B級孤独のグルメ

20年ぶり!「ラーメン二郎 三田本店」変わらぬ味、変わらぬ店主に感動

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年9月月間157,251アクセス!
日本一のグルメブロガーを目指しています。
世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

学生時代に通った三田のラーメン二郎

自分がラーメン二郎を知ったのは高校生の頃。慶応の学生だった姉から教えてもらいました。当時はインスパイア系はもちろん、支店もなく三田の1店舗のみ。

今とは違ってラーメン二郎の店舗は慶応三田キャンパス手前の交差点の近くで、遠目からもとんでもない行列がひと目で分かるような店でした。

「ラーメン二郎」の跡地 かつては三田二丁目交差点近くに行列ができていた

 

【 自分が学生時代のラーメン二郎のメニュー 】

ただの?ラーメン 210円

小豚 250円

大豚 300円

大ダブル 350円

「ただの?」ラーメンは何も入っていないラーメン。「無料」とかけた洒落になっています。

ただこのメニューにはほとんどの学生は見向きもせずに、大ダブル (大盛+豚2倍) が定番でした。これが自分に限らずラーメン二郎の一番人気だったと思います。

当時は食欲ありすぎでいつもお腹が減っているような年頃でしたが、それでも昼に大ダブルを食べると夕食がいらないくらい。

そしてとにかく安かった。当時は吉野家の牛丼が400円くらいで今より物価が安かったわけではありません。それなのにこの価格ですからね。

社会人になってから足が遠のきましたが、学生時代に大ダブルを50回は食べたと思います。

そして今は「コール」と呼ばれているようですが、注文時に無料で追加できる「野菜、にんにく、油、からめ」。このラーメン二郎発祥のシステムを最初に知った時は痺れましたね。

ただでさえ多いラーメンが更に多くなるのです。それも自分で好みを指定できるのです。こんなサービスをしている店は当時なかったはず。

当時は料金は後払いのため、厳密に言うとコールは2回でした。最初に席に座った時に小か大かを聞かれます。そしてラーメンが完成した後に「大ダブル野菜にんにくからめ」などと言うのです。

何か秘密の呪文のようで、何回か通った後になんとなく分かるようになり、呪文をちゃんと言えた時は正式にラーメン二郎の客になれたような気がしたものです。

 

 

三田のラーメン二郎 新店舗に行くのは2回目

90年代、三田のラーメン二郎は道路拡張小路のために立ち退きが余儀なくされます。このあたりの事情は社会ニュースになっていたこともあり自分も進展を見守っていました。

ウィキペディアのラーメン二郎の項では以下のようにまとめられています。

1990年代に三田通りの拡幅計画が実施される見通しとなり、これによって二郎も影響を受けることが判明したため、山田は店を閉めることを考えた。しかし、常連客は店の継続を望み、地元慶應義塾大学の学生有志は当時改装が予定されていた慶應義塾大学西校舎学生食堂へ誘致の署名活動を1990年代前半に行った。これは「学内の食堂に、塾生以外の外部の客行列ができるのはまずい」など諸般の事情で実現に至らず、三田通りの店舗は1996年(平成8年)2月末に閉店した。同年6月から桜田通り沿い(慶應義塾大学正門近く)に移転し、営業を再開した。これが現在の三田本店である

山田というのはラーメン二郎の創業者である山田拓美さんのことで、未だにバリバリ現役。今回もお顔を拝見してきました。

それにしても慶応の学食!へのラーメン二郎の誘致計画にはびっくりしましたね。結局実現はしませんでしたが。

しかし、元の店舗の位置からは少し離れたものの、ラーメン二郎は慶応大学の正門近くに無事に復活します。

自分は復活した直後にこちらにはお邪魔しています。今回は2回目で実に20年以上ぶりの訪問となった訳です。

この間にラーメン二郎の支店は何十店舗になり、またラーメン二郎インスパイア系と呼ばれるラーメン二郎のようなラーメンを提供する店は数え切れないほどの数になりました。

このあたりの話はまた稿を改めてしたいと思いますが、今回の訪問では以前と変わらぬ美味しいラーメンをそれこそお腹がパンパンになるくらい頂いてきました。

ラーメン二郎は本店以外にも何軒も行っていますが、中でも品川店はかなりレベルが高いと思うのでお勧めです。

 

 

ラーメン二郎 三田本店の外観と行列の様子

行列を見てびびります。

これだけではありません。

店を取り囲むようにぐるっと行列ができています。

時刻は13時15分。

この日は少し涼しかったのでチャンスと思ったのですが、同じことを考えていた人もいそうです。

店内の座席は13席ほど。ボリュームたっぷりのラーメンなので回転は悪そうに思いますが、そうでもありません。どんどん前に進んでいきます。

山田さんの喜寿祝いのTシャツが売られています。歌舞伎のようなイラストが良いですね。それにしても「慶應義塾特選塾員」って何でしょうか?名誉慶応生みたいなもの?

また店頭には消化を促進する黒烏龍茶みたいなものが売られていました。これも二郎および二郎系によく見られる光景。

厨房ではその山田さんの他に2人います。将来独立してラーメン二郎をオープンするのでしょうね。調理はほとんど2人に任せていますが、しっかりと監督はしています。

そして、アクシデント。客の1人が水をこぼした模様。

山田さんがすぐに駆けつけて事なきを得た様子。「ラーメンでなくて良かったよ」。確かにラーメンをこぼしたら大惨事ですが、狭い店内。ありえないことではありません。

並び始めてから30分の13:45分頃に入店します。

 

 

ラーメン二郎 三田本店のメニューと店内の雰囲気

これはラーメン二郎の各店舗で見かけるもの。買うとプラスチックのプレートが出てきます。

ラーメンは600円!さすがに210円とはいきませんが、ラーメン二郎の中でも1番安いのではないでしょうか?

【 ラーメン二郎 三田本店の主なメニュー 】

ラーメン 600円
ぶた入りラーメン 700円
ぶたWラーメン 800円
大ラーメン 650円
ぶた入り大ラーメン 750円
ぶた入り大Wラーメン 850円

ラーメンで豚2枚入り。ぶた入り、ぶたWにすると豚の量が増える。

流石にもう大ダブル (ぶた入り大Wラーメン )は無理。頑張ってぶた入りにしたのですが、これはかなりのボリュームでした。

ラーメン二郎の社訓が貼ってあります。

 ラーメン二郎三田本店 社訓

一、清く正しく美しく、散歩に読書にニコニコ貯金、週末は釣り、ゴルフ、写経
二、世のため人のため社会のため
三、Love & Peace & Togetherness
四、ごめんなさい、ひとこと言えるその勇気
五、味の乱れは心の乱れ、心の乱れは家庭の乱れ、家庭の乱れは社会の乱れ、
   社会の乱れは国の乱れ、国の乱れは宇宙の乱れ
六、ニンニク入れますか?

なんか面白い。そして締めはやはりニンニク入れますか?なんですね。

以前は大量の名刺が貼ってありましたが、これは止めてしまった様子。ただ、慶応の主に体育会からの感謝状などが飾られています。

山田さんが調理場に立っているのが見えます。これだけで少しうるうるします。

調理を見ていたら、運良くすぐに順番が来ます。店内に入って5分くらいだったので並んでから35分後にぶた入ラーメンが到着しました。

 

 

ラーメン二郎 三田本店で頂いたぶた入りラーメン

ぶた入りラーメン野菜油増し @ラーメン二郎 三田本店

 

結構とんでもないボリュームです。これで小なんですが。

実はアブラマシにしたのは初めて。油というより肉の塊みたいなものも載っています。

レンゲはないのでもやしから頂きます。

シャキシャキのもやしをある程度食べるとようやく麺が見えてきます。

うーん。美味しいです。全然変わっていません。若い頃食べた印象と同じです。

最近昔好きだった渋谷「喜楽」や阿佐ヶ谷に再オープンした「げんこつ屋」に行ってきたのですが、味が様変わりしていて少しがっかり。

しかし、奇跡というか今食べているのは間違いなく若い頃食べたのと同じ味。

太い平打ち麺は柔らかくもっちり。豚骨スープに少し下品なくらいの強烈な醤油のかえし。そして化調感もジャンクなスープ。健康が少し気になりますが、それさえ気にならければ美味しいスープです。

細かい点で比べたら他のラーメン二郎や二郎系と比べて大きく違うとは思えませんが、山田さんが目の前にいるからでしょうか?すごく美味しく感じます。

チューシュー、いやこの店は豚というですね。厚みのある豚で柔らかすぎずのジューシーで食べごたえがあります。様々な部位を使っていそう。

それにしても大きめの豚以外も小さめの豚も入っていていったいどれだけ豚食べたんだろうと感じでした。

途中から少し辛くなってきましたが、無事に完食。

久しぶりに二郎本店で食べられたので幸せな気持ちになります。

そして山田さんが健在のなのをこの目で見られてよかった。

山田さんも喜寿ということで、ずっと厨房に立ち続けるというわけにはいかないでしょうけど、お体にお気をつけて元気な限り皆に美味しいラーメンを食べさせてほしいと思います。

 

 

ラーメン二郎 三田本店の行き方と営業時間

〒108-0073 東京都港区三田2丁目16−4

【 ラーメン二郎 三田本店の営業時間 】

8:30~15:00
17:00~20:00
(昼・夜共、材料が無くなり時、早仕舞い)

定休日 日曜・祝日(ほか、臨休あり)

ラーメン二郎 三田本店の感想と食べログ採点

【 ラーメン二郎 三田本店の感想 】

・やはり本店の味は格別。自分の記憶の中で若い頃に食べたものと全く変わっていなくて感動した。

・今回は豚入りにしたが、ただのラーメンでも普通の人が食べきれないくらいのボリューム。これで600円はコスパ良し。

・店内がきれいなわけではないが、山田さんの人柄と常連客が二郎愛する気持ちが溢れていてなんとも温かい雰囲気が良い。

ラーメン二郎 三田本店ラーメン / 三田駅田町駅赤羽橋駅
昼総合点★★★★ 4.0

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年9月月間157,251アクセス!
日本一のグルメブロガーを目指しています。
世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.