B級孤独のグルメ

目黒「中華そば 竹むら」練馬「ます田」系列 大山鶏出汁の中華そば

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「ます田」系列 目黒「中華そば 竹むら」

先日「中華そば たかばん」が新店なのにレベルが高くて驚いたという話を書きました。

店主の方が以前にどのような修行をされたかはもちろん分かりませんが、外見はかなり若く見えました。

もちろんここからは全くの推測ですが、仮に数年の修行でこの味が出せるのなら、今までの常識を覆すことになるのでしょうか?あるいは自分が古い人間で今や珍しくないのかな?

一昔前は一人前の寿司職人になるには10年かかると言われました。それに対し数年前にホリエモンこと堀江貴文さんが「寿司職人が何年も修行するのはバカ」と発言して話題になりました。

この発言はもちろん反対する人もいましたが、思いの外賛同する人が多かったと記憶しております。

そしてその堀江さんの発言を実証するかのように、3ヵ月の寿司職人養成学校の生徒と卒業生だけで運営する寿司店が3年連続ミシュランに掲載されています。

『ミシュランガイド京都・大阪2018』に、短期実践の調理スクール『飲食人大学』の卒業生と生徒で運営する『鮨 千陽(すし ちはる)』が掲載された。開店後11カ月のスピード掲載した2016年度版から3年連続の掲載になり、長年下積みをする修業ではなく、短期間での職人育成の教育の真価、また、グルメな消費者からもその価値を実証することになった、と言っても過言ではないだろう。

さて、「中華そば たかばん」は現在新宿で大人気の「はやし田」系列かと思いきや、厳密には少し違うようです。親戚筋ではあるようですが。(詳しい話は「たかばん」の記事をどうぞ)

大崎裕史さんのまとめられた話によると株式会社X-PECTが経営する店が、「ます田」(練馬)、「竹むら」(目黒)、「たかばん」(学芸大学)になるとか。

本来ならルーツとなる「ます田」に行くべきでしょうか、「竹むら」は比較的家から近く、しかもすでに場所と名前はよく知っていました。

なぜなら、先日絶品のとんかつを頂いた「とんかつ大宝」の隣の店だからです。

「大宝」の右隣が「竹むら」です。

というわけで目黒には他にも行きたいラーメン屋があるのですが、「たかばん」の味を舌が覚えているうちに「竹むら」に行っておこうという気になります。

そして「たかばん」に行った数日後にJRの目黒駅から権之助坂を下って「竹むら」を目指します。

目黒「中華そば 竹むら」の外観、メニュー、説明書き

毎度、権之助坂を下るたびに思いますが通りの両側にラーメン店がひしめいています。今回も新たな店も数件発見。この中で勝ち抜いていくのはどんな店でも容易ではなさそうです。

時刻は平日の19時前。外からだとあまり店内に人は見えません。

「たかばん」同様に中華そば、煮干し、つけ麺と一通り揃っている様子。

【 中華そば 竹むらの主なメニュー 】

特製中華そば 950円
味玉中華そば 850円
中華そば 750円

特製アゴ煮干しそば 1,100円
味玉国産アゴ煮干しそば 1000円
アゴ煮干しそば 900円

特製つけ麺 1,000円
味玉つけ麺 900円
つけ麺 800円

「たかばん」との比較も兼ねているので、予定通り特製中華そば 950円のボタンをプッシュします。

店内に入ると、かつて入ったことのある空間であることが分かります。まっすぐのカウンターかと思いきや、奥のカウンターが左に曲がっていてL字ぽいカウンターです。

作りが珍しいので覚えていました。ただラーメン店だったと思いますが、店名までは思い出せません。どうやら何度も何度も店が変った場所のようです。

客は自分1人だけと思いきや、奥の方に1人いるようです。姿は見えませんが。

こだわり書き@中華そば 竹むら 目黒

 

【 目黒 中華そば竹むらの説明書き 】

こだわり

スープ
大山どりを贅沢に使用 真昆布・干し椎茸の旨味出汁を入れ10時間 丁寧に炊き上げました。


細麺(150g) 香り豊かな全粒粉使用 数種類の小麦をバランスよく配合する事でコシ・のど越し・風味を実現させました。

太麺(250g) 厳選した小麦を使用した熟成多加水麺。多加水ならではのツルモチ食感をお楽しみください。

味玉
濃厚な黄身が特徴のマキシム濃いたまごを使用 真昆布出汁に椎茸の風味を加え甘口醤油で一晩寝かせました


皆様が飲まれているのは、パイウィーターです。生命の水とも言われており、とても身体に良いお水です。

大山鶏、マキシム濃い卵、パイウォーターなど「はやし田」や「たかばん」と同じ。これは外れのない予感がします。

最初は若い女性が接客してくれました。

厨房は見えませんが、背の高い陽に焼けた方が調理しているようです。後で自分の席の方に来たので見るとと腕に立派なタトゥーが見えます。

自分はかつてイギリスに留学したことがあり、そこではタトゥーが当たり前のような環境だったので、日本人の中では見慣れている方だと思いますが、飲食店でここまで堂々とタトゥーを見せている人は初めて見たので驚きました。

しかしだからといって店主が感じ悪いとかはもちろんなく、「はやし田」系列の特長でもある丁寧で感じの良い接客でした。

 

 

目黒「中華そば 竹むら」で頂いた特製中華そば

特製中華そば@中華そば竹むら 目黒

 

「たかばん」とはスープの色やメンマを除き、ネギやナルトなど見た目は違います。同じ店で修行しても独立したらやはり個性が出てくるものですね。

ただスープや麺は似てるかと思いきやそうでもありませんでした。

スープをすすって少し「おやっ」という感じ。出汁はよく出ているのですが、鶏の旨味はそれほどでもありません。鶏油が見えているのにそこまで円やかさは感じません。醤油の返しも少し弱い感じ。

そして、麺が独特。歯ごたえがあって少し歯にくっつくような麺です。最初は少し気になりましたが、慣れてくると美味しさを感じます。少し日本蕎麦に似ています。

チャーシューは低温調理ですがレア感はあまりない薄切りチャーシュー。少し胡椒で味付けしてあります。美味しいですがもう一捻りあっても良いかなぁ。

メンマは最初の2つはコリコリでしたが、3つ目のは少し調理途中みたな感じで歯にくっつきます。明らかに食感が違いました。

味付け卵は美味しかった。マキシム濃い卵はクオリティが高いし、味付けも良いです。

ただ、最後にスープを飲むと、やはり旨味はあまり出ていません。たまたまかもしれませんが少し残念な感じでした。

 

 

目黒「中華そば 竹むら」の行き方と営業時間

〒153-0063 東京都目黒区目黒1丁目6−14

【 目黒 中華そば営業時間 】

平日・祝前日 11:00~翌1:30
(仕込次第で夕方アイドルあり、公式ツイッター確認)
日・祝 11:00〜22:30
※スープ無くなり次第早仕舞い

定休日 無休 公式Twitterで要確認・時間変更随時あり

基本は通し営業で営業時間が長く無休!数人体制でやっているのでしょうか。ただ余計なお世話かもしれませんが、クオリティをを保つには休憩も必要かと。

目黒「中華そば 竹むら」の感想と食べログ採点

【 目黒 中華そば竹むらの感想 】

・スープの出汁はよく出ている感じなのに鶏の旨味があまり感じられなかった。麺は結構独特の食感で最初は驚くも、慣れてくると良い感じに。

・メンマは一部中途半端。マキシム濃い卵の味玉はすごく美味しかった。

中華そば 竹むらラーメン / 目黒駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.