B級孤独のグルメ

鶴見「麺屋 ぬまた」TRYラーメン大賞の新人賞で2部門入賞!の大注目店でポルチーニ茸の黄金味噌らーめん

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年10月 月間310,583 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

鶴見「麺屋 ぬまた」とは?

鶴見の「麺屋 ぬまた」は2020年3月16日にオープン。

食べログ3.62、ラーメンDBは88.800ポイント。(2021.12.10現在)

自ら業界最高権威を謳う「TRYラーメン大賞」では2020-2021新人賞の塩部門4位、汁なし部門4位と2部門でランクインしている大注目の店です。

店主の沼田充弘さんは鶴見の「信楽茶屋」で長く店長を努めた後に、「G麺7」グループの人気店弘明寺「ロ麺ズ」で修行された経歴の持ち主。

自分は上大岡の「G麺7」に行ったばかり。

スープも麺もすごく美味しくて驚きました。「ロ麺ズ」は未訪問ですが、「G麺7」グループは「川の先の上」もすごく美味しかったので自分の中では「外れのない系列」という評価が固まりつつあります。

ということで期待値高めで「麺屋 ぬまた」を訪問したのですが、期待通りのクオリティの高いラーメンでした。

素材のこだわりがすごく、今後も進化していきそうなラーメンという印象を持ちました。

 

 

鶴見「麺屋 ぬまた」の外観、メニュー、店内の雰囲気

品川-川崎間は蒲田駅と京急蒲田駅など少し離れた場所を走る印象がある京浜東北線と京浜急行ですが、川崎-横浜間は並走して走る感じ。

JRの鶴見駅と京急鶴見駅もあまり離れていません。

鶴見駅を出て京急蒲田の方へ歩きます。横浜銀行の端に小さな看板を発見。

この路地の先に「麺屋 ぬまた」はあるようです。

路地に入るとすぐに店を発見。

麺屋 ぬまたの外観

麺屋 ぬまたの外観

 

なるとと麺が合体したようなイラストが描かれています。

店外の窓に写真や説明書きなどが貼られています。

冬のおすすめは「ポルチーニ茸の黄金味噌らーめん」ですか。ちょうど味噌ラーメンを食べたかったし今日はこれにしよう。

感心したのは右下の店内の写真。予め中の様子が分かった方が安心する人が多そう。個人的には中の様子が分からない店は入りにくいと思っています。

またとある雑誌の「プレミアム限定麺」にも選ばれているようですが、こちらも味噌ラーメンですね。

さて、入店。土曜日の11時40分頃でしたが、すでに満席。中で待って良いようなので食券を買ってから券売機の横で待つことに。

麺屋 ぬまたの券売機

麺屋 ぬまたの券売機

 

ポルチーニ茸の黄金味噌らーめんは

三年熟成の黄金味噌にポルチーニ茸のペーストを合わせました。無添加、非加熱殺菌の生きた味噌です。

とのこと。イタリアンでもポルチーニは大好物。

迷わずにこちらを選択しました。

券売機の上にはTRY受賞の証も。

店内はカウンター席とテーブル席の両方があります。食べログによると12席。

スタッフは男女1名ずつ。夫婦かな?厨房がご主人、ホール担当が奥様と想像しました。

挨拶がしっかりで、接客もとても感じ良かった。

立っている間に気づいたのですが、セルフの水の隣はウーロン茶のようでした。

「G麺7」もウーロン茶が無料でした。修行店の良い伝統を受け継いでいます。

5分ほど待ってカウンター席に案内されます。

鶴見 麺屋ぬまたの卓上調味料

鶴見 麺屋ぬまたの卓上調味料

 

卓上調味料も「G麺7」と似ています。金の胡麻、白黒胡椒、昆布酢。

説明書きもありました。

麺屋 ぬまたの説明書き

麺屋 ぬまたの説明書き

 

麺は北海道の国産小麦、スープの薩摩赤鶏に日高昆布。

また、新店といって良いのに、塩、醤油、味噌、それに担々麺まであるのがすごい。少なくとも4回は通わないなという気になります。

目の前では小さい鍋で1つずつスープを温めたり、お湯を入れて丼を温めたり、バーナーでチャーシューを炙ったりする光景が見えます。

着席してからは5分くらいで「ポルチーニ茸の黄金味噌らーめん」が到着です。

 

 

鶴見「麺屋 ぬまた」で頂いた ポルチーチ茸の黄金味噌らー麺

白い丼で登場。

ポルチーチ茸の黄金味噌らー麺@麺屋 ぬまた 鶴見

ポルチーチ茸の黄金味噌らー麺@麺屋 ぬまた 鶴見

 

具は、ねぎ、カイワレ、メンマ、チャーシュー、そして後から気づくのですがトマトも。

まずスープから頂きます。

おおっ、美味しい。

この感じは味噌煮込みうどん風ですね。黄金味噌は八丁味噌の仲間?

もともと濃厚な味噌が、動物系のスープと絡んで更に旨味を増している感じ。

麺は平打の中太麺。もっちりして滑らかな食感が良いですね。スープと麺だけでかなり満足度が高いです。

少しかき分けてトマトを発見。

少しなのでそこまでの化学変化はないかな?

そしてポルチーニ茸のペースト。

香りが最高で味付けも良い。単体では文句ないのですが、味噌に負けちゃいますね。ペーストの周辺にしかポルチーニを感じないの少し残念。

塩など他のスープの方が合うかも?と思いました。

チャーシューは低温調理の鶏チャーシューと豚肩ロース。

G麺7でも感じましたが鶏チャーシューがすごく美味しい。胸肉の淡白な感じと濃厚な味噌が見事にマッチ。

いやぁ、美味しかった。身体がすごく温まりました。

今でもすごく美味しいですが、まだ完成形という感じではないので、今後の進展がとても気になる店でした。担々麺は近いうちに頂きたいですね。

 

 

鶴見「麺屋 ぬまた」の行き方、営業時間、食べログ採点

〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1丁目27−15

JR鶴見駅 東口 徒歩3分
京急鶴見駅 西口 徒歩2分

【 麺屋 ぬまたの営業時間 】

昼11時半〜14時 / 夜18時〜21時

定休日 火曜日 第一第三月曜日

こちらも参考にどうぞ。

麺屋 ぬまたラーメン / 京急鶴見駅鶴見駅国道駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年10月 月間310,583 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.