B級孤独のグルメ

【セブン限定】「中華そばとみ田」の二郎系豚ラーメンを食べた率直な感想

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

日本一のラーメン 中華そばとみ田

ラーメン通ばかりか、そうでない人も知っていて現在日本一有名なラーメン店と思われる松戸の「中華そば とみ田」

日本一有名なのは主観だけでなく客観的なデータもそれを裏付けています。

ラーメンオタク (ラオタ)にとっては「食べログ」よりも全然信頼されているレビューサイト、ラーメンデータベース (RDB)。

「中華そばとみ田」の点数は驚異の99.750! (2020.04.15現在) でも日本一。レビュー数も1,888!もあり、これもおそらく日本一です。

弊ブログでは、松戸本店こそ未訪問なものの、東京初進出となった東京駅KITTEのラーメン激戦区の「とみ田麺絆」と松戸テラスモールにできた「松戸富田麺桜」について詳細に報告しています。

さて、その「とみ田」ですが、最近ではセブンイレブンとのコラボが目に付きます。

弊ブログでは前回は「中華蕎麦 とみ田 濃厚魚介豚骨 つけめん」をレポートしました。

これはレベルが高かった。冷凍食品の良さが出ていてスープも麺もレベルが高かった。430円はお値打ちだと思います。

今回は同様にすごく話題になっているラーメン二郎風の「中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」です。

「とみ田」はつけ麺と中華そばがメインで本店では二郎風のラーメンは出していないはず。

ただ「とみ田」の系列店は多数あり、そこで限定的に二郎系ラーメンを出している事はあり得ると思われます。少なくとも経験値がないとうことはなさそう。

例えば「とみ田」と店主同士が修行先が同じで深い関わりのある小岩の「麺屋一燈」は「ラーメン燈郎」というラーメン二郎インスパイア系の店を出しているほどです。

さて「中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」は冷凍食品でなくレンジで温めるだけ。冷凍食品では無理と思わるもやしなどもついています。

値段も強気で約600円ほど。

ちなみに現在は休業中ですが三田の「ラーメン二郎本店」のラーメンは600円です。実店舗の変わらない値段じゃん!

この値段は自信の現れ。確かラーメンYouTuberのSUSURUさんも高評価だったはず。ということでかなり期待値が高かったのですが。

 

 

セブンイレブンから発売中の「中華蕎麦 とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」の概要

商品についてはセブイレブンのホームページから引用させてもいらいます。

中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン

550円 (税込594円)

「中華蕎麦とみ田」監修の豚骨醤油ラーメンです。豚脂、にんにく、もやし、キャベツ、チャーシューを具材にしました。麺は、硬く太めのちぢれ麺を使用しました。

ワシワシ食べるという日頃はあまり使わないものの二郎系のラーメンにはよく使われる言葉を使っているのが面白い。

豚脂、にんにく、もやし、キャベツ、チャーシューで麺は硬く太めのちぢれ麺。まさに二郎です。

実は「中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」はまだ発売されているかどうは不明でした。

というのもセブイレブンには良く行くのですが、いつも行くのはスポーツクラブ帰りの午後10時頃。その時間にはまず目にすることはなかったからです。

しかしコロナのせいでスポーツクラブは休業。最近は昼間にセブンイレブンに行く機会が増えました。

昼間は各店舗とも普通に豚ラーメンは売られていました。

たくさんあるじゃん!なんだ、自分の行く時間で目にしなかっただけか。

「中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」に関しては毎日たくさん入荷されるもののすぐに売り切れてしまう人気商品という理解で良いのかな?

しかもこの日は30円引きで約570円で入手することができました。

 

 

セブンイレブン「中華蕎麦 とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」商品の中身、調理

さて、手にした瞬間から分かってはいたのですが、結構重いです。

とみ田の冷凍つけ麺の2倍くらいあるような感じです。

表面には「中華蕎麦とみ田監修 豚ラーメン ワシワシ麺 野菜マシ 豚マシ アブラニンニク玉マシ」と書かれています。ラベルはもちろん二郎カラーである黄色。

裏に作り方があります。

なんと電子レンジだけ。

500W 7分半、1500W 2分半とあります。

1500Wとかいう出力の電子レンジもあるのか。我が家はオーブンレンジで500Wしか設定できないので7分半待つことにします。

ただ日頃は「あたため」機能以外で電子レンジを使うことはないので少し不安になります。

というのも匂いもしないし途中で調理できているかが全然分からないからです。

それでも7分半待ってからレンジを空けるともちろん器は熱くなっています。そして封をあけるとなんとも良いスープの香りが漂います。

 

 

セブンイレブン「中華蕎麦 とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」を食べてみた

パッケージを開けます。

おおっ、もやしがどーんと。右の方にあるのがアブラニンニク玉なんでしょうか?アブラはかなり溶けています。

チャーシューも色が濃くて結構な迫力です。

少しかき混ぜてみます。

麺は見た目は極太縮れ麺の感じが出ていてかなり良い出来では?とこの時点では思ったのですが。

さて、スープから頂きます。

おおっ、こんな感じ。

豚骨醤油なのですが、魚介も入っている?と思われるマイルドな口当たりです。醤油のかえしはやや強め。

美味しいですが、純粋な二郎系ラーメンとスープとは少し違うように思いました。

そして極太麺。

あれっ、それほどコシがない。そして残念だったのは少しぱさつくこと。正直かなり見た目よりも力弱い麺です。

うまい二郎および二郎系は小麦のたくましさ、力強さを感じますがそれらが感じられません。うどん?という評価もあるようですが、それとも少し違う感じに思いました。

ただ驚いたはもやし。シャキシャキです。むしろ店舗で食べるよりも美味しいのでは?と思えるほど。

ただニンニクはそれほどパンチがありません。風味があるなという程度。

そしてチャーシュー。

厚みがありしっかり味のついたチャーシュー。柔らかくジューシーで美味しいですが、やはり店舗の作りたてのものに比べると少し落ちます。

食べ終わったスープ。

本家とは違いあまりギトギトした感じはありませんね。

ところで自分はあまり日頃コンビニ飯を食べないのですが、プラスチックの器が嫌いなこともあります。どうも美味しく感じないんですよね。(缶ビールもグラスに移し替えて飲む方)

前回のつけ麺は冷凍食品だったので器は自宅でいつも使っているもの。すごく美味しく感じたのではそれもあったかもしれません。

 

 

セブンイレブン「中華蕎麦 とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」の感想

【 セブンイレブン「中華蕎麦 とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」の感想 】

・極太のちぢれ麺に期待したが、コシがなく力弱い食感。ぱさつく感じもありかなり残念な仕上がり。

・スープは二郎系とは少し違う気もするが美味しい。チャーシューもまずまず。驚いたのはもやしでシャキシャキしていてスープによく溶け込んでいて美味しい。

・店舗と食べるのもあまり変わらない600円という値段はやや高く感じた。

・電子レンジで完結するのは無理があるのでは?特に麺は茹でた方が美味しくなりそう。ひと手間かけて美味しくなる作り方も提唱して欲しいなぁ。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.