B級孤独のグルメ

【新橋の鰻屋】明治30年創業「まんまる」のうな丼が美味しかった!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

うなぎと麦酒のまんまるとは?

なるべく普通に生活しているつもりでも目に見えないストレスが積み重なっていく昨今。何か例年に比べれて身体の疲労が抜けきれないような気がします。

たまには精が付くものを食べないという気になりますが、それで真っ先に思い浮かぶものはうなぎ。日本人なら誰もが賛同してくれるはず。

本当にうなぎを食べると精が付くかは疑問もありますが、こういうのは気持ちの問題。しかも土用の丑の日も近づいてきました。

ということで、弊ブログもうなぎ強化月間に入ろうかと思っています。

さて、今回新橋で鰻屋を探します。

最近のお気に入りはGoogle Map。「新橋・うなぎ」で検索すると「うなぎと麦酒のまんまる 新橋店」なる店が見つかります。

Google Mapの評価は4.1。コメントも良さげなものが目立ちます。

「うなぎと麦酒のまんまる 新橋店」はホームページもありました。「こだわり」が良さげです。

伝統を大切にした自慢の鰻料理

当店の看板である鰻料理。明治30年創業のうなぎ・川魚問屋直営だからこそできる『質・鮮度・価格』全てでご満足いただける自信のうなぎ料理をご提供いたします。鰻は、ご注文をいただいてから職人が丁寧に串打ちし、焼き上げます。備長炭を使用し、1,300度の高温で焼き上げるから中までふっくらとした仕上がりに。

明治30年!創業のうなぎ・川魚問屋直営 とはすごい。これは期待できそう。

ということで、とある平日の昼に「まんまる」に行くことに決定。

なお、新橋店という事で、本店はどこなの?と調べましたがよく分かりませんでした。食べログには浜松、愛知、長崎に同名のうなぎ店があります。

ただ池袋の「まんまる」は間違いなく新橋の姉妹店のようです。

 

 

うなぎと麦酒のまんまる 新橋店の外観、メニュー、店内の雰囲気

さて、Google Mapで「まんまる」の位置を確認すると思い当たる節がありました。もしかしてインスタ映えするカラフルカレーで有名な「幸正」の手前のあの店かな?

以前「幸正」に行く路地の入り口が確か鰻屋だったはず。

やはりそうでした。

この写真の右に少し見えている路地を少し進むと「幸正」です。

時刻は平日の12時半。食べログで調べた「あれ」はまだ残っているのかな?

店内に入ると券売機がありました。鰻屋では珍しい。

うなぎと麦酒のまんまる 新橋店の券売機

うなぎと麦酒のまんまる 新橋店の券売機

 

しかも写真付きで分かりやすいです。

しかし、上段の1番右にある「あれ」は残念ながら売り切れでした。1,000円のまんまる丼です。

まんまる丼は食べログには以下のように書かれていました。

サイズが合わず流通しない希少なうなぎをボリュームたっぷり特価でご提供します。

コスパ重視で形など美味しければ気にしないいかにも自分向きのメニューだったのですが。残念!

【 うなぎと麦酒のまんまる 新橋店 の主なメニュー 】

吸い物・お新香付

特うな重 4,000円
うな重 2,950 円
うな丼 1,500円
まんまる丼 1,000円
ひつまびし 2,500円
うな丼々 3,950円
上うな丼 2,300円

仕方ないので少し奮発して上うな丼を注文。ご飯は大盛が無料とのことで大盛にしてもらいました。

鰻屋だから大盛でも大した量でないと思いきや結構なボリュームでした。

後で確認すると店が11時オープンで、まんまる丼は12時には売り切れるとのこと。限定20食とのことでした。いやぁ、迂闊でした。

しかしこちらの店は何かと親切な店でした6席ほどカウンター席に座ったのですが、マスクを入れる用のビニール袋までもらいます。これは始めての経験。

その他の事でもよく気の利く女性スタッフ。暑いのでお冷でしたが、食後には温かいお茶も出ました。タイミングもバッチリ。

厨房の職人さんも挨拶も感じが良く良い雰囲気です。

店内は広くありませんが、調理の光景はよく見えなかったのが残念。10分近く待ったのでおそらく炭火焼きでしっかり焼いていたはず。

山椒は珍しくミルに入っていました。

夜はまんまるコース6,000円なるコースもあるようです。

これにビールは良さそうですね。

BGMは静かでしたが、ビートルズでした。”Day Tripper” が確認できました。

さて、お盆に載って上うな丼がやってきました。

 

 

うなぎと麦酒のまんまる 新橋店で頂いた上うな丼

上うな丼はお吸い物とお新香付き。

まずはお吸い物を頂きます。

おっ、美味しい。肝吸いでもないしあまり期待してかったのですが、出汁がしっかりで美味しい。

そして上うな丼。

上うな丼@うなぎと麦酒のまんまる 新橋店

上うな丼@うなぎと麦酒のまんまる 新橋店

 

すごく大きい訳ではないですが、現在ではまずまずの量と言えそう。

そして鰻がとろとろなのにびっくり。箸でつかみにくいくらい。

ただ味は最高。ジューシーで臭みは全くなく、口の中で文字通りとろけます。これは美味しいなあ。

タレもしつこすぎずでちょうど良い。ご飯に載ったタレの量も適量。

ミルの山椒も香り、味ともに良かった。いやぁ、満足です。

帰り際に「うなチケ」を貰いました。

うなチケを4枚集めると1,000円引き、6枚集めるとうな丼がうな重に。貯めやすくて良いですね。会社が近くの人が羨ましいな。

 

 

うなぎと麦酒のまんまる 新橋店の行き方と営業時間

〒105-0004 東京都港区新橋5丁目8−3 代市ビル 1F

JR 新橋駅 徒歩4分

【 うなぎと麦酒のまんまる 新橋店 の営業時間 】

月~土 ランチ 11:00~15:00(L.O.14:30)/ ディナー 17:30~22:30(L.O.22:00)

定休日 日曜日・祝祭日

うなぎと麦酒のまんまる 新橋店の感想と食べログ採点

【 うなぎと麦酒のまんまる 新橋店 の感想 】

・1,000円のまんまる丼が売り切れだったのは残念だが、上うな丼は美味しかった。鰻のとろける食感が最高。タレもちょうど良いバランス。

・何かと気の利くサービスが良かった。

・1,000円のまんまる丼ならコスパ最高と言っていそうだが、2,300円の上うな丼もまずまずのコスパと思う。

 

うなぎと麦酒のまんまる 新橋店うなぎ / 新橋駅汐留駅御成門駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.