B級孤独のグルメ

大井町ランチナンバーワン!「銭場精肉店」の黒毛和牛ハンバーグ

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

大井町の「銭場精肉店」以前にブログの大井町ランチランキングで1位に選んだ店。

久しぶりの訪問だったが相変わらず激ウマ。和牛を使った表面はカリカリながら中は生焼け風のしっとりとしたハンバーグは絶品。

サービスもとても良く、やや分かりづらい二階にあるのに最近混んでいて入れないことが多いのも納得。

 

二階にある店はえてして入りにくいもの。
IMG_8859
まずまず自分は常連の「銭場精肉店」でも良い店と分かっていても少し入りにくい。
IMG_8860
その気持を強くしているのはこの階段。最近はこの先に行列があることもあるのだ。

しかしこの日は平日の13時半だったので何とか入れる。それでも8割くらいの席は埋まっていた。
IMG_8861
今日は初心に戻ってハンバーグのミディアムサイズ。最近そこそこ食べ歩いているので、銭場精肉店に対する自分の評価が変わっていないかを確認したかった。
IMG_8866
定番のニンニクチップがのった大根サラダ。
IMG_8864
野菜のコンソメスープ。

どちらも素朴に美味しい。そして、
IMG_8865
ハンバーグの特製の玉ねぎソースと、ご飯が先に来た。
IMG_8868
ご飯は注文時に普通盛りにしてもらった。大盛りも無料なので確認されたのだが、ここで持ってきた際も「この量でよろしかったですか」と確認される。ここの店長の気配りは、この件だけでなく以前から変わらず素晴らしい。

そしてハンバーグが運ばれ半分に切ってくれる。半分ソースをかけてくれた状態で写真を撮ろうとするも、アツアツなので曇ってしまうが、
IMG_8870
なんとか撮影。

まだ生焼けの状態。このままで十分に食べられるが、
IMG_8874
ポテトを頂くと、こちらも揚げたてで熱い。
IMG_8877
そしてハンバーグは外がカリカリに焼けているが、中が生焼け風のジューシーで和牛の美味しさを感じる。
IMG_8879
ブロッコリーは少し経ってから食べた方が水分が抜けて良い感じに なる。そしてハンバーグの残り半分は、
IMG_8869
岩塩と胡椒で。
IMG_8880
ソースも玉ねぎたっぷりで絶妙だが、単純な塩でもハンバーグの良さが際立つ。

「銭場精肉店」のハンバーグは以前と変わらず絶品だった。この店はテレビなどにはあまり出ていないような気がするが、そういうことがあったらとんでもなく混みそうなので、今のままでいて欲しいと思う。

「銭場精肉店」ハンバーグは都内の有名店と較べても遜色ないレベルの店だと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.