B級孤独のグルメ

【キッチン南海】神保町本店 元祖黒いカツカレーは相変わらず美味い!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

キッチン南海とは?

「キッチン南海」は元祖カツカレーを標榜する超有名店で、神保町店にはこれまで何度か行ったことがあります。

飲食店にしては珍しくウィキペディアに詳しい記事がありました。

キッチン南海(きっちんなんかい)は、東京都を中心に展開する洋食店である。本店は東京都千代田区神田神保町にあり、暖簾分けされた店舗が各所で営業している。

カレーライスやカツカレー、生姜焼き、揚げ物、フライを主軸にしたメニューに特徴がある。メニューや価格は、店舗によって異なる。

1960年に東京都千代田区飯田橋で創業し、1963年に千代田区神田神保町に移転したのが始まり。店名は創業者が南海ホークスのファンであったことに由来し、チームカラーの緑色が店の看板にも使われている。一時は神田神保町で5店舗を展開した。

南海という名前は南海ホークスから取ったのですね。

野球には詳しくない自分ですが、先日お亡くなりになった野村克也さんが三冠王になったり、現役時代に監督を兼任していたチームは南海だったはず。

「キッチン南海」の創業は1960年。うん?カツカレーはその前に存在していたのでは?

こう思ったのですが、店側では「カツカレーそのものというより、黒いカレーにカツ、そして傍にキャベツという、当店スタイルのカツカレーの元祖」と説明しているのか。

なるほど。ちなみにカツカレーの元祖に関しては諸説あるそうで、そのうちルーツと言われる店を巡っていきたいと思います。

ところで「キッチン南海」は自分の生活圏にはないので他の店舗を知らなかったのですが、20店舗ほどあるんですね。ウィキペディアを見て初めて知りました。

この店で修業した料理人が独立してキッチン南海の店名で開店したことから、神田神保町のほかにも同名の店舗があり、都内や近県に20店舗近くが存在する。独立時の条件が「大衆的な値段」のみであったため、メニューや価格は、店舗によって異なる

独立時の条件が「大衆的な値段」というのがあまり聞いたことがありませんが、客からすると嬉しいですね。

【 キッチン南海の店舗 2019年10月時点 】

神保町店 – 総本店。東京都千代田区神田神保町1丁目
東池袋店 – 豊島区東池袋4丁目
南池袋店 – 豊島区南池袋1丁目
両国店 – 墨田区両国2丁目
駒場店 – 目黒区駒場1丁目
梅ヶ丘店 – 世田谷区梅丘1丁目
下北沢店 – 世田谷区北沢2丁目
高円寺店 – 杉並区高円寺南4丁目(高円寺北2丁目から移転)
上井草店 – 杉並区井草5丁目
早稲田店 – 新宿区戸塚町1丁目
馬場南海 – 新宿区下落合1丁目。下井草店から移転
向ヶ丘遊園店 – 神奈川県川崎市多摩区登戸
キッチンニュー南海 – 埼玉県川口市西川口4丁目。過去には都区内にも「ニュー南海」の店舗が存在した
つくば店 – 茨城県つくば市吾妻1丁目。カレー専門店。つくばクレオスクエアQ’tフードコート内店舗
松本店 – 長野県松本市中央4丁目。本店の親族が経営
カレーの南海 – 世田谷区祖師谷1丁目。カレー専門店

池袋に2軒あるのですね。自分が行きやすそうなはこの辺かな?行きたい店リストに入れておきます。

 

 

キッチン南海 神保町店の外観、メニュー、店内の雰囲気

神保町付近は本当にグルメの名店が多い。いつも気になる店が見つかりますが、この日は一直線にキッチン南海に向かいます。

実は一月前も行ったのですが、なぜか営業していなくてその時以来になります。

緑の看板が見えます。

平日の13:20頃で運良く行列はありません。

名物とも言えるインド象の置物に黄色い文字で「元祖カツカレー」と書かれています。

値段を見てびっくり。

前回来た時と同じです。5年は経っているはず。最近は消費増税分以上上げる店が多くて、少し嫌な気分になりますが、こちらは増税分の値上げさえしません。少し申し訳ない気分になります。

【 キッチン南海 神保町店の主なメニュー 】

カレーライス 550円
クリームコロッケカレー 700円
カツカレー 750円

・13時より
ロースカツライス 800円
ひらめフライ・しょうが焼きライス 850円
チキンカツ・しょうが焼きライス 750円
クリームコロッケ・しょうが焼きライス 750円
イカフライ・しょうが焼きライス 750円
エビフライ・しょうが焼きライス 850円
エビフライ・クリームコロッケライス 850円

カツカレー以外のメニューも魅力的ですが、久しぶりとなったらカツカレーです。

中に入るとベテランな感じの女性がテキパキと客を案内しているのが見えます。

店内は24席。カウンター席とテーブル席があり1人だとたいていカウンター席になるのですが、この日は4人がけのテーブル席に相席になります。

ややアンラッキー。テーブル席は荷物を置くスペースもほぼなく、上着を着たまま食べることに。まあ安いので文句は言えません。

テーブルの上には福神漬け、ソースの他にキャベツ用なのかごまドレッシングもあります。

座ってから3分ちょっとで久しぶりの黒いカツカレーとご対面です。

 

 

キッチン南海で頂いたカツカレー

ルーが皿からこぼれんばかり。

カツカレー@キッチン南海 神保町

 

美味そう!なんですが、テーブルが狭いので本当に落ちないか少し心配。

それにしても相変わらずこの黒さは他店はお見かけしないレベルです。

最初にごまドレッシングをかけてキャベツを頂きます。

次にカツを頂きます。

サクッとした歯ごたえの後にとんかつよりまずカレーソースの美味しさを感じます。とんかつの厚みはありませんが、脂身の美味さも十分に感じられます。

カレーは、濃厚でコクがあり、やや辛めでスパイスも効いています。

昔と変わらない安定した美味しさ。いつになっても行列がなくならない訳ですね。

ソースは多めなので少しあまり気味に。

昔ながらの着色料しっかりの福神漬を入れて最後まで頂きます。

食べ終わって少し余韻を感じたかったのですが、店内は満席で待っている人もいるようなのでそそくさと店を出ます。

ピークの時間を避けた方がもう少しゆっくりできたかな?と思いました。

 

 

キッチン南海の行き方と営業時間

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目5

【 キッチン南海 神保町店の営業時間 】

月~土 11:15~15:00 / 17:00~19:30

定休日 日曜・祝日

キッチン南海の感想と食べログ採点

【 キッチン南海 神保町店の感想 】

・濃厚でコクのある黒いカレーにサクッとした衣のカツ。美味しいカツカレーが未だに750円なのは驚き。コストパフォーマンス最高。

・50年余りだが歴史的建造物という感じで、文芸評論家の福田和也さんがかつてキッチン南海を「文化財」と呼んでいたのも頷ける。

・ただ店内は狭い。特にテーブル席は狭く荷物置くのにも一苦労。上着をかけるスペースもあるのだが、離れていてほぼ全員が上着を着たまま食べていた。

 

キッチン南海 神保町店洋食 / 神保町駅竹橋駅新御茶ノ水駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.