B級孤独のグルメ

巣鴨「らぁめん 生姜は文化」は「MANNISH」と「桑ばら」のコラボ店

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

「らぁめん 生姜は文化」とは?

神田の「塩生姜らーめん専門店 MANNISH」と池袋の「塩そば 桑ばら」の2つの人気店のコラボということで2018年8月の開店当初から話題になっていた店です。

それにしても「生姜は文化」とは異論はありませんが、攻めた名前です。

こちらの記事を引用させていただきます。

柴田和さん(Mannish店主)はかつて「桑ばら」での修業経験があり、同店店主の桑原雅紀さんに請われ、今回プロデュースを担当することになった。

「『桑ばら』を退職してから7~8年になるんですが、桑原さんとは今でも交流が続いています。以前から『2人で何かおもしろいことをやりましょう』と話していて、それが形になったのが今回の店です」(柴田さん)

「塩生姜らーめん専門店 MANNISH」と「塩そば 桑ばら」のコラボでは美味しくないはずはない事は分かっていたのですが、家から遠い巣鴨なので少し行くのが恐れましたが、今回ようやく行くことができました。

「塩生姜らーめん専門店 MANNISH」と「塩そば 桑ばら」のかつての記事は以下をどうぞ。

「らぁめん 生姜は文化」の外観とメニュー・説明書き

巣鴨と言えば駅前にあのミシュラン1つ星ラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」がある所。自分も大好きな店ですが昨年から閉店時間が早くなり最近は行けていません。

近い内に行かないとな。

さて、「らぁ麺生姜は文化」は巣鴨駅から白山通りを千石方面にまっすぐ行った所にありましたが、駅からもそんなに遠くありません。「千石自慢ラーメン」の少し手前の位置です。

店の前のポスター。そうマニッシュにもある柴田店主と生姜のコラボ?作品です。何度見てもインパクトありますね。

中に入ると気持ちよく迎えて頂きますが厨房に女性が1人だったので少し驚きます。

メニューの一段目に醤油があり少し驚き。塩がメインではないのでしょうか?この日はそこまで空腹でなかったので塩そばにほうれん草をトッピングします。

説明書きを見て少し驚き。スープが豚メインです。節系の入ったダブルスープのようですが。

「Mannish」は鶏出汁+鶏チャーシューというより鶏肉という感じで鶏onlyですが、「生姜は文化」は豚出汁+豚チャーシューという感じのようです。

豚と生姜だとどんな感じになるのでしょうか?

なお、店内には低音ながら「ももいろクローバーZ」の曲が流れていました。音楽はそこまで気にならない方ですが、あそこまで速い曲ばかりだと少し落ち着かない気分になります。

飲食店には向かない気もしますがどうでしょうか?

 

 

当日頂いた塩そば+ほうれん草トッピング

お皿に載った塩そば着丼。キャンディーみたいなのは玉麩でしょうか?ラーメンに載っているのは初めて見ました。

生姜たっぷりのスープをすすります。

うん、やはり豚です。節系も感じますが基本豚です。

ただ美味しいのですが、鶏のような奥行きのある美味しさではありません。

また、塩の感じもMannish よりも 桑ばら 寄りの感じ。Mannishを想定していると全然違うスープだと思います。

麺も意表。平打麺です。茹で加減は柔らかめ。これはこれで美味しいですが、またしてもMannishとの違いを感じます。要は全然違うラーメンという事ですね。

ほうれん草はたんまり入っていて美味しい。玉麩ももっちりした食感で美味です。

バラロールチャーシューはでかいのが2つも。柔らかくてすごい美味しい。

底にはMannish同様生姜がたっぷり沈んでいました。

「らぁめん 生姜は文化の行き方」と営業時間

〒113-0021 東京都文京区本駒込6丁目6−2

巣鴨駅から白山通りを千石方面に3分くらい歩いた所にあります。

【 らぁめん 生姜の営業時間 】

[金~水] 11:00~15:00 17:00~21:00
※材料がなくなり次第、閉店。

定休日 木曜日

らぁめん 生姜は文化の感想と食べログ採点

【 らぁめん 生姜の感想 】

・生姜というワードから Mannish に似たラーメンを想像したが、生姜をたっぷり使ってるのを除けばMannish のラーメンとは別物。

・平打ち麺もチャーシューも美味しい。スープも美味しいが個人的な好みでは生姜は鶏スープの方が合うと思う。

らぁめん 生姜は文化。ラーメン / 巣鴨駅千石駅駒込駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.