B級孤独のグルメ

【松屋】ちょいガッカリ「ごろごろ創業ビーフカレー」を食べた正直な感想

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

2020年5月26日 松屋から「ごろごろ創業ビーフカレー」が新発売

松屋のごろごろチキンカレーは最高です。

松屋のゴロゴロチキン煮込みカレー

ごろごろチキン煮込みカレー@松屋 東大井店

 

本当に柔らかジューシーなチキンが文字通りゴロゴロ入っている。カレーは安定の松屋クオリティだから美味しくないわけがありません。

今のところ、期間限定なのが残念。レギュラーになってくれないかな。

以下の記事もぜひお読みください。自分のゴロちき愛に溢れています。

さて、今回なんとごろごろチキンならぬ、ごろごろビーフカレーが発売という噂。マジか?

こちらが現在レギュラーの創業ビーフカレー。

創業ビーフカレー@松屋

 

これにごろごろのビーフが載るというのです。これは絶対に美味しいに違いない。期待値はMAXだったのですが。

 

2020年5月26日(火) 新発売「ごろごろ創業ビーフカレー」の概要

松屋のホームページより引用させて頂きます。

2020年5月26日(火)午前10時より、「ごろごろ創業ビーフカレー」を新発売いたします。

牛バラ肉をとろけるまで煮込んだ松屋自慢の創業ビーフカレーに、口の中でほどけるごろっと牛肉とごろっと野菜をプラスした「ごろごろ創業ビーフカレー」は、牛肉の旨味が味わえる松屋の新作です。 また、国産のごろごろ人参とじゃがいもをふんだんにつかった「ごろごろ”にんじゃが”創業ビーフカレー」も同時発売! さらに、生野菜がセットになったお得なメニューもご用意しております。

ふむふむ。次に、気になるお値段ですが。

【 ごろごろ創業ビーフカレーの商品一覧 】

ごろごろ創業ビーフカレー  (並盛)790円 (大盛)890円 (ライス・みそ汁付き)

・ごろごろ創業ビーフカレー生野菜セット (並盛)890円 (大盛)990円 (ライス・みそ汁付き)

・ごろごろ創業ビーフカレー(単品)  (並盛)670円 (大盛)710円 (ライス・みそ汁は付きません)

・ごろごろ”にんじゃが”創業ビーフカレー (並盛)690円 (大盛)790円 (ライス・みそ汁付き)

・ごろごろ”にんじゃが”創業ビーフカレー生野菜セット (並盛)790円 (大盛)890円 (ライス・みそ汁付き)

・ごろごろ”にんじゃが”創業ビーフカレー(単品) (並盛)570円 (大盛)610円 (ライス・みそ汁は付きません)

たけぇ。。ゴロちきよりも210円も高いです。

ただチキンとビーフの差でそうなるのも仕方ないのかな?ごろごろビーフなら納得できるかと思ったのですが。

テイクアウトは50円引きのようです。

●テイクアウトに限り

「ごろごろ創業ビーフカレー」50円引き!(6月9日(火)午後3時まで)
「ごろごろ創業ビーフカレー生野菜セット」50円引き!(6月9日(火)午後3時まで)
「ごろごろ創業ビーフカレー(単品)並」80円引き!(終了日未定)

最近はテイクアウト割引もちょくちょくやっている松屋。この辺の配慮は流石です。

 

 

松屋 東大井町店の地図と店内の雰囲気

さて、ゴロゴロ創業ビーフカレーが発売されてから数日経った夜に、いつのも松屋 東大井町店へ向かいます。

〒140-0011 東京都品川区東大井5丁目21−5

恒例の店頭のポスターチェック。ぱっと見た所は目に入らなかったのですが、

まず右端の電飾看板の少し影に隠れていましたが1つ目のポスターを発見。

また入り口付近の下の方にこれまた少し目立たぬ感じでポスターを発見。松屋的にまずまずの力の入った商品という感じでしょうか?

券売機ではゴロゴロビーフカレーは分かりやすい位置にありました。

そして着席。いつもは箸箱の手前に広告があるはずですが、

テーブルの上に置かれていました。

そうか客席間引きしているのか。

緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ平常営業とはいかないようです。

店内を見回したところ、客は結構入っていますが「ごろビー」を食べている人はいないようでした。

 

 

「ごろごろ創業ビーフカレー」を食べてみた

着席から3分ほど待ってごろごろ創業ビーフカレーが登場。

味噌汁も付いてくるのは松屋の定番です。

少し異変?に気づきます。あれっ?ごろごろ感があまりないな。

ごろごろ創業ビーフカレー@松屋

ごろごろ創業ビーフカレー@松屋

 

うーん。牛肉のスペースはどう見ても半分以下。牛肉の塊は4つほど。半分は大きいですが、半分は小さ目です。結構ショック。

ごろごろチキンに比べるとしょぼく感じてしまう。大振りなじゃがいもや人参は載っていますが。

以前食べた松屋のビーフシチューに比べてもしょぼいような。

参考:松屋のビーフシチュー

参考:松屋のビーフシチュー

 

肉1つ当たりのボリュームが違います。

うーむ。見た目は正直がっかりです。

ご飯は別皿で提供されました。

福神漬け入りです。

そしていつもアツアツで提供される松屋のカレーですが、少し温め。時間間違えた?

それでもビーフカレーはコクがあって安定の美味しさ。

牛のバラ肉もしっかり煮込んであってとろとろで柔らかい。間違いなく美味しいのですが、

これだけじゃどうみてもごろごろじゃないよなぁ。。

という事で今までは松屋のカレーに関しては文句なしに褒めていたと思うのですが、これは評価できないな。

少なくともゴロゴロのネーミング使って欲しくないと思いました。

 

 

松屋「ごろごろ創業ビーフカレー」の感想

【「ごろごろ創業ビーフカレー」の感想 】

・カレーもビーフも創業カレー、ビーフシチューで経験したようなクオリティの高さで味には問題ない。

・ただ、牛肉は思ったよりも少なめ。ごろごろチキンカレーのように文字通り「ごろごろ」とは思えなかった。

・コスト的にビーフが厳しいなら、やはりごろごろはチキンに徹して欲しいかも。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.