B級孤独のグルメ

【セブン、ローソン、ファミマ】コンビニ3社の高級ハンバーグを食べ比べてみた

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

大手のコンビニのハンバーグがすごいらしい

コンビニは毎日のように利用していますが、メインの食事を買うというよりほぼ脇役的なものを買います。

よく買うのはサラダ、野菜炒め用の野菜、サラダチキン、おにぎり、スイーツといったところでしょうか?

という訳でコンビニのお惣菜については全くうといのですが、先日ユーチューブの「あなたへのおすすめ」でたまたまスピードワゴンの井戸田潤さんがやっている「ハンバーグ師匠」のチャンネルを見ました。

内容は「大手コンビニ3社のハンバーグをハンバーグ師匠の大師匠と食べ比べてみた!」というもの。

ハンバーグ師匠が実際にハンバーグを食べている姿にも驚きましたが、そのハンバーグ師匠にはなんとハンバーグ大師匠がいるようです。

五島鉄平さんという方で本業は測量士ですが、なんと1,000軒ほどハンバーグを食べ歩いたとか。ラーメン業界における大崎裕史さんみたい人?

その五島さんとハンバーグ師匠がコンビニのハンバーグを食べ比べる企画だったのですが、驚いたのはどのコンビニも400円近くする高級ハンバーグを出していること。セブンイレブンの「金のハンバーグ」の存在は知っていましたがここまで高いとは思いませんでした。

どこのコンビニも100円代、200円代の低価格のものと高価なものの両方を販売しているとか。そして今回食べた高級の方ですが、井戸田さんも五島さんも絶賛の嵐!

まじか?気になる。ということで自分もこの企画を真似てみたくなりました。

ただ家で一人で食べるもの寂しいということで、最近リモートワークが増え通常よりも時間に余裕がある親友のQちゃんを家に呼んで食べ比べることにしました。

この男はそこまで食べ歩いているわけではないのですが、自分よりはるかに鋭い味覚を持つ男。料理も上手で真のグルメと言ってもよく、自分のようななんちゃってグルメとは違います。

しかも、非の打ち所がなさそうな料理でもダメ出しを忘れない辛口の男なので自分が気づかないような欠点を見つけてくれる事を期待しました。

ただ日頃コンビニの惣菜に親しんでいない2名が食べた感想は「美味しい」ばかりで、そこまで辛口の論評はなし。大手コンビニの惣菜を作る能力は自分たちの想像を遥かに超えたものでした。

 

 

大手3社の高級ハンバーグの概要

各社のホームページから概要を引用させていただきます。

ローソンのプレミアムハンバーグの概要

ローソンのホームページ。

プレミアムハンバーグ

肉質のよい、アメリカ産ブラックアンガス牛を使用。デミグラスソースには、黒トリュフとボルドー産赤ワインを使用。深みとうまみのある味わいに仕上げました。袋のまま電子レンジ調理が可能です。

価格 386円(税込)

肉はブラックアンガス牛。そしてデミグラスソースにはなんと黒トリュフ!。ひょえ~。本当にトリュフなんか使っているのかな?

ローソンのプレミアムハンバーグのパッケージ

 

パッケージは地味です。センスは悪くありませんが、高級感はないような。

ファミリーマートの特製デミソースで味わう鉄板焼ハンバーグの概要

ファミリーマートのホームページ

特製デミソースで味わう鉄板焼ハンバーグ

肉の旨みを閉じ込めた、牛豚合いびきのふっくらしたハンバーグです。フォン・ド・ヴォーを煮詰め、濃厚な味わいのデミグラスソースが特徴です。

価格 360円(税込388円)

牛と豚の合い挽き。これもまた高級店仕様。フォン・ド・ヴォーを煮詰めた濃厚なデミグラスソースも気になります。

ファミリーマートの特製デミソースで味わう鉄板焼ハンバーグのパッケージ

 

パッケージの一部は金色を使っておりセブンイレブンを意識したのでしょうか?

セブンイレブンの金の直火焼ハンバーグの概要

セブンイレブンのホームページ

金の直火焼ハンバーグ 200g

ジュワっ!と肉汁あふれる直火で香ばしく焼き上げたハンバーグです。野菜と牛肉をじっくり煮込んだ三段仕込みのフォンドボーを使用したコクと風味豊かなデミグラスソースを合わせました。電子レンジで温めるだけで手軽に本格的な味をお楽しみいただけます。

価格 税込 397円

そしてセブンは直火!コンビニの商品といえば工場での流れ作業で作っているものという先入観がありますが、直火焼きのロボットなんてあるのかな?まさか人手でということはないと思いますが。

三段仕込みというのが良くわかりませんが、こちらもフォンドボーを使ったデミソースに自信があるようですね。

セブンイレブンの金のハンバーグ

 

パッケージも圧倒的な存在感で高級感にあふれています。パッケージだけならセブンの圧勝かな?

なお税込みの値段はローソンが386円、ファミマが388円、セブンが397円とセブンがやや高いものの400円でお釣りがくるようになっています。

 

 

大手3社の高級ハンバーグを実際に食べてみた

本題に入る前に先の動画中でハンバーグ大師匠こと五島さんのコメントで「ほー」となったものを2つほど紹介させてもらいます。

蒸気口

以前のコンビニハンバーグは湯煎した方が美味しかったらしいのですが、現在は蒸気口のおかげで電子レンジで温めた方が美味しいとか。

ローソンのプレミアムハンバーグのパッケージ裏

ローソンのプレミアムハンバーグのパッケージ裏

 

これか!各社とも似た仕様になっています。

なんでもこれによってうまくパッケージ開けなくても蒸気が出るようになり、旨味を損なわないとか。パッケージにも日本人らしい職人気質が伺えます。

この蒸気口のせいで途中でパッケージがぷっくり膨れます。

温める前に一作業

五島さんによると温める前にハンバーグのパッケージを少し振ると良いそうです。

なんでも振ることによって脂の分離がなくなり、脂が一体化するとか。なるほど!大師匠の言うことは違いますね。

ただ、自分はこの動画を見ていたのに振るのを忘れてしまいました。汗。よって基本的に脂は分離しているはずです。

 

 

 

ローソンのプレミアムハンバーグを食べてみた

まずはパッケージが一番地味なローソンから。五島さんはこれが一番のお気に入りとのこと。

写真が黒い感じになりますね。今見るとどれもそうでした。実際はもう少し赤い感じがあります。

ローソンのプレミアムハンバーグ

ローソンのプレミアムハンバーグ

 

1つ目ということもあり、漂う香りに只ならぬ予感。ソースの高級感もすごく期待が高まります。

「見た感じは店のと変わらないね」という誰もが感じるであろう感想が2名の口から出ます。

なるほど今こうしてみると、オレンジの色の脂が分離しているのが分かります。

結構ふっくらした食感。野菜が詰まった感じがしますが、お行儀が良い感じで粗挽き感はそこまでではありません。

ソースが美味い!コクがあるのに後味はあっさりしています。ただ黒トリュフ?は分かりませんでした。

「ソースは家庭の味の最高峰だな。あと、イシイのハンバーグをすごく洗練させた感じ」とQちゃん。

なるほど。子供がすごく喜びそうな味です。パンよりご飯に合いそう。

肉汁はそこまで出ませんでした。

強いて欠点を上げると全体の旨味はやや薄い感じがしました。

ファミリーマートの特製デミソースで味わう鉄板焼ハンバーグを食べてみた

ファミリーマートのハンバーグはハンバーグ師匠(井戸田さん)が一番気に入ったもの。

ファミリーマートの特製デミソースで味わう鉄板焼ハンバーグ

ファミリーマートの特製デミソースで味わう鉄板焼ハンバーグ

 

丸くて厚みがすごくあります。なにかユーモラスが外観。

これは肉汁が半端なくでます。肉汁の量に関しては3つの中でダントツでした。

こちらのデミもローソンのものに劣らず格調高い。何か高貴な感じがします。セブンもそうでしたがデミにはものすごくこだわっています。

この日はフランスパンを用意していたのですが、この濃厚ソースとパンの相性は最高でした。

パティに関してはローソンのものよりは粗挽き感もあり、その点でやや大人向きと言えそうです。旨味も十分。

「すごいな、ここまでとは思わなかった」とQちゃんも満足そう。

いよいよ最後はセブンイレブン。日頃1番よく使うコンビニであり、一般的な惣菜は1番美味しいと思っているので最後に持ってきましたが果たしてどうでしょうか?

 

セブンイレブンの金の直火焼ハンバーグを食べてみた

パッケージを振り忘れたのに脂が分離している感じは少なめ。セブンはここまで凝っているのか?

セブンイレブンの金の直火焼ハンバーグ

 

なにか定形といより手作り感を出すためにわざと少し形をいびつにしている?ような形状です。

この表面の縞模様は直火で焼く歳の網の跡なんでしょうか?

肉汁の量はそこそこ。肉汁の量ならファミマ>セブン>ローソン という感じでした。

食べてみるとデミではなく最初の2つには感じなかった粗挽き感を感じます。これは食感が良いわ。玉ねぎの感じも強いのかも。

ソースは濃厚な感じがありますがバランス型というかそこまでクセがありません。

「酒のつまみにはこれが一番かも」とQちゃん。納得。これはご飯はパンがなく単独でも良い感じ。

結局肉々しさということでセブンの金のハンバーグが1番という結論に。さすが、セブンイレブン、期待を裏切りません。

 

 

大手3社の高級ハンバーグを実際に食べてみた まとめ

【 美味しいと思った順位 】

Qちゃん ①セブン、②ファミマ、③ローソン

しげP ①セブン、②ファミマ、③ローソン

ということで2人の意見は一致。すいません。あまり意見のぶつかり合いはなかったです。

【 その他に感じたこと・順位など 】

・どこもデミグラスソースには半端なく力を入れている。

・ご飯に合うのはローソン、パンに合うのはファミマ、お酒に合うのはセブン

・1番厚みがあるのが、ファミマ。1番肉汁が出たのがファミマ。1番肉肉しいのがセブン。1番パティがあっさりしているのがローソン。

・どれも店で出せるレベルだが、本当に美味しい店には当たり前ながら敵わないかも。

いやぁ、こうしてまとめるのは結構面倒でしたが楽しかった。コンビニフードの比較企画はまたやってみたいですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.