B級孤独のグルメ

五反田に復活!旧有楽町ガード下の名店「後楽そば」で名物の焼きそば

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

後楽そばとは?

かつて有楽町のガード下にあった「後楽そば」。

有楽町の代名詞にもなっていた大人気店で、自分も何回か立ち寄ったことがありましたが、立ち食いそば屋とは思えないような貫禄というか歴史に裏打ちされた雰囲気がありました。

2016年に閉店になった際はニュースなど多くのメディアが報じるなど社会的な話題になったものです。

その「後楽そば」は2018年に五反田に復活しました。品川経済新聞の記事を引用させて頂きます。

「名代 後楽そば 五反田店」はJR有楽町駅周辺で40年ほど営業していた老舗やきそば店。東京オリンピックに向けたJR耐震補強工事のため、2016年5月に一度閉店。その後、2年近くを経て五反田で営業を再開した。

 場所は「立喰(たちぐい)ずし 都々井」跡。有楽町店の雰囲気を残し、外装や内装は移転前の趣を踏襲したという。移転前はニッポン放送関係者の来店が多かったことから、店内BGMはニッポン放送を流している。店舗面積は約14坪。立ち食いスタイルで、収容人数は20人ほど。  

 店長を務める夏目典孝さんは、移転の経緯を「有楽町で物件を探していたが、ちょうど良い場所が見つからなかった。JRから紹介された物件の1つがここだった。駅に近いという立地の良さもあって選んだ」と話す。

 目玉メニューは、自社で製麺した「やきそば」(並=400円、大盛り=500円)。調理は有楽町店で店長を務めていた服部敏昭さんが担当する。

良く行く五反田でいつでも行けるとの安心感から訪問が伸び伸びになっていましたが、先日「江戸前煮干し中華そば きみはん」に行った際、道路の反対側にある「後楽そば」が目に入ります。

「やべえ、そろそろ行っておかないと」いう気持ちになり、数日後の夜に立ち寄ることにしました。

 

 

後楽そば 五反田店の外観、メニュー、店内の雰囲気

JR五反田駅の改札口を出て東口方面に左折。外に出てから右にまっすぐ進むと「後楽そば」が見えてきます。徒歩1分くらい。

看板には「自社製麺工場直送 名代 後楽そば」とあります。

店内はL字型で立ち食いのみ。席はありません。

やはり後楽そばと言えばやきそば。

店頭の貼り紙でも左上で大きくアピールしています。

さて、入店。日曜日の19時40分頃で日曜日は20時閉店ということもあり客は自分だけでした。

後楽そばの券売機1

後楽そばの券売機1

 

メニューは豊富。うどん、そば、焼きそばにそれぞれの豊富なトッピング。かつ丼やカレーライスもあります。

やきそば大盛550円をプッシュ。以前より値上がりしていましたが、それでも高くはありません。

後楽そばの券売機2

後楽そばの券売機2

 

店内は意外に広々としていています。カウンター前の前後のスペースもあるので混んでいても人とぶつかることはなさそう。有楽町の店舗より広いですね。

さて、食券を出すと一分も経たずに焼きそばが運ばれてれきました。この時間だから作り置きは仕方がないですが、少し残念。

卓上には一味と醤油?。そしてその上にネギも置かれていました。

壁には川田裕美さん、佐藤栞里さん、高橋真麻さんの色紙が。

五反田出身の高橋真麻さん。超の付くお嬢様のはずですが、庶民感もありこういう店でも普通に来そうな雰囲気があるから不思議ですね。

 

 

後楽そば 五反田店で頂いた やきそば大盛

夕食なので大盛にしたのですが結構ボリュームがあります。

具はキャベツに細かい豚肉がほんの少し。後は紅生姜に青のりという感じでシンプルです。

さて一口食べると少し懐かしさがこみ上げてきます。うん、この味です。

麺はもちっとしていますが、コシはほとんどありません。ソースは見た目は濃厚ですが後味はしつこくありません。

ただ熱さはそこそこありますが、やはり作りたてを食べたかったなぁ。また以前食べていた頃は食べ歩きをほとんどしていなかった頃で、それ以降の期間に自分の舌も少し肥えてしまったかも。

店は変わっていないと思いますが、以前ほど美味しく感じません。

味がやや単調なので途中で飽きてきた頃、重要な事を思い出します。後楽そばの焼きそばはスープと食べるの人気の食べ方だった。

あわてて食券を購入。スープは50円です。

スープ@後楽そば 五反田

スープ@後楽そば 五反田

 

おそらくそば・うどんで使うようなスープで出汁が結構濃いですが、これをつけ麺ならぬつけ麺焼きそばするのです。

これやっている人よく見かけたなぁ。また懐かしい感じになります。

ベストな組み合わせとは思えませんが良い味変にはなります。

こんな感じでお腹いっぱいになり店を後にしました。

 

 

後楽そば 五反田店の行き方と営業時間

〒141-0022 東京都品川区東五反田1丁目26−6

【 後楽そば 五反田店の営業時間 】

平日 6:00〜24:00 (月曜・祭日あけは6:30~)
土・日・祝 10:00〜20:00

定休日 無休

こちらもご参考に。

後楽そば 五反田店の感想と食べログ採点

【 後楽そば 五反田店の感想 】

・懐かしい名物の焼きそばを食べられて嬉しかった。

・焼きそばはスープも頼んでつけ焼きそばにする食べ方もオススメ。

・普通に美味しいがすごく美味しいと言っている人は思い入れの分だけ加点しているかも。前の店舗に行ったことがない人が評価したら、そこまで評価が高くならないかも。

後楽そば 五反田店立ち食いそば / 五反田駅大崎広小路駅大崎駅
夜総合点★★★☆☆ 3.1

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.