B級孤独のグルメ

土鍋に入った熱々の濃厚カレーが激ウマ!「ホットスプーン」西新宿店

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「ホットスプーン」が大好きなワケ

カレーは大好きですが、家で作ることが多いので外食経験はそれほどでもありません。

なのでカレーのベクトルが様々な方向に伸びて多様化している現状は把握しきれていません。それでも好奇心旺盛なので様々なカレーを少しずつ試しています。

最初にスープカレーを食べた時は面食らいましたが、最近では美味しく頂けるようになりました。食べ物を受け入れるキャパは広い方なので美味しいと思えば何でもありがたく頂きます。

それでもやはり食べてホッとするカレー、心から落ち着けるカレーは昔ながらの濃厚カレーです。欧風カレーとも言うのかな?子供の頃から馴染んできたものですからね。

そんな濃厚カレーで1番好きな店が「ホットスプーン」です。

ホットスプーンの本店は五反田。2004年に開店した当初からずっと通っています。

【 ホットスプーンの店舗 2019年9月現在 】

・五反田店

・丸の内店

・新宿店

・東京ドームシティ店

そして「ホットスプーン」の店舗も今や4軒。

丸の内店に行った記事はこちら。

そして今回は新宿店に行った話です。

 

さて、ホットスプーンの美味しさの秘密は丁寧な調理にあると思っています。

ホットスプーンの牛すじ煮込みカレーのできるまで

 

壁に貼られたこのイラストを見ると、ホットスプーンのカレーがいかに手間暇かけて作られているかが分かります。

【 ホットスプーンの牛すじ煮込みカレーのできるまで 】

①牛肉と鶏ガラ、たくさんの野菜を6時間煮込みスープをとる

②30キロの玉ねぎをあめ色になるまで炒める

③12種類のスパイスと2種類のカレー粉と小麦粉をバターで7時間炒めてルーを作る

④牛すじ肉と大量の野菜を8時間煮込む

⑤全部を合わせてコトコト煮込む

欧風の濃厚カレーが旨味のベースとなるのは玉ねぎだと思います。自分も作るのでよく分かるのですが、玉ねぎをあめ色になるまで炒めるのは面倒な上、時間もかかります。

ただ、そうやって作ったカレーは本当に美味しくなります。ホットスプーンのカレーは基本に忠実にやるべき事をやって美味しいものを作り上げています。

 

 

「ホットスプーン」西新宿店の外観、メニュー、店内の雰囲気

「ホットスプーン」の西新宿店は新宿駅西口から3分くらい。駅から見てヨドバシカメラの奥といった感じの場所にあります。

本来は目立つはずの黄色の看板も店舗密集地帯ではさほど目立ちません。店舗は2階。1階はワンタン麺で有名な「広州広場」です。

また黄色い看板の下には本来目立つはずのどでかいスプーンがあります。

螺旋階段を登っていきます。

中に入ると店員さんが明るく挨拶してくれます。

平日の20時くらいで先客は数名。五反田店はいつも混んでいますが、西新宿店はそれほどでもありません。

メニューはほぼ五反田と同一。

【 ホットスプーン 西新宿店の主なメニュー (全て税別) 】

肉2倍の牛すじ煮込みカレー 960円
牛すじ野菜カレー 860円
牛すじ煮込みカレー 760円
牛すじ卵カレー 820円
牛すじ焼きチーズカレー 860円
1日分の野菜カレー 860円
インド風チキンカレー 760円
インド風チキン野菜カレー 860円
ほうれん草とチキンと玉子のカレー 860円

ご飯は並盛り(270g)、中盛(340g)、大盛(410g)が同一料金辛さはマイルド、中辛、辛口、激辛、超激辛が同一料金!です。

この日は我的イチ推しのほうれん草とチキンと玉子のカレーを中盛+辛口で注文。

席は簡素なものですが、激狭の五反田店と比べたら後ろに空間がある分広く感じます。

五反田店同様美味しい福神漬けが無料。

ただ五反田店と違ってらっきょう無料サービスはありません。

目の前で土鍋に火を入れているのが見えます。5分ほど待って、ほうれん草とチキンと玉子のカレーが運ばれてきました。

 

 

「ホットスプーン」西新宿店で頂いた物

ほうれん草とチキンと玉子のカレー

まだこの日は暑さが残っていましたが、そんなことは関係なくアツアツの土鍋に入ったカレーが登場。

ほうれん草とチキンと玉子のカレー@ホットスプーン 西新宿店

 

世の中にはルーのボリュームがしょぼい店も結構あったりしますが、ホットスプーンのルーはたっぷり。ご飯を大盛にしても困りません。

この日は中盛にしたので余裕です。

ご飯はもちろんカレーを意識した水分少なめなタイプ。

さて、頂きます。

うーん。やはり何度食べてもたまらないマイルドさ。

スパイスは効いていて辛口なんですが、ベースはやはり大量の玉ねぎを使った甘さ。それにほうれん草も加わってなんとも言えない優しい美味しさ。

更に柔らかいチキンもゴロゴロ入っていて、とろける半熟卵も実にマイルド。

ほうれん草とチキンと玉子のカレーは優しさでできています。食べるだけで癒やされます。

 

 

かつて頂いた 肉2倍の牛すじ煮込みカレー

一方で牛肉のカレーはチキンベースと違ってかなり力強い味です。

肉2倍の牛すじ煮込みカレー@ホットスプーン 西新宿店

 

どうですかこの色の濃さ。

もちろん色だけでなく牛肉の旨味がこれでもかと出ています。さらに牛すじの煮込みもゴロゴロ入っています。

かつて頂いた 期間限定のとろとろビーフカレー

とろとろビーフカレー@ホットスプーン 西新宿店

 

こちらは標準的な濃度?で肉2倍の牛すじ煮込みカレーほどではありません。それでも通常の店で食べる牛肉カレーよりは濃厚だと思います。

ホットスプーンの人気メニューはやはり牛肉系の方が多いようです。

ただ、冒頭に紹介したほうれん草とチキンと玉子カレーなどチキンベースのカレーも美味しいですよ。

 

 

「ホットスプーン」西新宿店の行き方と営業時間

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目12−7 阿部ビル

自分も気づかず通り過ぎることがあるくらいで少し分かりにくいかも。本文で紹介した黄色い看板とどでかいスープンを目印にして下さい。

【 ホットスプーン 西新宿店の営業時間 】

11:00~23:00

定休日 なし

通し営業で年中無休。使い勝手が良いです。

「ホットスプーン」西新宿店の感想と食べログ採点

【 ホットスプーン 西新宿店の感想 】

・安定のホットスプーン。五反田本店と同じ味が味わえる。牛肉系と鶏肉系のカレーがあり、牛肉系のカレーの方が人気だが、個人的には鶏肉系のカレーもお勧め。

・その鶏肉系のほうれん草とチキンと玉子カレーはとにかくマイルドで優しい味わい。食べるだけで癒やされる。

・店舗は広くないが五反田店よりもスペースあり。また五反田店ほど混んでいないので穴場。

・通し営業で年中無休。駅前に店は多いものの、外れも多い新宿にあって貴重な店だと思う。

 

ホットスプーン 西新宿店カレーライス / 新宿駅都庁前駅新宿西口駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.