B級孤独のグルメ

おまけ?の刺身が肉厚!新橋で行列の絶えない「和楽」でえび唐ランチ

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

新橋の超人気店「和楽」とは?

新橋の象徴?烏森神社からほど近い裏路地にある人気店です。

店の看板の横に「魚の旨い店」というコピーが見えます。そう和楽は魚介料理を中心とした和食店です。

この写真は行列のない時間に撮ったものですが、昼時はたいてい行列があります。和楽はランチ超激戦区新橋を代表する人気店。その事実だけでも良店であることが分かります。

新橋はコスパにうるさいサラリーマン層がメインのため、東京屈指のコスパに優れた町、あるいは東京屈指の生き残りが大変な町と言われています。

いわば飲食店経営者には鬼門とも言える場所ですが、顧客が多いのは魅力的なのか新規参入は後を絶ちません。その割にはメンバーがあまり変わらないのも新橋。生半可な覚悟ではすぐにはじき出されてしまいます。

今回の和楽は激戦区をたくましく生き延びているベテランの風格と貫禄があります。食べログの評価は3.59 (2018 7.10現在)と高得点。

少し驚くのが食べログに書かれた予算の欄。昼の¥1,000~¥1,999は分かりますが、夜は¥8,000~¥9,999!高級店だったのですね。夜は行ったことがないのですが少し驚きです。

というのも、こちらの和楽とにかく狭い!です。店内作りも安っぽい(失礼)感じ。

混んでいるせいかサービスはガサツなこともあり、和楽は安くて美味いランチをたらふく食べられればそれで良しな人にお勧めしたいです。

新橋和楽のランチ 人気の秘密は?


エビフライ、刺身、さば塩焼きなど普通のメニューもたくさんあるのですが、和楽の人気の秘密は和楽ランチなどセットメニューに隠されています。

どこが?という感じでしょうが良く見て下さい。

「刺身または冷奴付」とあります。なんだ冷奴と並べるくらいだから刺身はほんの一口、ではないのです。

おまけ?の刺身はそれだけで刺身定食にしても良いくらいのボリュームがあります

冷奴も大好きな自分ですが、流石にこの二択では冷奴を選べません。頼んでいる人がいたらどんな冷奴か見てみたいものですが、見たことはありません。これだけ一択感の漂う二択も珍しいな。

当日食べたえび唐定食

和楽はカキフライも有名なのですが、昔ならがの店?らしく冬季限定です。

IMG_7182

牡蠣ランチ@和楽

 

牡蠣フライはものすごく大ぶりな上に、揚げ方も最高で美味いのですが、ないものは仕方ありません。

よって、今回はえび唐ランチ1,000円を注文します。(冬季はえびかきランチなるものもあります)

時刻は13時すぎ。行列こそあったものの、店内の混雑はピークを過ぎていたせいかこの日のサービスは殺気立ってはいませんでした。奥の座敷に相席だったものの、隣は空席だったので少し余裕があります。

そして、最初におまけの刺身が大量に運ばれてきます。周りの人たちは皆それぞれ違う注文だったはずですが、刺身は皆頼んでいたのですね。

まじか?カツオが肉厚!!!しかも脂が良い感じのっていて美味しいです。

そしてメインの海老フライ+唐揚げです。頼んでもいないのにおまけにイカのフライまでついています。

エビフライは胡椒をまぶしたような独特の味付け。プリプリして美味しいです。大ぶりなものが二匹なのは嬉しいですね。

唐揚げもでかいんですが。。ジューシーで味も最高です。

いやぁ、最高でした。たまに刺身はハズレる事もあるのですが、この日のカツオは美味しかった!味噌汁も良い出汁が効いていてすごく美味しい。

これからも和楽には末永く通うことになりそうな気がします。1,000円でこの内容はさすが新橋ですねー。

和楽魚介・海鮮料理 / 新橋駅内幸町駅汐留駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.8

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.