に和渦に行く。昨年はお正月も営業したようだが、今年は店主の高橋さんは久しぶりに故郷の青森に帰郷するらしい。よってこの日が最終日である。

そして、極上の鶏ラーメンができたという情報をTwitterで得ていた。これは行くしかない。
IMG_8451

IMG_8452
そして、今年の和渦は三位一体をはじめ様々な限定で楽しませてもらったが、最後は青森シャモロックの醤油のみ。

ブランド鶏として名高い青森シャモロック。和渦は名古屋コーチンや伊達鶏など日本全国の有名な鶏を使っているだが、店主の故郷でもある青森のシャモロックは店主が高く評価するものの一つである。

そして、この年末はあまりにも良いスープが取れたので限定で使うのが勿体無いとこれ一本に絞ったらしい。

その情報を得たのでこの日はどうしても食べておきたかった。
IMG_8453
すっかり見慣れたフェースだが、なんと美しいことか。
IMG_8454

IMG_8455
そしてスープ1杯で悟る。濃厚。深い。あー、美味しい。

同じブランド鶏でも、全部同じであろうがずがないが、今回は特に出来の良い鶏だったようだ。そして、それを贅沢に使っているのも違いを生む。
IMG_8456

IMG_8457

IMG_8458

IMG_8459

IMG_8460

IMG_8461

IMG_8462
そして、最近で凝っているのが奥久慈卵の卵ごはん(10円)。単なる卵ご飯と言うでなかれ。これが、メチャ美味しい。
IMG_8464
スープを入れると極上の卵スープ飯。

来年の和渦も新しいメニューで楽しませてくれると思うし、楽しみたいとも思うが今のところこのシンプルな鶏のスープが一番心にしみるなぁ。

   にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.