B級孤独のグルメ

アメ横近くにもオープン 御徒町「焼きあご塩らー麺 たかはし」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

「2016年 しげPが選ぶ感動!レストラン ラーメン編」でも紹介した新宿「焼きあご塩らー麺  たかはし」の二号店は上野のアメ横近く。

相変わらず上品なあごのスープが美味い。ただ魚ならではの力強さも感じる。太めの縮れ麺との相性良し。チャーシュー丼もあっさりした感じで美味かった。

 

アメ横はメイン通りから少しでもそれると小さな路地裏がたくさんあるが、そんな一角に「焼きあご塩らー麺  たかはし」 はあった。明らかに御徒町からの方が近い場所である。駅から2分くらいか。
IMG_8893
西武新宿駅の近くにありながら洗練された雰囲気を醸し出してる「たかはし」。二号店が御徒町というのも意表だが、あえてオシャレな町を選んでいないのかな。
IMG_8916
これはポスターではなく、液晶ディスプレイ。
IMG_8914
動きがあるから目につきやすい。これもアイデアだな。
IMG_8894

IMG_8895
かなり空腹なので丼物も注文。チャーシュー丼にするかな。

コの字型のテーブルに座る。先客は数人。昼の2時頃なので日頃はどうか分からないが新宿店の行列と比べると空いているのに少し意表をつかれる。

店に焼きあごの匂いが漂っているのは新宿と同じ。正確に言うと魚が焼けた匂い。
IMG_8897
カウンターに置かれた美味しい召し上がり方では英語の表記もあった。レベル的には機械翻訳よりややマシな程度で明らかに文法違いがいくつも見つかる。ネイティブの仕事ではない。

こういうチェックをするのは英語講師の職業病か。ただ最近は間違いなくネイティブが書いた英語のメニュー、説明書きを置いている店も増えてきている。

調理をしながらもよく店員同士で他愛のないことを喋りあっている。キチンと作ってくれさえすれば別に構わないけど珍しい。

そして先に、
IMG_8900
チャーシュー丼が。見た目よりも脂身が少ない。バーナーで脂を落とすとかしてるのかな?甘めに味付けしてあり大根おろしものっている。美味。そして、
IMG_8906
立派な器に焼あご塩ラーメンが登場。独特のスープの色も含め見た感じは新宿と同じ。
IMG_8912
スープもシンプルなのに、後から強い旨味を感じるところもほぼ新宿と同じか。微妙うに甘みもある。しかし、味の強い魚だと思うが、よくここまでうまくクセを消せるものだ。それとも最初からクセがそこまででないのか。
IMG_8908
中太の縮れ麺。
IMG_8907
チャーシューに至るまで
IMG_8911
無難な仕上がりで美味しかった。

ただすごく感覚的なことを言えば新宿より少し劣るような気もするが、一回だけだと誤差の範囲だろう。御徒町はよく行く街だしたまに寄らせてもらうことになると思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.