B級孤独のグルメ

大ぶりのうなどんがリーズナブル!大崎広小路の「うなぎ料理 よね山」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

新聞で読む限り今年のうなぎは昨年より安いはずだが、それでも相変わらず高い。

最近昼に青物横丁の超庶民的な店構えの有名店「丸富」に行ってみた。

普通のうな丼、お椀なし、漬物なしが2,200円!店に入ることはなかった。

「丸富」のうな丼が2,000円になった時も愕然としたが、この値段では近寄れない。

 大井町のうなぎも美味しいけど接客がなんか高圧的な「三代目 むら上」には行きたくないし、今年はうなぎを食べなくても良いかと思っていた。

しかしTwitterで素晴らしい写真を見た。五反田のよね山のうなぎ。かなりの大きさでインパクトがあった。

この写真が忘れられず数日後よね山に向かう。

 

よね山五反田にあったと思っていた。かなり昔に行ったことがあるような気がしたが、店舗を移転したらしく大崎広小路駅のほど近くにあった。

一番安いうな丼を頼む。1,900円。絶対的には間違いなく高いが、客観的には安い気がする。

ただこの店でも高いメニューが多く、この値段だとしょぼい鰻が出てくるのではという不安もあった

不安は杞憂だったランチのうな丼でもこのボリューム

ふっくらとした焼き加減も絶妙。 これより上のレベルがあること位は知っているけど、これ以上は払えない。

手の届く範囲での最高のうな丼だった。

鰻は高騰してすっかり高嶺の花になったが、この値段ならたまには食べに来よう。

老店主とその家族?が楽しそうに話しながら調理をしていて、接客も感じの良いものだった。

うなぎ料理 よね山うなぎ / 大崎広小路駅五反田駅大崎駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.