B級孤独のグルメ

【セブン限定】日本一のラーメン「中華そばとみ田」のつけ麺実食レポ

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

日本一のラーメン 中華そばとみ田

松戸の「中華そば とみ田」は日本一のラーメン店

何を持って日本一と言うかは難しいという人もいるかもしれません。

しかし「中華そばとみ田」はラーメンオタク (ラオタ)にとっては食べログよりも全然信頼されているサイト、ラーメンデータベース (RDB) の点数が99.750! (2020.04.10現在) で日本一なんです。

レビュー数も1,888!もあるので、異論を挟む余地もありません。

弊ブログでは、松戸本店こそ未訪問なものの、東京初進出となった東京駅KITTEのラーメン激戦区の「とみ田麺絆」と松戸テラスモールにできた「松戸富田麺桜」について詳細に報告しています。

さて、その「とみ田」ですが、最近ではセブンイレブンとのコラボが目に付きます。

なかでもラーメン二郎風の「中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」は話題になりました。

こちらはお弁当などと同じように新鮮なままお店に運ばれ温めれば良いだけのもの。こちらも気になりますが自分はあまり目にしたことがありません。

入荷されてもすぐに売り切れるようです。なかなかハードルが高い。

一方でその後発売された「中華蕎麦 とみ田 濃厚魚介豚骨 つけめん」。こちらは冷凍食品でたいてい購入できるようです。

ということで、今回はセブンイレブンから発売中の「中華蕎麦 とみ田 濃厚魚介豚骨 つけめん」の実食レポすることにしました。

 

 

セブンイレブンから発売中の「中華蕎麦 とみ田 濃厚魚介豚骨 つけめん」の概要

セブンから発売されているラーメンとしてはカップ麺ではありますが、ミシュランで世界初の一つ星を取った「Japanese Soba Noodles 蔦(つた)」の味噌Sobaを頂きました。

スープはよく出ているなぁと思ったのですが、麺はインスタントの限界があります。

ただし、今回の「中華蕎麦 とみ田 濃厚魚介豚骨 つけめん」は冷凍食品。冷凍食品はうどんなどは特に再現性が高いと思っていますが、つけ麺はどうなんでしょうか?

実は、日頃は実店舗に行く以外に家でラーメンを食べる習慣はないので冷凍食品のラーメンを食べるのは全くの初体験。

商品についてセブイレブンのホームページから引用させてもいらいます。

「中華蕎麦とみ田」の看板メニュー、つけめんを冷凍タイプにしました。3種類の国産小麦に小麦ふすまを加えたコシのある太麺を、濃厚豚骨魚介の奥深い味わいのストレートスープでいただきます。三元豚を使ったトッピングのチャーシューは、肉本来の食感と素材のうま味が感じられます。

おおっ、「とみ田」と言えば自ら経営する「心の味製麺」の太麺がトレードマークですが、それを実現したのか。またスープはこれも代名詞とも言える濃厚豚骨魚介。

更には三元豚!を使ったチャーシューまで付くというのですからびっくりです。本気やん。

値段は398円(税込429円)とお手頃。これで「とみ田」の雰囲気だけでも味わえるなら最高です。ということで、期待値も高く近くのセブイレブンで購入。

さて、食べた感想はかなりの完成度でビックリ!

冷凍食品の限界のようなものも感じないわけではありませんが、さすがセブイレブンととみ田がタッグを組むとこのクオリティのものが出せるんだなぁと感心しました。

 

 

セブンイレブン「中華蕎麦 とみ田 濃厚魚介豚骨 つけめん」商品の中身、調理

黒と金のなかなか高級感のあるパッケージ。

セブイレブン 中華そば とみ田 濃厚魚介つけめんのパッケージ

 

裏に作り方があります。

電子レンジで作るようですが、家のレンジはオーブンレンジ。500Wとか600Wの設定が結構面倒。というか、茹でたほうが美味しいはずとレンジは使わないことに。

袋を開けて少し興奮。

迫力のチャーシュー!に麺の色!麺の太さ。

「とみ田」の麺特有の少し茶色がかった色の太麺。期待が膨らみます。

そしてスープもビックリ。

封を切ると鰹節という感じの魚介の良い匂いが漂います。これも当たりな予感。

少したっぷりめのお湯が沸騰したので麺とチャーシューを投入。

時間は5分くらいを目安にします。茹で時間は書いていなかったので少し心配でしたが、結果的にちょうど良かったかも。

チャーシューはそこまで茹でる必要はないと思ったので3分くらいで皿に移します。

そして5分後。パスタの湯切りザルで麺を冷水で締めます。

そのままで食べる「あつもり」もありかと思いましたが、冷やすのが普通かと思いそうしました。

 

 

セブンイレブン「中華蕎麦 とみ田 濃厚魚介豚骨 つけめん」を食べてみた

麺を丼に移します。

茶色い麺の表面がテカテカしていていかにも美味しそう。

そしてスープ。

やはりい魚介の香りが濃厚。豚骨特有のドロっとした感じがあります。量は店で食べるのに比べて少なめに感じました、結果的にちょうど良い量でした。

そうそうチャーシューを載せないと。

完成です。

セブイレブン 中華そば とみ田 濃厚魚介つけめん

 

見るからに堂々とした感じ。430円でこの感じはすごい。食べてみるとどうでしょうか?

まず、つけ麺なのでそのまま食べます。

おおっ、コシがあって美味しいです。ほんのり硬めで茹でる時間はちょうど良かったかも。(柔らかめが好きな人は6分かも)

ただ店舗で生麺を食べる時のように小麦感が漂う感じはありません。ただ比較対象がない人は問題なく美味しいと感じるのでは?

そしてスープをつけて本格的に食べます。

スープは想像通りよく出来ています。コクがあって濃厚。まさにThe つけ麺のスープという感じ。

途中でチャーシューを投入。

おおっ、しっとりしていて脂身の美味しさもあります。厚みも冷凍食品ではかなり厚い方では?

いやぁ、チャーシューも冷凍できるんですね。冷凍できても形が崩れそうなものですが、しっかり原型を保っています。この辺はセブンイレブンの努力と汗の結晶でしょうか?

さて、お湯切りの際に少し茹で汁を残しておきました。

これをスープ割りにします。なかなか良いアイデアでした。

最後まで美味しく頂きました。いやぁ、セブンイレブンもとみ田も本当にすごいですね。

 

 

セブンイレブン「中華蕎麦 とみ田 濃厚魚介豚骨 つけめん」の感想

【 セブンイレブン「中華蕎麦 とみ田 濃厚魚介豚骨 つけめん」の感想 】

・冷凍食品でコシのある太麺、本格的な濃厚魚介豚骨スープ、そしてチャーシューを頂けてビックリ!日頃冷凍食品のラーメンを嗜まない自分は素直に感動。

・これで430円はコスパ良し。実店舗だと倍以上かかる。更に松戸の本店だと朝から食券を貰う必要があるなど食べるのに一苦労。それを思うとこの気軽に食べられる感じは奇跡。

・強いて問題点を上げるとボリュームはやや少なめ。あと50gくらいあると完璧と思う。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.