B級孤独のグルメ

セブンから発売中「エリックサウス監修 ビリヤニ」傑作!バスマティライスが美味くてびっくり!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2023年5月 月間751,120 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナ禍で散々な目に。2023年3月から再び上昇気流に乗っています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメン、カレー、とんかつ、寿司が大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:英語講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館。海外旅行再開したい。

以下のボタンクリックで応援して頂けると、メチャ嬉しいです。
(1日1回有効。1クリックして頂けると10ポイント加算されます)

東京ランキング にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村

 

2023年7月30日から開催中のセブン 「ニッポンの熱い夏!カレーの祭典」のラインナップ

【 セブンイレブン「カレーの祭典」2023夏 発売商品名・価格(税込)・発売日一覧 】

エリックサウス監修 ビリヤニ 734円 7月31日
銀座デリー監修 カシミールカレー 572円 7月31日
銀座デリー監修 チキンカレードリア 561円 8月1日
銀座デリー監修 ストロングドライカレーおむすび 172円 8月1日
ルー・ド・メール監修 欧風ビーフカレー 626円 7月30日
魯珈監修 ろかプレート 648円 7月30日
魯珈監修 スパイシーカレー&魯肉飯おむすび 162円 8月1日
荻窪トマト監修 スパイスビーフカレー 799円 7月30日
旧ヤム邸監修 和風だしのスパイスカレー ※ 702円 7月31日
Suage監修 海老香るスープカレー ※ 734円 8月1日

※旧ヤム邸は東北、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄県で販売
※Suageは北海道で販売

エリックサウス監修 ビリヤニ チキン&バターチキンカレー

2023年春にも熱狂的な人気を博したセブンイレブンのカレーフェス。2023年夏にもカレーの祭典として帰ってきました。

ただ、ラインナップは春と似通っています。また実店舗が大好きな「旧ヤム邸」は関東は圏外で発売されません。

なんでやねん。

ということで今回は傍観も考えたのでセブンに行くとものすごく興味深い商品がありました。「エリックサウス監修 ビリヤニ」です。

えっ?春もそんなのあったじゃんと思うあなたは鋭い。春にも「エリックサウス監修「チキン&バターチキンカレー」は発売されており、すべてのカレーを食べたしげPが一位に選んでいます。

しかし、大きな大きな違いが。ライスがビリヤニでしかもバスマティライスを使用。春もビリヤニをうたっていましたがジャポニカ米でした。

ビリヤニはチャーハン、ガパオ、石焼ビビンバなどと並び自分が大好きな混ぜご飯。

エリクサウスの八重洲店でも食しています。高級インディカ米のバスマティライス、美味しいんですよね。ということでこれを購入して実食レポをすることにしました。

セブンイレブンで エリックサウス監修 ビリヤニを購入、電子レンジで調理

近所のセブン。

おおっ、カレーの祭典を猛アピール。「スパイスがココロもカラダも熱くする!」とあります。いや、最近カラダはむっちゃ暑いんですけど。。

宣伝用ポスターも。

なんとルードメールが一番でかく表示されています。カレー屋の格としてはこの5店の中で一番下な気もしますが、なんだかんだでこの中では欧風ビーフカレーが一番人気だったりするのかな?

カレーコーナーはこんな感じ。

これが気になったエリックサウスのビリヤニ。見るからにバスマティライスであることが分かります。

インディカ米は日本が馬鹿みたいな高い関税かけているから貴重品なんですよね。食べる前から期待が高まりました。

家に持ち帰って写真を撮ります。

なんかシールの向きが適当です。セブンはこういうのきちっとしていると思っていたのですが、ちっちゃい事は気にするな、ワカチコなんでしょうか。

調理時間は3分。セブンのカレー商品としては短い方ですね。

エリックサウス監修 ビリヤニ チキン&バターチキンカレーを実食

うわっ。

蓋を開けるなり香りが漂います。いいじゃん。

いやっ、美味そうだな。

カレーは安心と信頼のエリックサウスの定番。

チキンカレーとバターチキンカレー。

ビリヤニから頂きます。

うまっ。これはすごいな。

ビリヤニはお米を蒸すのでふわっとした完食。バスマティライスが結構長め。ほどよくパラパラながらしっとり感もあります。この感じは国産米では出せません。

これだけで十分なくらい美味しいですが、まずはチキンカレーと合わせます。

おおっ、しっかりスパイスの粒まで感じます。自分はちょうど良い感じですが、辛いカレーに慣れていない人には辛く感じるかも。

ただ、バターチキンカレーはすごくマイルド。甘い辛いを交互に楽しめて良いなぁ。チキンもまずまず大きめのものが入っていました。

美味しく完食。いやぁ、良かったです。今まで食べたセブンのカレーで1番かも。

それにしてもセブンでバスマティライスを食べられたことにも驚き。どんどん本格的になっていきますね。

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2023年5月 月間751,120 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナ禍で散々な目に。2023年3月から再び上昇気流に乗っています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメン、カレー、とんかつ、寿司が大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:英語講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館。海外旅行再開したい。







Copyright© 東京たべある記 , 2023 All Rights Reserved.