B級孤独のグルメ

【ミシュラン一つ星ラーメン】蛤スープが感動レベルの美味しさ!「金色不如帰」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年10月 月間256,753アクセス!
日本一のグルメブロガーを目指しています。
世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

新宿御苑「金色不如帰 (こんじきほととぎす)」とは?

ミシュランガイド東京2019で新たに一つ星を獲得した「金色不如帰」

ミシュランガイド東京2019で一つ星を獲得したラーメン店は3軒。

ミシュランガイド東京2016において世界初のミシュランガイドの一つ星を獲得した巣鴨の「Japanese Soba Noodles 蔦」。(2016-2019年まで連続して一つ星)

大塚の「創作麺工房 鳴龍」。(2017-2019年まで連続して一つ星)

そして、もう1軒が新宿御苑の「金色不如帰こんじきほととぎす」です。

「金色不如帰」はもともと幡ヶ谷にあって、2018年5月に新宿御苑に移転しました。

移転前からラーメンフリークの間では超人気店で、ミシュランのビブグルマンは取り続けていました。一つ星を取っても驚くよりも「まあ、そうだろうな」と受け止めた人も多かったようです。

金色不如帰の海外出店

また興味深いのは海外戦略。日本には「金色不如帰」の支店はありませんが、カナダのトロント3軒、またシンガポールに1軒出店しています。

カナダのトロントやバンクーバーは空前のラーメンブームというは聞いたことがありますが、1都市に3軒はどういう事なのでしょうか?東京に増やすよりも効率的に儲けられるのかな?

金色不如帰のホームページは見当たらず、海外店舗に詳しく紹介しているメディアが見つからなかったので、何か分かりましたら追記したいと思います。

金色不如帰の行列はエグい

さて、行きたくて仕方なかった「金色不如帰」ですが未訪問、いや正確にいうと未食です。

「金色不如帰」の行列はエグいです。今、東京で一番並ぶ店かも。

実は、今回金色不如帰の店の前に来たのは3回目だったのですが、いずれも30人を軽く超える行列。

店内は11席しかなく、しかも店の中にも8人ほど待機席があります。いったい何時間待ちか想像もつかないほど。

「鳴龍」や大森の「麦苗」の行列もとんでもないですが、それ以上な感じでした。ということで並ぶのが苦手な自分は今までは行列を見るなり諦めた感じ。

ただ、聞く所によると金色不如帰の行列は週末が特にひどいとか。

確かに自分が行ったのはいずれも土曜日でした。ということで、今回は昼間に行ってみたのですが、そこまでひどい行列ではありませんでした。(並んでから着丼まで40分ちょっと)

猛暑が影響しているのかもしれません。あるいはミシュラン一つ星獲得後のフィーバーも一段落したということもあるのかな?

 

 

新宿御苑「金色不如帰」の整理券システム

平日はまだ整理券はないようですが、8月3日より土曜日・祝日に関しては整理券が導入されていますのでお気をつけ下さい。

【 金色不如帰の整理券制 】

・土・祝のみ

・昼の部10:00~ 夜の部15:30~ 配布開始

・1人で4枚まで

・1枚に付き1,000円の預かり金が必要

 

 

新宿御苑「金色不如帰」の外観と行列の様子

路地裏のマンションの1階。

最初の写真が並び初めた13:30頃。次の写真が退店時。14:25頃。

途中で小さな窓から店内が見えます。

食券は店内に入ってから購入。

店内には待機席に8名。自販機の前付近に3名ほど。11名も待っているのでとにかく狭いです。飲食席も同様。

帰る人が通るとスペースを作るのにも一苦労。金色不如帰に来るなら狭いのは覚悟しておく必要があります。

 

 

新宿御苑「金色不如帰」のメニューと説明書き

【 金色不如帰の主なメニュー 】

真鯛と蛤の塩そば 900円
味玉塩そば 1,000円
煮豚塩そば 1,200円
南高梅塩そば 900円
そば 醤油850円
味玉そば 醤油 950円
焼のり味玉そば 醤油 1,000円
煮豚そば 醤油 1,150円
つけそば 900円
味玉つけそば 1,000円
煮豚つけそば 1,200円

何を食べても美味しいと言われている金色不如帰ですが、エースは真鯛と蛤の塩そば。自販機の左上にあることからも分かります。今回はそれと味玉のボタンをプッシュしました。

トッピングはこんな感じです。

自販機の上にはカップ麺やミシュランの盾もありました。

中に入ったのは13:55頃でしたが、立ち待ちと座り待ちを含めて14:05頃に飲食席へ案内されます。

やはり、名店らしく立派な説明書きがありました。

自分が食べた「真鯛と蛤の塩そば」はこんな感じ。

~真鯛と蛤の塩そば~

塩たれ・・・ミネラル、マグネシウムにこだわり沖縄海塩、モンゴル岩塩をブレンド、旨味を繊細に味って頂けるよう仕上げました。 (※味わってかな?)

出汁・・・真鯛(愛媛県宇和島直送)の出汁と蛤(三重県桑名直送)出汁に乾物系出汁の三種類を合わせ、動物系を一切使用せず繊細の中に深みのあるスープに仕上げました。

特製ソース等(味の変化をお楽しみください)・・・ ポルチーニデュクセル、インカベリーソース、白トリュフオイル、国産黒豚パンチェッタベーコンビッツ

自家製麺はこんな感じです。なお、自家製麺にするために幡ヶ谷から御苑に引っ越したそうです。

自家製麺・・・北海道産「春よ恋」を主体に数種類の道産小麦を使用し、「春よ恋」石臼挽き全粒粉で更に風味を加えました (計六種類の小麦を使用) 100%国内産小麦を使用し、しなやかで旨味、風味の高い麺を目指しました。(製麺後は麺専用の高湿冷蔵庫で半日寝かせ、常に質の高い麺を提供出来るように心掛けております。)

煮豚はこんな感じです。

厨房は少し高くなっているので調理は見えません。しかし、手の動きが多くかなり複雑な工程であることは分かります。

着席してから5分くらい。14:10くらいに真鯛と蛤の塩そばが着丼です。

 

 

新宿御苑「金色不如帰」で頂いた真鯛と蛤の塩そば

まずはお盆がおしゃれでびっくり。

真鯛と蛤の塩そば 味玉付き@金色不如帰 新宿御苑

 

そして少し濁ったスープなのに色彩豊か。良い香りが立ち込めます。

まずはスープをすすります。

おおおっ、うめぇ!

濃厚な蛤の旨味が口の中に広がります。鯛はそこまで主張せず引き立て役に徹している感じ。これが実に良いバランスで蛤の少ししつこい感じはまるでありません。

スープはたっぷりなので安心して3杯ほど頂きます。

そして、外見からも全粒粉入りと分かる麺。柔らかい食感の細めの平打ち麺ですが、これもハマグリスープと一体化します。完璧だな。

そして色のついたものはもう一度説明書きを見て確認。

チャーシューの上にのったのがポルチーニデュクセル。もともとイタリア料理でもポルチーニは大好き。濃厚なペーストになっています。

ネギの上に載っているのが国産黒豚パンチェッタベーコンビッツ。

そしてその横にあるのがインカベリーソースと白トリュフオイルだと思いますが、ベリーの甘みがスープに合わさるとなんとも不思議な感じ。

これはカナダ現地で食べられているものを取り入れたのでは?と推測するのですがどうでしょうか?

少しづつこれらの鯵を確認した後で全体を少し混ぜます。

カナタ産黒豚肩ロースチャーシューは肉の旨味がしっかり。味玉はかなり柔らかく半分に切って写真に撮るのには向いていないかも。

そして美味しい麺をしっかり味わいながら、最後にスープを飲むのですが、さきほど混ぜたスープが期せずして様々なタイミングで味わえるので楽しいし美味しい。

いやぁ、ケチのつけようがありません。並んだ甲斐は十二分にありました。

 

 

新宿御苑「金色不如帰」の行き方と営業時間

〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目4−1 第22宮庭マンション 1F

新宿御苑駅から数分。新宿駅からも10分くらいです。

【 金色不如帰の営業時間と整理券 】

月~土・祝
11:00~15:00 / 18:30~21:30
※土・祝は整理券制 昼の部10:00~ 夜の部15:30~ 配布開始
1人で4枚まで  1枚に付き10,00円の預かり金が必要

定休日 日曜日

新宿御苑「金色不如帰」の感想と食べログ採点

【 新宿御苑 金色不如帰の感想 】

・真鯛と蛤の塩そばは、蛤の旨味がたっぷりで真鯛が一歩引いて蛤を引き立ている感じのスープが猛烈に美味しかった。柔らかく小麦感あふれる麺も蛤スープと一体化していて実に美味しい。

・ポルチーニ、インカベリー等、独特の味変が楽しめる特製ソースが素晴らしいと思った。

・店の中まで待ち席があるくらいで待ち時間は長いが、待つだけの価値はあると思う。

・トッピングはやや寂しいが恐らく原価率がかなり高いスープなのでは?

 

SOBA HOUSE 金色不如帰ラーメン / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅
昼総合点★★★☆☆ 4.0

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年10月 月間256,753アクセス!
日本一のグルメブロガーを目指しています。
世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.