B級孤独のグルメ

1947年創業の老舗うなぎ屋 大井町「三代目むら上」で上うな重

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年10月 月間256,753アクセス!
日本一のグルメブロガーを目指しています。
世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

大井町の老舗うなぎ屋「三代目 むら上」とは?

ホームページによると、「むら上」の開業は昭和22年(1947年)。初代村上万太郎さんが大井町、今のイトーヨーカ堂近くに立ち飲みスタイルの鰻串焼き店として創業したのが始まりだそうです。

昭和54年(1979年)には区画整理により現在の東大井に移転。

「むら上」の二代目は村上登美雄さん。

「三代目むら上」はいつからか関する記述はありませんが、現在は大井町店と大森駅近くの大森山王店の二店舗あります。

鰻は国産の活鰻を使っているとか。

さて「三代目むら上」にはかつて20回くらい行ったことがあります。

この付近に引っ越して来た頃でその頃はランチで最安値のうな丼は850円でした。現在のちょうど半分くらいのお手頃な値段でした。

値上げしてからは足が遠のき、もう5年くらい行っていないと思います。鰻が安かったのはプラスですが、気になる点もたくさんある店でした。

大井町の老舗の飲食店は常連客が多いため、「丸八とんかつ」店のように客との会話を楽しむ店も珍しくありません。

しかし、「三代目むら上」で客を会話をしている光景を見たことがありませんでした。店内には妙な緊張感があって店員に笑顔はありません。

さらには客に対する注文が多い。

今回は5年も経っているので変わっていると思いきや、全く同じでした。前は見かけなかった人当たりは柔らかい人でしたが。

以前は若いのに言い方がきつい人がいました。ただ自分はランチの時間に行ったので、夜は今でも同じかもしれません。

大井町「三代目 むら上」の外観、メニュー、座席指定、店内の様子

東小路のさらに先の平和小路の最奥に「三代目 むら上」はあります。

串打ち三年、割き八年、焼きは一生

まあ、その通りなんでしょうが、店の前で大々的に宣伝することでもないような。

タイミングが合えば左奥でうなぎを焼いているのを目にすることができます。

ちなみに大井町で一番行列のできるラーメン店「麺壱 吉兆」はそのすぐ手前です。

【 大井町 三代目むら上の主なメニュー 】

ランチ

うな丼 1,700円
うなきも丼 2,350円
上うな重 2,600円
特上うな重 3,400円

ディナー

うな丼 1,850円
うなきも丼 2,500円
上うな重 2,800円
特上うな重 3,600円

ランチは現在、金・土・日しかやっていません。夜よりも150円~200円ほど安い。

うなぎ屋で何を頼むかはいつも迷いますが、この日は上うな重を頼むことにしました。

中に入ると「いらっしゃいませ」ではなく「何名様ですか?」と言われます。言い方は丁寧ですが少しびっくり。ああ、これがむら上スタイルだった。

「1名」と答えると2名客の隣か1名客の隣かのどちらかに座るように言われます。ちなみに時刻は12時頃で先客はこの3名のみ。

店内の座席は15名ほど。L字カウンターが9名がけ。2名がけのテーブル席と4名がけとテーブル席が1つという感じです。

つまり結構空いていたのですが、狭い所に案内されたわけです。ただ、L字カウンターは狭く、焼き場に近いと暑くなるようなのでこれは仕方がないとも言えます。

驚いたのはこの後。2名客が帰って、つまり店内で2名だけになった後に2名客が入ってきました。

当然、彼らは2名がけのテーブルに座ろうとすると、それを制してカウンター席に誘導します。

上品な感じの初老の夫婦と思しき2人は一瞬怪訝な顔をしつつ従いますが、自分は内心、これだけ空いているのにテーブル席で何が問題?と思ってしまいました。

混むこともあるのでしょうが、ランチの鰻は5分ちょっとで出てきます。回転の良い店です。

まあ、色々と書きましたが「三代目むら上」はこのくらいのことは気にならない人に向いていると思います。

テーブルの上には山椒や七味、醤油ともう1つは開けませんでしたが、おそらくはうな丼のタレだと思います。

 

 

大井町「三代目 むら上」で頂いた うな重 上

冷たいお茶か温かいお茶は選択可でした。

ランチにはサラダと漬物付き。

そして5分ほど待ってうな重上が到着。蒸す工程は終わっていて焼くだけだから早いのしょうが、平均的なうなぎ屋よりもかなり早めです。

うな重上@三代目 むら上 大井町

 

重箱のフタの裏には店の名前も入っています。

鰻の焼きは外見からはそこまでではありません。表面がパリッとした感じで美しい。

中は炭火焼きらしいふわっとした仕上がりです。柔らかジューシー。普通に美味しい。

タレは上品な感じ。典型的な江戸前の鰻といった感じです。

鰻の厚みは普通。ご飯は少なめ。

お吸い物は肝吸いのようですが、そこまで肝の味はしませんでした。

さて、今年の夏は自分には珍しく5回くらい鰻を食べたのですが、鰻の味を評価するのは難しいですね。炭火焼きかどうかなら違いが分かりやすいのですが。

ということで、鰻の判断材料は鰻の量(厚み)や値段になるのですが、「三代目 むら上」は全体的に平均的な感じがしました。

 

 

大井町「三代目 むら上」の行き方と営業時間

〒140-0011 東京都品川区東大井5丁目7−15

【 大井町 三代目むら上の営業時間 】

水・木 16:30~22:00
金・土・日 11:30~14:00 16:30~22:00

定休日 月曜日・火曜日

席予約はお受けできませんので、予めご了承ください。

ランチは金・土・日のみです。

大井町「三代目 むら上」の感想と食べログ採点

 

【 大井町 三代目むら上の感想 】

・炭火焼きでふっくらジューシーな鰻は普通に美味しいが、他店と比べて特に何かが違う感じはなし。

・うな丼・うな重はランチの方がディナーよりも150円~200円お得。

・店内は狭く、空いていても座る位置まで細かに指定するのはどうなの?

 

三代目 むら上 大井町店うなぎ / 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年10月 月間256,753アクセス!
日本一のグルメブロガーを目指しています。
世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.