B級孤独のグルメ

【ミシュラン掲載】ミッドタウン近くの古民家で美味しいとんかつ「イマカツ」六本木

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

とんかつとうなぎ 値段の違い

まあまあ高級なとんかつ屋に初めて行くと注文に迷います。

例えばロースかつ定食と特ロースかつ定食がある場合、値段の差もさることながらロースと特ロースで全然品質が違うことがあるからです。

以前、秋葉原の超有名とんかつ店でロースかつ定食を食べたのですが味が凡庸で驚きました。その際、Twitter上で「あの店は特ロースを食べないと真髄が分からない」という意見をもらいました。

なるほど。そうなのか。ただ、ロースかつ定食でも1,800円以上したのですが。

一方で鰻屋の場合、値段の差は量の差である事がほとんど。これは公言している店もあるし、どこもだいたい同じだと思います。

分かりやすくて良いですね。

ただ自分が1番好きな「とんかつ檍」は上ロース定食が1,500円。2,000円の特ロースの方が美味しいと言えば美味しいですがそこまで変わらない。

ちなみに昼のロース定食1,200円でもあまり品質が変わりません。ただ値段が上がると量も増えるので鰻屋に近い感じしょうか?

個人的には初めて入る店は安いメニューを試したい。

それで良かったら次回は高いメニューを頼むというようにしたいと思っているのですが、今回訪問した六本木イマカツは安いメニューでも十分美味しかった。

次回は高いメニューに挑戦したいと思います。

 

 

イマカツとは?

ネットでイマカツと調べると釣りのルアーを販売している会社が出てきて驚きましたが、自分の訪問したイマカツはもちろんとんかつ屋の方。

2009年に六本木にオープン。2015年にはミシュランのビブグルマンに掲載。そして2020年現在は食べログの百名店にも選ばれています。(食べログは3.68 2020.04現在)

ホームページによると店舗は六本木、銀座、赤坂と国内に3店舗。更にシンガポールのブオナビスタとタンジョンパガーに2店舗あります。

イマカツはとんかつよりも鶏のささみかつがとても有名なようです。

ささみというを低カロリーでスポーツ選手やダイエットする人が食べるもの?という印象があるのですが、これが美味しいらしい。

またとんかつはやまと豚という銘柄豚を使っているそうです。これも美味しそう。どちらを食べるか迷いますが、当日の気分で決めることにしました。

 

 

イマカツ 六本木本店の外観、ランチメニュー、店内の雰囲気

六本木交差点からミッドタウン方面へ。途中に路地がたくさんありますが、ミッドタウンの手前の位置にある路地にイマカツはあるはず。

その路地では「麺屋武蔵」に「えびそば 一幻」という2つの人気ラーメン店が目につきます。イマカツはその間にありました。

おおっ、渋い!

店内もそうでしたが古民家のような雰囲気があり、モダンな六本木らしくない。ミッドタウン近くでこ

ういうのも良いですね。

キャッシュレス5%還元があるようです。

昼でも使えるか心配でしたが使えました。このポスターを掲げている店は昼でもカードが使える事が多い気がします。時代の流れでしょうか?

メニューの左上はささみかつ膳。

イマカツ六本木本店のメニュー

 

【 イマカツ 六本木本店の主なランチメニュー 】

名物ささみかつ膳 1,100円
特選ヒレかつ膳 2,200円
特選ロースかつ膳 2,200円
ロースかつ膳 1,350円
ロースカツカレー 1,600円

また現在はささみかつ弁当やカツサンドなどテイクアウトにも力を入れている様子。

イマカツ六本木本店のテイクアウトメニュー

 

特にカツサンドが美味しそうに見えます。

さて、中に入ると店員さんが感じ良く迎えてくれます。ただ席は空いていたのですが、入念に消毒しているようで少し待つように言われます。

コロナ対策に関しては几帳面な日本人の性格が良く出ていて、ほとんどの飲食店でもしっかり対策がなされています。

こちらでも隣の席はわざと空席になっていまいした。

壁を見るとやはりささみカツ推し。

ただ、ささみは食べ慣れていないし、昼時でしたがそこまで空腹を感じなかったのでロースかつ膳に。

ご飯は白米か雑穀米が選べたので雑穀米にでお願いしました。

この時点では特選にしなかったので肉の質に関して一抹の不安を感じていました。その際に冒頭で話した秋葉原のとんかつ店を思い出したという次第です。

目の前には3種のツボがあります。蓋を開けているとソース、岩塩、ごまドレッシングです。

キャベツはソースよりもごまドレッシングの方が明かに美味しいのでこれは嬉しい。

最近は塩をたくさん揃える店は増えましたが、ドレッシングを用意していない店が多いのが不思議です。

先にキャベツがきました。これも嬉しい。同時に来てもキャベツから食べる方なので。

お分かり自由なようです。

ごまドレッシングたっぷりかけていただきます。

キャベツは少しひんやりしていて仕込みの際に切ったのだろうと思います。そこまでシャキシャキではありませんが、ごまドレッシング美味しい。

そしてキャベツを食べ終わり、店内の照明が暗い雰囲気の中、六本木らしくない店だなぁと改めて思っていると、ロースかつ膳が運ばれてきました。

 

 

イマカツ 六本木本店で頂いたロースかつ膳

とんかつの下には網が敷かれています。

ロースかつ膳@イマカツ 六本木本店

 

雑穀米が美味しそう。ちなみにお代わりはできますが、その際は白米になるとの事でした。

味噌汁は具はワカメと豆腐だけですが、和風出汁が効いていて美味しい。

そしてとんかつ。大きさは130g?という感じでしょうか?

ひっくり返すとピンクの断面が見えます。

噛んでみると柔らかいですがほどよく弾力があります。ジューシーではありますがジューシーすぎることもなくバランスが良い。美味しいなぁ。

日頃はSPFなど派手なジューシーさに惹かれてしまうのですが、最近は少し嗜好も変わってきて以前よりは繊細な肉質が分かるようになりました。

衣はすごく薄いですがはがれることもない。甘い肉質なので塩にも合う。

油を切っているせいか胃にもたれる感じも全くありません。

キャベツはなくなるとあちらから気付いてお代わりしてくるし接客も良い感じです。

満足度高い!今度は支店に行って特選ロースかつかささみかつを頂きたいと思います。

 

 

イマカツ 六本木本店の行き方と営業時間

〒106-0032 東京都港区六本木4丁目12−5 フェニキア ルクソス 1階

以下の写真にあるように2020年4月11にちより営業時間が変わっています。

ゴールデンウィーク休みもあります。

【 イマカツ 六本木本店の営業時間 】

4月11日(土)より
月~土・祝
ランチ  11:30~14:30 (L.O.14:00) / ディナー 17:00~20:00 (L.O.19:30)
定休日: 日曜.
GW休業日:5/2(土)〜5/6(水)

営業時間に関しては、平常運行に戻ったら更新したいと思います。

イマカツ 六本木本店の感想と食べログ採点

【 イマカツ 六本木本店の感想 】

・やまと豚のとんかつはそこまで派手な感じはないものの、柔らかく、弾力性があり、脂身のバランスが良い。衣が薄いのも良い感じ。

・店内は渋い。ミッドタウンのすぐ近くの古民家風店舗というのがなんとも言えない。

・店員さんの接客も良く気持ちよく過ごせた。

イマカツ 六本木本店とんかつ / 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.