B級孤独のグルメ

セブンから発売中の「春木屋監修チャーシュー麺」は大失敗作と思う

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

春木屋とは?

昭和24年(1949年)荻窪の屋台から始まった春木屋。70年の歴史を経て今なお行列のできる人気店です。

特にかつては山本益博さんなどが春木屋こそこが東京No.1ラーメンと紹介していました。

実際に自分も現地に行って軽く1時間以上待ちなのを見て食べることを諦めた事があります。

今年になってようやく春木屋を訪問していきました。詳しくはこちらへどうぞ!

15時すぎという中途半端だったこともあり行列はありませんでしたがほぼ満席。

中華そばこそ850円ですがわんたん麺、チャーシュー麺は軽く1,000円超え。

春木屋荻窪本店のメニュー

春木屋荻窪本店のメニュー

 

ここ最近1,000円を超えるラーメン店が現れてきましたが有名店の中では春木屋が1,000円の壁を超えるのが1番早かったと言われています。

見た目はシンプルなラーメン。

春木屋@荻窪のラーメン

春木屋@荻窪のラーメン

 

ですが、スープがびっくりするほど美味しかった

ラード強めで熱々。煮干しと動物系の旨味が深く濃厚。惜しみなく材料を投入してスープを作っています。かつてNo.1と言われただけの事があります。

さて、今回セブンイレブンから春木屋監修のラーメンが発売されるとのこと。あの絶品スープをセブンイレブンがどう表現するのか話を聞いてから楽しみにしていました。

 

 

セブンイレブンから発売中 「春木屋監修チャーシュー麺」の概要

セブンイレブンのホームページにはシンプルにこう書かれていました。

東京荻窪・春木屋監修チャーシュー麺

人気の老舗ラーメン店「春木屋」の味をご家庭で楽しめる醤油チャーシュー麺です。

550円(税込594円)

2020年11月11日(水)以降順次発売 販売地域:首都圏

流通ニュースにはもう少し詳しい記事がありました。

昨今、外食を控え、自宅での食事を楽しむ傾向が継続するなか、「近くて便利」なセブン‐イレブンを通じて、家でも専門店の味わいを楽しめるよう、名店監修の商品を各エリアで発売している。

今回商品は、東京の荻窪で長年愛される中華そばの名店「春木屋」店主により、初めて監修されたチャーシュー麺。魚系や肉系等の様々な素材をふんだんに使用した出汁に、特製のかえしを合わせることで、旨みの詰まった香り高い同店秘伝のスープを再現したという。

また、スープが良く絡む特製の熟成中太麺を新たに開発し、具材としてチャーシューを4枚盛り付けることで、食べ応えのある商品に仕上げた。

あの秘伝のスープを再現したのか。すげえな。とこれを読んだ時点では思っていたのですが。

 

 

2020年11月11日発売セブンイレブン「春木屋監修チャーシュー麺」商品の中身

発売から数日後にセブンイレブンに向かいます。

「中華蕎麦 とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」「すみれ監修 札幌濃厚味噌ラーメン」と並んで「春木屋監修チャーシュー麺」を発見。

「70年守り続けた秘伝のスープ これぞ春木屋!」とあります。

厳密に言うと、春木屋のラーメンは少しずつ変わっています。「昔と変わらずおいしいとお客さんに思わせるには、味の進化が必要」というのが有名な春木屋理論なんですが。まあ良いか。

さて、購入して家に持ち帰ります。550円で税込594円はコンビニにしてはなかなかの値段です。

汁もれ注意とありますが、特に電子レンジを使う前の作業は不要みたい。

レンジ加熱目安時間は500Wで5分10秒、1500Wで1分50秒です。

 

 

セブンイレブンから発売中 「春木屋監修チャーシュー麺」の調理

一応温める前に中身を確認。

チャーシューが4枚に大きめのメンマが2枚。

その下にスープが隠れています。

電子レンジ500Wで5分10秒温めました。

スープに麺を混ぜます。

チャーシューが下に隠れてしまったので上の方に載せてみました。

 

 

セブンイレブンから発売中 「春木屋監修チャーシュー麺」を食べてみた

魚介系の香りは良い感じですが何か訴えかけてくるものがなく不安になります。

まずはスープをすすります。

うーむ。まず春木屋のようにラード全開で熱々でないのは仕方ないですが、スープが薄いです。輪郭がはっきりしない。

魚介と動物系のWスープであることは分かりますが、どちらも出汁を惜しんだ感じ。春木屋の店舗で味わう惜しみなく出汁を投入したスープではありません。

また、麺も迫力がありません。中太の縮れ麺ですが、軽い食感で小麦を感じません。噛んでいて美味しさを感じにくいというか。

チャーシューもイマイチ。4枚入っているとはいえどれも薄い。

肩ロースだと思いますが、噛むとぱさつきが気になります。

メンマは頑張って太くした感じですが、水分多めでシャキッとした感じはありません。

うーん。イマイチ。いやイマ3くらいでした。

春木屋の人は本当に監修したのでしょうか?と思わせる内容でした。

 

 

セブンイレブンから発売中 「春木屋監修チャーシュー麺」の感想

【 セブンイレブンから発売中 「春木屋監修チャーシュー麺」の感想 】

・春木屋の命ともいうべきスープが薄い。もう少し惜しまずに素材を投入して欲しかった。麺も軽く力弱い食感であまり食べている感じがしない。チャーシューはぱさつくし、水っぽいメンマもイマイチ。

・本当に春木屋の人は監修したのかな?これだと今まで築き上げてきた信用に泥を塗る内容だと思うのだけど。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.